ボアラ軟膏とニキビ

ボアラ軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方について!

ボアラ軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方について!

 

 

ボアラ軟膏はマルホ株式会社が製造しているステロイド軟膏で、やけど、皮膚の炎症、アトピーに対して効果があるとされます。中身は白色のクリームとなっており、刺激感やべたつきはほとんどありません。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られてらず、皮膚科を受診して処方してもらう必要があります。薬価は1gあたり22.2円となっています。

 

 

特に炎症の強いニキビやニキビ跡の赤みを治療するために皮膚科でボアラ軟膏が処方されていきます。

 

 

ここではボアラ軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

ボアラ軟膏のニキビへの効果

 

 

ボアラ軟膏には有効成分として、ハロゲン系ステロイドであるデキサメタゾン吉草酸エステルが配合されています。

 

 

ボアラ軟膏を塗ることでデキサメタゾン吉草酸エステルが浸透して、皮膚ホルモンのコルチゾルと同じ作用を促していきます。このコルチゾルと同じ作用を働く成分をステロイドといいます。

 

 

具体的には皮膚の免疫力や代謝機能を向上させることによって、皮膚の炎症を鎮静することができます。これによって赤ニキビやニキビ跡の赤みを鎮静させることができます。

 

 

ボアラ軟膏の強さについて

 

 

またステロイド軟膏には配合しているステロイドにそれぞれ強さがあります。強さは1群~5群まで分けられており、5群が最弱で1群が最強となります。

 

 

そしてボアラ軟膏のデキサメタゾン吉草酸エステルは3群に分類されます。3群のステロイドは中間の強さに位置しますが、体や顔のニキビの両方に対して使うことができます。

 

 

非常にバランスの良いステロイド軟膏と言えますね。またボアラ軟膏には白色ワセリンという保湿クリームも配合されているため乾燥を防ぐことができます。

 

 

このようにボアラ軟膏を塗ることでニキビに対して効いていきます。ただし殺菌作用はないため、ニキビの元であるアクネ菌を殺菌することはできないので注意してください。

 

 

ボアラ軟膏のニキビへの効き目

 

 

ボアラ軟膏をニキビに使用した場合にはどれくらいで効くのかというと

 

・小さい赤ニキビなどの場合にはおよそ1週間以内には鎮静されていきます。

 

・顔中に赤ニキビができている場合にはおよそ2~3週間ほどで改善されていきます。

 

・ニキビ跡の場合にはおよそ3~4週間ほどで症状が改善されていきます。

 

以上のようにボアラ軟膏はニキビやニキビ跡に対して効いていきます。肌の保湿も塗ってすぐに感じられるでしょう。

 

 

ただし殺菌性はないため、白ニキビや黒ニキビなどの症状の場合にはボアラ軟膏では効かないとされるので注意してください。

 

 

ボアラ軟膏の副作用について

 

 

ボアラ軟膏にはステロイドが配合されているので副作用が生じてしまうことがあります。

 

 

特に皮膚のかゆみやかぶれ、発疹、刺激感、乾燥などが生じる可能性があります。もしこれらの症状が起きたら水で洗い流して使用は控えるようにしましょう。

 

 

またステロイドは長期的に使用することによって皮膚がステロイドに耐えられず、皮膚萎縮という症状を引き起こしてしまいます。皮膚萎縮はシミやそばかす、また顔が青白くなるなどを引き起こしてしまいます。

 

 

ボアラ軟膏などのステロイド軟膏はニキビ治療のために2か月以上の使用は行わないとされます。詳しくは医師から説明があります。

 

 

ボアラ軟膏のニキビへの塗り方について

 

 

ボアラ軟膏でニキビを治すための塗り方について解説したいと思います。

 

 

①ボアラ軟膏は基本的に1日2回洗顔後に塗っていくようにします。化粧水や保湿クリームをお使いならそれらを使ってから薬を塗りましょう。

 

 

②ボアラ軟膏を2mmほど手に取って、ニキビ部分にのみ塗るようにしていきます。やさしく塗りこむように塗っていきます。ニキビ部分以外には塗らないように注意してください。

 

 

③ニキビに塗り終わった後は触らないように注意してください。そのまま触れずに放置しましょう。

 

 

④赤ニキビやニキビ跡に対して1か月使用しても効果がなければ使用を控えましょう。

 

 

⑤またニキビに効果があったとしても2か月以上の使用は行わないようにしましょう。

 

以上のようにボアラ軟膏はニキビに対して塗っていきます。ニキビが治った後はボアラ軟膏の使用は控えましょう。

 

 

具体的な説明も医師から受けるので、まずは皮膚科を受診しましょう。またボアラ軟膏と同じステロイドを配合したザルックス軟膏が挙げられます。

 

 

会社:マイランEPD合同会社

 

値段:1gあたり25.4円

 

ステロイド:デキサメタゾン吉草酸エステル

 

用法用量:1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。

 

配合されているステロイドはどちらもデキサメタゾン吉草酸エステルなので、ニキビに対しては同様の効き目が得られるとされます。どちらが処方されても効果は同じとされます。

 

 

ボアラ軟膏は市販のニキビ薬には配合されていない3群のステロイドが配合されているので、炎症ニキビに悩む方にはおすすめと言えます。

 

 

ということでボアラ軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ