ケトパミンクリームとニキビ

ケトパミンクリームのニキビへの効果と副作用、塗り方!

ケトパミンクリームのニキビへの効果と副作用、塗り方!

 

 

 

ケトパミンクリームは日医工株式会社が製造している皮膚科の塗り薬です。薬局やドラッグストアなどで市販はされておらず皮膚科の処方箋が必要です。薬価は1gあたり22.8円となっています。

 

 

このケトパミンクリームはカンジタ、ヘルペス、化膿症などに効きますが、ニキビに対しても有効とされます。特に皮膚科では黄ニキビや背中ニキビに処方されることが多いです。

 

 

ここではケトパミンクリームのニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ケトパミンクリームのニキビへの効果

 

 

ケトパミンクリームがなぜニキビに有効なのかというとケトコナゾールというイミダゾール系の殺菌剤が配合されているからです。

 

 

このケトコナゾールを塗ることによって、ニキビの元であるアクネ菌を殺菌することによって根本的にニキビを治します。※抗生物質とは違った殺菌作用を持っていますね。

 

 

さらにケトパミンクリームは皮膚に浸透しやすく、皮膚の深層のアクネ菌を殺菌することで、ニキビ跡を改善することができます。炎症ニキビもアクネ菌を殺菌されることによって、鎮静されます。

 

 

また背中ニキビやおでこのぶつぶつニキビを引き起こすマラセチア菌、化膿したニキビ、黄ニキビを引き起こす黄色ブドウ球菌も殺菌することができます。そのためあらゆるニキビに効くとされます。

 

 

以上のようにケトパミンクリームはニキビに対して効いていきます。ただしケトパミンクリームにはステロイドのような強い抗炎症作用はないため注意してください。

 

 

ケトパミンクリームのニキビへの効き目

 

 

ケトパミンクリームのニキビへの効き目としてはどれくらいで効くのかというと

 

 

・白ニキビや黒ニキビなどの初期ニキビに対しては3~5日ほどで効いていきます。

 

・赤ニキビなどの場合であれば、1週間ほどで炎症が鎮静され小さくなっていきます。

 

・ニキビ跡に対しては約1か月塗り続けることによって、ニキビ跡が改善されます。

 

・背中ニキビやおでこのぶつぶつニキビには1~2週間ほどで改善されていきます。

 

・化膿ニキビや黄ニキビなどに対しては2週間ほどで改善されていきます。

 

以上のようにケトパミンクリームはニキビに対して効いていきます。

 

 

ケトパミンクリームの副作用

 

 

ケトパミンクリームには市販の薬よりも強い殺菌成分が配合されているので、副作用が生じる可能性もあります。

 

 

特に起こりやすい副作用としては皮膚のかぶれ、発疹、発赤、かゆみなどが挙げられます。もし起こった場合には数日は様子をみるようにして、使用は控えるようにしましょう。

 

ただしケトパミンクリームは敏感肌や乾燥肌でも使用可能ですし、副作用の報告例も少ないのでほとんど心配いらないでしょう。

 

 

ケトパミンクリームのニキビへの塗り方

 

 

ケトパミンクリームでニキビを治すための塗り方について解説したいと思います。

 

 

①1日2回朝の洗顔と夜の洗顔時に塗るようにしていきます。背中ニキビには1日1回入浴後に塗っていくようにします。

 

 

②ニキビに塗る場合には2mmほど手に取って、ニキビ部分になじませるように塗っていきます。※ケトパミンクリームの中身は白色のクリームとなっており、匂いやべたつきは全くありません。

 

 

③ニキビに塗った後はそのまま放置するようにしましょう。ケトパミンクリームを塗った後から化粧はできます。

 

 

④初期ニキビや赤ニキビには2週間、ニキビ跡には1か月は最低塗るようにしましょう。それで改善されなければ使用は控えましょう。

 

以上のようにケトパミンクリームはニキビに対して塗っていくようにします。ただ使い方には個人差があるため医師の説明はしっかりと聞きましょう。

 

 

ただこのケトパミンクリームはニゾラールクリームの後発品であるため、皮膚科では先発品であるニゾラールクリームの方が処方されます。

 

 

値段:約1500円

 

有効成分:ケトコナゾール

 

効果:カンジタ、マラセチア菌による皮膚炎、水虫、ニキビ

 

塗り方:化粧水をつけたあと、もしくは洗顔後、患部になじませるように塗ります。※1日2回塗ってください。

 

ただしニゾラールクリームもケトパミンクリームもどちらもケトコナゾールという有効成分が配合されているので効き目は同じとされます。

 

 

ケトパミンクリームは様々なニキビの症状に有効なため、試してみる価値は高いでしょう。ケトパミンクリームを試したい場合には皮膚科に相談しましょう。

 

 

ということでケトパミンクリームのニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ