エスカメルとニキビ

エスカメルのニキビへの効果と副作用、塗り方について!

エスカメルのニキビへの効果と副作用、塗り方について!

 

 

 

エスカメルは佐藤製薬が製造販売しているニキビ用の塗り薬とされます。薬局やドラッグストアなどで市販されております。値段は15gで933円となっています。

 

 

エスカメルの中身は茶色い塗り薬になっており、温泉のような匂いがします。肌につけると若干べたついてしまいますので、塗りすぎには注意してください。

 

 

ここではエスカメルのニキビへの効果と副作用、そして塗り方についてお伝えします。

 

 

エスカメルのニキビへの効果

 

 

エスカメルには有効成分として、イオウ、レゾルチン、ベントナイトの3つの成分が配合されており、ニキビに効いていきます。

 

 

①イオウ

 

 

イオウには殺菌作用のある成分で、ニキビの根本であるアクネ菌を殺菌することができます。

 

 

またイオウには角質を柔らかくする作用を持っており、毛穴の詰まりを解消したりエスカメルの成分を浸透させやすくする作用を持っています。

 

 

エスカメルは温泉の匂いがすると冒頭で述べましたが、有効成分のイオウによるものです。

 

 

②レゾルチン

 

 

エスカメルのレゾルチンはニキビ薬にはあまり配合されていない成分ですが、殺菌作用とピーリング作用の2つあります。

 

 

殺菌作用によってイオウと同じくアクネ菌を殺菌して根本的にニキビを治します。また背中ニキビやおでこのぶつぶつなどを引き起こすマラセチア菌も殺菌することができます。

 

 

これによりエスカメルはおでこのぶつぶつや背中ニキビを治す効果もあります。

 

 

さらにレゾルチンはピーリング作用によって、古い角質や毛穴の詰まりを解消します。そして白ニキビや黒ニキビなどの初期ニキビであればニキビの芯を溶かして、ぽろっと落とすことができます。

 

 

③ベントナイト

 

 

ベントナイトは特殊な成分であり、ニキビの原因となる皮脂を吸収するパウダーのことです。

 

 

これにより余分な皮脂を吸収して、皮脂詰まりを予防します。特に皮脂が分泌されることで起きる思春期ニキビやおでこ、鼻のニキビに対しても効果があります。

 

 

またエスカメルにはニキビに悪影響となる油分を含んでいませんので、塗ったところが毛穴を防ぐということもありません。

 

 

以上のようにエスカメルはニキビに対して効いていきます。ただし肌のターンオーバーを促す作用や抗炎症作用はないため、ニキビ跡は改善することは難しいです。

 

 

またエスカメルと似ている薬としてはクレアラシルが挙げられます。

 

 

 

会社:レキットベンキーザージャパン

 

有効成分:イオウ・レゾルシン

 

効果:赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビ

 

価格:30g1470円

 

即効性:1日~2週間

 

クレアラシルもエスカメルの有効成分であるイオウ、レゾルシンを配合しています。市販ではクレアラシルの方が置いてあるので、エスカメルの代用として使ってもいいでしょう。

 

 

エスカメルのニキビへの効き目

 

 

エスカメルをニキビに対して使用することでどれくらいで効くのかというと

 

 

・皮脂分泌の吸収は使ってすぐに現れます。顔がさっぱりとしてるのがわかります。

 

・白ニキビや黒ニキビなどであれば2~3日ほどで芯が落ちて治ってしまいます。

 

・赤ニキビであれば、およそ1週間ほどで殺菌され、鎮静されていきます。

 

・背中ニキビやおでこのぶつぶつは約1~2週間ほどで殺菌され、改善されていきます。

 

以上のようにエスカメルはニキビに対して効いていきます。ニキビ跡の赤みやニキビ跡そのものはニキビ用の化粧水で改善するようにしましょう。

 

 

エスカメルの副作用について

 

 

エスカメルを使用することで副作用が生じてしまう可能性があります。特に肌の刺激感、かゆみ、発疹、発赤、乾燥などが起こりやすいです。

 

 

もし症状が起きた場合には数日使用し続けてみて、それでも症状が起きる場合には使用を控えましょう。

 

 

また肌の乾燥はどうしても起きるので、化粧水を塗った後に使うことで予防することができます。

 

 

ただしエスカメルには抗生物質やステロイドも配合されていないのそこまで副作用の心配はいらないでしょう。

 

 

エスカメルのニキビへの使い方について

 

 

エスカメルでニキビを治す場合の使い方についてですが、

 

 

①1日1回洗顔後に塗っていきます。脂性肌の場合には1日2回朝と夜の洗顔後に使用します。

 

また体のニキビに使用する場合には1日1回入浴後に使用していきます。

 

 

②化粧水を使う場合にはエスカメルを塗る前に使っていきましょう。

 

 

③ほんの少量を手に取って、そのままニキビ部分と皮脂が活発な部分に塗るようにしていきます。

 

 

④初期ニキビには1週間、赤ニキビには2週間塗ることによって治ってしまいます。

 

以上がエスカメルのニキビへの使い方となっています。ただし塗り過ぎると肌にとって必要な皮脂も落ちてしまい乾燥肌を招くので注意してください。

 

 

エスカメルはベントナイトなど他のニキビ薬にはない成分も配合されているので、試してみる価値はあります。ただしエスカメルは使用した人の中でもイオウの香りが好みがかなり分かれるので要注意です。

 

 

ということでエスカメルのニキビへの効果と副作用、使い方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ