ユベラ軟膏とニキビ

ユベラ軟膏のニキビへの効果、副作用、使い方!

ユベラ軟膏のニキビへの効果、副作用、使い方!

 

 

ユベラ軟膏はエーザイ株式会社が製造している皮膚炎、手荒れ、しもやけ、乾燥肌に効果がある塗り薬です。中身は白色のクリーム状になっており、匂いやべたつきも全くありません。

 

 

薬局やドラッグストアなどでは売られておらず、皮膚科で処方してもらい使うことができます。ユベラ軟膏の薬価は1gあたり3.6円となっています。

 

 

そしてこのユベラ軟膏はニキビに対しても効果があり、皮膚科ではニキビ跡に対して処方される場合があります。

 

 

ここではユベラ軟膏のニキビへの効果と副作用、そして使い方についてお伝えします。

 

 

ユベラ軟膏のニキビへの効果について

 

 

ユベラ軟膏がなぜニキビに効果的なのかというと有効成分にトコフェロール、ビタミンA油の2つが含まれているからです。それぞれニキビにどのように効くのでしょうか。

 

 

トコフェノール

 

 

トコフェノールはビタミンE誘導体のことで、肌に浸透することによってビタミンEを作り出して、皮膚の血行を良くすることができます。

 

 

血行が良くなることによって肌のターンオーバーが促され、ニキビ跡そのものを改善させることができます。また赤ニキビ、ニキビ跡の赤みにも効きます。

 

 

またこのトコフェノールは市販されているザーネクリームなどの保湿クリームや化粧品にも配合されています。しかしユベラ軟膏には添加物が含まれておらず、トコフェノールの濃度が非常に高いです。

 

 

そのため化粧水や保湿クリームよりも肌のターンオーバーをより促すことができます。

 

 

ビタミンA油

 

 

ビタミンA油はそのままビタミンAのことです。ビタミンAが肌に浸透することによって肌が角質化するのを防ぎます。この効果により毛穴の皮脂や角栓の詰まりを予防し、アクネ菌が繁殖するのを防ぎます。

 

 

またトコフェノールのように肌の新陳代謝を促す働きを持っています。トコフェノールとダブルでニキビ跡に効いていきます。

 

 

さらにビタミンAを肌に塗ることで皮膚の免疫細胞を活性化させることができて、皮膚のバリア機能が向上します。特に肌の乾燥、紫外線、花粉などの刺激によるニキビを防ぎます。

 

 

そしてユベラ軟膏のビタミンA油と同じ働きをするアダパレンという成分を配合したニキビ用の薬があります。それがディフェリンゲルという塗り薬です。

 

 

会社:マルホ株式会社

 

有効成分:アダパレン

 

効果:赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビ

 

価格:30g約570円

 

皮膚科で処方されるニキビの治療薬として非常に有名ですが、ユベラ軟膏はその軟膏と同じ効き目があるとされます。

 

 

ワセリン

 

 

またユベラ軟膏にはワセリンなどの保湿成分を含んでいます。保湿作用によって肌の乾燥を改善し、特に大人ニキビに対して効果があります。

 

 

以上のようにユベラ軟膏はビタミンAとビタミンEのふたつのビタミンによってニキビを治していきます。またニキビだけでなく肌のシミやそばかす、シワなどにも効果があり、看護師さんはアンチエイジングとしてユベラ軟膏を使っている方もおられます。

 

 

ユベラ軟膏のニキビへの効き目

 

 

ユベラ軟膏を塗ることでどれくらいでニキビに効いてくるのかというと

 

 

・肌の保湿はつけてすぐに感じられます。遅くとも使いはじめてから2~3日で改善されます。

 

 

・ビタミンAによる肌の角質化が止まるのはおよそ1~2週間ほどです。

 

 

・赤ニキビ、ニキビ跡の赤みであれば、およそ2~3週間ほどで鎮静されていきます。

 

 

・ニキビ跡の場合には約1か月ほどで改善されていきます。

 

 

以上のようにユベラ軟膏はニキビに対して効いていきます。

 

 

薬用成分ではなく、美容成分なので即効性はありません。しかし肌質から改善することでニキビを治し、ニキビができにくい肌にすることができます。

 

 

ユベラ軟膏の副作用について

 

 

ユベラ軟膏には薬用成分や刺激成分などは一切含まれていないので、副作用はほとんど起きません。

 

 

しかし稀にですが皮膚のかゆみ、刺激感、発疹、発赤などの症状が起こる場合があります。もし副作用が起きたら数日は様子を見るようにして、それでも症状が起きる場合には使用を控えましょう。

 

 

ですが副作用の報告例はほとんど挙がっておらず、ニキビや皮膚のトラブルが治った後も塗り続けることができます。

 

 

ユベラ軟膏のニキビへの使い方について

 

 

ユベラ軟膏でニキビを治すための使い方についてですが

 

 

①ユベラ軟膏は1日2回洗顔後に塗るようにしていきます。化粧水や保湿クリームを使うのであれば、ユベラ軟膏を塗る前に使用しましょう。

 

 

②そのまま手に取り、ニキビや乾燥を引き起こしている部分とその周りを全体的に塗っていきます。

 

 

③赤ニキビやニキビ跡に使用する場合には最低1か月は使用しましょう。それでも効果がない場合には使用を控えましょう。

 

 

④またニキビが治った後も使用し続けることができます。

 

以上がユベラ軟膏のニキビへの使い方とされます。

 

 

ビタミンAとビタミンEによって肌の深層からニキビを改善できるのでおすすめです。使用したい場合には皮膚科でユベラ軟膏を処方してもらうように相談しましょう。

 

 

ということでユベラ軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ