テラジアパスタとニキビ

テラジアパスタのニキビへの効果と副作用、塗り方!

テラジアパスタのニキビへの効果と副作用、塗り方!

 

 

テラジアパスタは第一三共株式会社が製造している抗生物質を配合した軟膏で主にとびひ、皮膚炎、やけどなどに対して効果があるとされます。

 

 

テラジアパスタの中身は白色のクリームになっていて、保湿クリームのようで匂いもべたつくこともありません。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られておらず、皮膚科で処方してもらう必要があります。テラジアパスタの薬価は1gあたり3.4円となっています。

 

 

そしてこのテラジアパスタはニキビに対しても効果的とされます。1953年に作られたとても古くからある薬で昔はニキビに対してもよく処方されていましたが抗生物質が登場してから、あまり処方されなくなりました。

 

 

特に皮膚科ではニキビ治療のためにテラジアパスタを処方するのであれば抗生物質を配合した薬が処方されます。特にリンデロンVG軟膏などが挙げられます。

 

 

会社:塩野義製薬株式会社

 

値段:1gあたり29.9円

 

成分:ゲンタマイシン硫酸塩とベタメタゾン

 

用法用量:1日2回洗顔後にニキビ部分に塗る

 

 

しかし一部の皮膚科ではニキビに対してもテラジアパスタが処方されます。

 

 

ここではテラジアパスタのニキビへの効果と副作用、そして塗り方についてお伝えします。

 

 

テラジアパスタのニキビへの効果

 

 

テラジアパスタには有効成分としてスルファジアジンという抗菌作用のあるサルファ剤が含まれています。これがニキビに対して効果があります。

 

 

具体的にはテラジアパスタをニキビに塗るとスルファジアジンが浸透すると、細菌が葉酸との合成をすることで繁殖するのを阻害する作用があり、細菌を死滅させます。

 

 

そしてニキビの原因であるアクネ菌を殺菌することで、黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビなどを根本的に治すことが可能となっています。

 

 

またスルファジアジンは背中ニキビやおでこのぶつぶつなどを起こすマラセチア菌、化膿やケロイド状のニキビを起こす黄色ブドウ球菌も殺菌できます。そのためテラジアパスタを塗ることでこれらのニキビも治療することができます。

 

 

以上のようにテラジアパスタはニキビに対して効果があるとされます。

 

 

テラジアパスタのスルファジアジンは他の薬には配合されていない珍しい成分です。そのため抗生物質を使用したニキビ薬とは違ったアクネ菌の殺菌方法であるため、試してみる価値はあるでしょう。

 

 

テラジアパスタの効き目について

 

 

テラジアパスタをニキビに塗ることで、どれくらいで効いてくるのかというと

 

 

・黒ニキビや白ニキビなどの初期ニキビには1週間ほどで効いていきます。

 

・赤ニキビの場合には1週間ほどで改善されていきます。

 

・背中ニキビやおでこのぶつぶつは2週間ほどで改善されていきます。

 

・ケロイド状のニキビや化膿を伴うニキビは2~3週間ほどで効いていきます。

 

 

テラジアパスタは以上のようにニキビに対して効いていきます。ただし抗炎症作用はないためニキビ跡の赤みには効果がないとされます。またニキビ跡そのものを完治させることはできません。

 

 

テラジアパスタの副作用について

 

 

テラジアパスタはスルファジアジンは刺激が弱く副作用はほとんど起きません。※臨床実験では副作用が起こる確率というのはおよそ0.3%となっています。

 

 

ただし敏感肌の方が使用した場合には皮膚のかゆみ、発疹、発赤、刺激感、かぶれなどが生じてしまう可能性があります。

 

 

もし副作用が生じた場合には数日は使い続けてみてそれでも副作用がおさまらない場合には使用は控えましょう。

 

 

また広範囲に使用することで血液障害など全身にあらわれる副作用がでる可能性があります。ですのでニキビ部分にのみ塗りましょう。テラジアパスタには保湿作用はないので注意してください。

 

 

基本的にテラジアパスタは用法用量を守れば副作用が起こることはないので心配はいらないでしょう。

 

 

テレジアパスタのニキビへの使い方

 

 

テレジアパスタでニキビを治す場合にはどのように使っていくのかというと

 

 

①1日2回洗顔後にニキビに塗っていきます。化粧水や保湿クリームを使うのであれば薬を塗る前に使用しましょう。

 

 

②体に塗る場合には1日1回入浴後に塗るようにしましょう。

 

 

③少量を手に取って、そのままニキビの部分になじませるように塗るようにしましょう。広範囲には塗らないようにしましょう。

 

 

④初期ニキビには2週間、赤ニキビや背中ニキビ、ケロイドニキビには1か月塗りましょう。それでも効果がなければ使用を控えましょう。

 

 

⑤効果があれば長期的に使用し続けても構いません。ただし副作用が起きれば使用は控えましょう。

 

 

以上がテラジアパスタのニキビへの使い方です。細かい使い方は個人によって違うのでしっかりと医師の説明を受けましょう。

 

 

テラジアパスタは葉酸との合成を阻害することによって、殺菌するため通常の殺菌作用とは違います。

 

 

ですのでアクアチムやリンデロンなどの抗生物質を使用した薬が効かなかった方は試してみる価値はあるとされます。

 

 

ということでテラジアパスタとニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ