リドメックスコーワ軟膏とニキビ

リドメックスコーワ軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方!

リドメックスコーワ軟膏のニキビへの効果と副作用、塗り方!

 

 

 

リドメックスコーワ軟膏は興和株式会社が製造しているステロイドを配合した軟膏で皮膚炎やあかぎれ、かゆみになどに効果的です。中身は無色透明で匂いもなくべたつくこともありません。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られておらず、ず皮膚科で処方されることで手に入ります。リドメックスコーワ軟膏の薬価は1gあたり23.0円とされます。

 

 

そしてリドメックスコーワ軟膏はニキビに対しても効果的とされています。特に炎症の激しいステロイドにはよく処方されます。

 

 

ここではリドメックスコーワ軟膏のニキビへの効果と副作用、そして使い方についてお伝えしたいと思います。

 

 

リドメックスコーワ軟膏のニキビへの効果

 

 

リドメックスコーワ軟膏はプレドニゾロンというステロイドの一種が配合されており、これがニキビの炎症を取り除きます。

 

 

プレドニゾロンを皮膚に塗ることによって、皮膚が本来が持っているコルチゾルと類似した働きを促し、類似物質を通称ステロイドと呼びます。

 

 

そしてリドメックスコーワを塗ることでステロイドが働き、免疫機能を向上させて、皮膚の代謝を向上させることで抗炎症作用が働き炎症を取り除きます。

 

 

特にニキビの場合には赤ニキビの炎症やニキビ跡そのものに効いていきます。

 

 

またステロイドには1群(最強)~5群(最弱)まで成分の強さがランク付けされているのですが、リドメックスコーワ軟膏は3群にあたります。ステロイドの中でも中間に位置しますが、顔のニキビやニキビ跡に使う場合には効き目が強くすぐに効いていきます。

 

 

ただし敏感肌の方には刺激が強いため、使用することができないので注意してください。

 

 

以上のようにリドメックスコーワ軟膏はニキビに対して効いていきます。

 

 

リドメックスコーワ軟膏のニキビへの効き目

 

 

リドメックスコーワ軟膏をニキビ治療に使った場合にはどれくらいで効くのかというと

 

・赤ニキビやニキビ跡の炎症の場合には5日間で効いていきます。

 

・ニキビ跡そのものは3~4週間塗ることでステロイドの代謝作用が効いて、改善されていきます。

 

市販の薬ではイブプロフェンピコノールなどの成分が炎症を取り除きますが、リドメックスコーワ軟膏の方が確実に効き、また1週間ほど早く効いていきます。

 

 

ただしリドメックスコーワ軟膏は殺菌作用がないため、炎症のない白ニキビや黒ニキビを治す効果はないとされますので注意して下さい。

 

 

ステロイドでニキビ治療した私の試した感想

 

 

リドメックスコーワ軟膏を使ったことがないのですが同じ強さのステロイドであるリンデロンVG軟膏をニキビ治療に処方されたことがあります。

 

 

ですがリンデロン軟膏は最初の2日間は炎症が改善されましたが、それ以降はニキビの症状は戻ってしまいました。

 

 

ステロイドと抗生物質は私には合うわないということで2週間ほどで医師からストップがかかりました。ただ効く人にはしっかりと効きます。

 

 

ちなみにステロイドが効かなかった私も今では完治することはできています。

 

 

 

⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

 

 

リドメックスコーワ軟膏の副作用について

 

 

リドメックスコーワ軟膏は強めのステロイドが配合されているため、副作用が生じる可能性が比較的高いです。

 

 

特に起こりやすい副作用としては皮膚の発疹、発赤、かゆみ、かぶれなどがあります。

 

 

軽度であれば数日塗り続ければほとんど治まります。あまり症状が重い場合や何日も継続する場合には使用を控えましょう。

 

 

またステロイドを長期的に使用していくと、皮膚萎縮というステロイドに対する皮膚の拒否反応を引き起こしてしまう場合があるので注意してください。

 

 

皮膚萎縮は皮膚のシミ、シワ、静脈が浮き出るなどの症状を引き起こします。顔のニキビに使う場合には2か月は超えないようにする必要があります。

 

 

皮膚科で処方される薬ですので、医師から副作用について必ず説明がありますのでしっかりと聞くようにしましょう。

 

 

また使用後には肌が乾燥してしまうので、あらかじめ保湿する必要があります。

 

 

リドメックスコーワ軟膏の使い方について

 

 

リドメックスコーワ軟膏をニキビ治療に使う場合には

 

 

①1日2回洗顔をして化粧水、保湿クリームを使った後に塗ります。※薬を塗ってから保湿はしません。

 

 

②体のニキビに塗る場合には1日1回入浴後に塗ります。

 

 

③リドメックスコーワ軟膏をニキビに塗る場合には少量を手に取りニキビ部分にのみ塗るようにしましょう。

 

 

④最低1か月は使用していき効果がなければ使用は控えるようにします。

 

 

⑤効果があっても使用から2か月経過したらニキビへの使用は終了です。

 

以上がリドメックスコーワ軟膏とニキビへの使い方でした

 

 

リドメックスコーワ軟膏は赤ニキビ、ニキビ跡の赤みを鎮静させるのに高い効果を得られるとされますのでとてもおすすめです。使用する場合には皮膚科を受診するようにしましょう。

 

 

リドメックスコーワ軟膏と同じ効き目の市販薬

 

 

また市販でリドメックスコーワ軟膏と同じような効果を期待できるものにはテレコートリル軟膏があります。

 

 

会社:ジョンソン・エンド・ジョンソン

 

有効成分:ヒドロコルチゾン

 

効果:赤ニキビ、ニキビ跡の炎症

 

価格:800~1000円

 

即効性:5~7日

 

テラコートリル軟膏はリドメックスコーワ軟膏と同じくステロイドを配合しているので、効能自体はリドメックスコーワ軟膏と同じです。

 

 

ただし市販薬のため5群(最弱)でありリドメックスコーワ軟膏よりも効き目は劣ります。ですが皮膚科に行かずともステロイドを試すことができるのでおすすめです。

 

 

ということでリドメックスコーワ軟膏とニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ