ニキビに効く新薬

【ニキビの新薬】ニキビに効く最新の治療薬まとめ!

【ニキビの新薬】ニキビに効く最新の治療薬まとめ!

 

皮膚科で処方されるニキビの治療薬も、新薬なる全く新しい成分を配合した薬が登場していますね。

 

 

特にアメリカで適用されていたが日本では認められていなかった成分が日本でも認可されるようになり、その成分が配合された新薬が誕生するというのが一般的です。

 

 

実は2008年まで全くニキビの新薬は出で来なかったのですが、2015年になって新たな治療薬が誕生しました。

 

 

ここでは最新のニキビ治療薬について3つ紹介したいと思います。※病院で処方されるものに限ります。市販の新しく発売される薬というのは成分が新しいわけではなく、使い回しなので注意してください。

 

 

※追記 2016年1月に新たにゼビアックスローションというものが誕生しました。

 

※さらに追記 2016年11月にまた新たにエピデュオゲルという薬ができました。現在これが最新治療薬ですので最後に紹介しますので確認してみてください

 

 

2008年誕生 ディフェリンゲル

 

 

会社:マルホ株式会社

 

有効成分:アダパレン

 

効果:赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビ

 

価格:30g約570円

 

2008年にディフェリンゲルがニキビの新薬として誕生し、病院でも塗り薬もほとんどがディフェリンゲルが処方されており、皮膚科のニキビ治療薬の代名詞とされますね。

 

 

※ちなみに2008年までは佐藤製薬のダラシン(2002年誕生)が最新のニキビ治療薬でした。

 

会社:佐藤製薬

 

成分:クリンダマイシン

 

効果:赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビ

 

値段:15g600円

 

 

このディフェリンゲルの有効成分のアダパレンは皮膚の角質化を抑制することによって、毛穴の詰りを予防する効果があります。特に白ニキビ、黒ニキビに効果的とされています。

 

 

しかしディフェリンゲル自体は抗炎症作用はないのでニキビ跡も赤ニキビにも直接的な効果はないとされます。

 

 

2015年に2つの新薬が出るのですが、現在もなお多くの病院でディフェリンゲルが処方され続けていますね。

 

 

2015年4月誕生 ベピオゲル

 

 

会社:マルホ株式会社

 

有効成分:過酸化ベンゾイル

 

効果:黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビ、ニキビ跡

 

価格:1g=120.9円

 

 

そして2015年1月に成分の過酸化ベンゾイルが日本でも承認されて、4月にマルホによってベピオゲルという治療薬が誕生しました。※当初過酸化ベンゾイルは刺激が強いため、日本人の肌には合わないということで、認可がおりませんでした。

 

 

この過酸化ベンゾイルはピーリング作用と強力な殺菌作用を持っています。ピーリング作用で古い角質を落とし、ニキビの芯もポロッと落ちてしまいます。

 

 

ニキビへの効き目

 

 

・使用から1~3日で白ニキビ、黒ニキビの軽度なニキビなら治ってしまいます。

 

・また殺菌作用が強力で赤ニキビにも1~2週間で効き、

 

・さらに肌の奥まで届くことでニキビ跡も約1か月で改善させる効果があります。

 

 

非常に即効性がある薬となっていますがその分、副作用も起こりやすいです。
肌の発疹、発赤、かゆみになりやすいので注意してください。

 

 

皮膚科ではベピオゲルがディフェリンゲルにとって代わって処方されるようになりました。しかしベピオゲルよりも新しい新薬というのは1つあるのです。

 

 

2015年5月誕生 デュアック配合ゲル

 

 

会社:株式会社ポーラファルマ

 

有効成分:過酸化ベンゾイルとクリンダマイシン

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、ニキビ跡

 

価格:1g=157.4円

 

 

デュアック配合ゲルは過酸化ベンゾイルに加えて抗生物質のクリンダマイシンを配合した治療薬となります。※ダラシンTゲルと同じ有効成分です。

 

 

クリンダマイシンはタンパク質の合成を阻害することでアクネ菌を殺菌する効果があります。デュアック配合ゲルはベピオゲルより殺菌性が増しています。ただその分、薬価は1g157円と高額なのがデメリットと言えるでしょう。

 

 

また病院ではデュアック配合ゲルよりもベピオゲルの方がよく処方されます。ニキビの症状によって昔の薬も処方されるので、そこは医師次第でしょう。

 

 

ニキビへの効き目

 

 

デュアック配合ゲルの臨床実験では炎症性のニキビに用いたところ、2週間で62.5%の減少、12週間で88.6%減少していきました。

 

 

またニキビ跡には約1か月で約40%の患者さんに改善効果がみえました。臨床データはありませんがベピオゲル同様に白ニキビ、黒ニキビに効いていきます。

 

 

2016年1月 ゼビアックスローション

 

 

会社:マルホ株式会社

 

成分:オゼノキサシン

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

値段:1gあたり80.5円

 

2016年1月にニキビの塗り薬の新薬として登場したのがゼビアックスローションです。オゼノキサシンという新しい抗生物質がアクネ菌を殺菌することでニキビを治していきます。

 

 

殺菌性が強く初期ニキビは3~5日、赤ニキビは1週間ほどで効いていきます。

 

 

2016年11月 エピデュオゲル

 

 

会社:マルホ株式会社

 

成分:アダパレンと過酸化ベンゾイル

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

値段:1gあたり159.6円

 

 

2016年11月に新たにエピデュオゲルがマルホから新登場しました。

 

 

エピデュオゲルはアダパレンと過酸化ベンゾイルの2つの有効成分を配合したニキビの新薬です。現在最も新しい薬で、ディフェリンゲル(アダパレン)とベピオゲル(過酸化ベンゾイル)がひとつになった新薬ですね。

 

 

ただしまだそこまで皮膚科で扱われていないとされます。処方してもらいたい場合には大きい総合病院を受診するようにしましょう。

 

 

ということでニキビの新薬のまとめについてでした。また新たな治療薬が誕生した場合には更新したいと思います。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ