アルメタ軟膏とニキビ

アルメタ軟膏のニキビへの効果と副作用、使い方!

アルメタ軟膏のニキビへの効果と副作用、使い方!

 

 

アルメタ軟膏は塩野義製薬株式会社が製造しているステロイド軟膏で、皮膚炎、湿疹、乾癬に対して効果があるとされます。

 

 

アルメタ軟膏の中身は薄黄色の半透明な軟膏でステロイドなのに刺激も少なく、赤ちゃんや子供にも使用できます。薬局やドラッグストア1gあたり39.3円となっており、軟膏の中では高額とされます。

 

 

このアルメタ軟膏ですが、ニキビに対しても効果があります。特に皮膚科では炎症の強いニキビに対して処方される場合が多いです。
ここではアルメタ軟膏のニキビへの効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

アルメタ軟膏のニキビへの効果

 

 

アルメタ軟膏はプロピオン酸アルクロメタゾンというハロゲン系のステロイド成分が配合されており、これがニキビに対して効果があるとされています。

 

 

この成分を直接肌につけてあげることによって皮膚のホルモンであるコルチゾルという同じ働きをします。具体的には糖や脂肪の代謝系に作用し、免疫力が向上することで炎症を抑える働きを促します。

 

 

特に抗炎症作用により赤ニキビの炎症やニキビ跡の赤みを鎮静させることができます。

 

 

またステロイドにはその成分の強さを示す値として1群(最強)~5群(最弱)というように分けられています。そしてアルメタ軟膏のプロピオン酸アルクロメタゾンは4群に分けられています。4群はステロイドの中でも強さは中程度とされます。

 

 

中程度ですと敏感肌の方でも使用することができますし、さらに体のニキビに対しても効きます。そのためニキビ治療にはアルメタ軟膏はちょうどよい強さといえます。

 

 

以上のようにアルメタ軟膏はニキビに対して効いていきます。

 

 

ただ殺菌性がありませんので、白ニキビや黒ニキビなどの治療効果はありません。またニキビ跡も炎症を鎮静させるだけで根本的には完治させることは難しいとされます。

 

 

アルメタ軟膏のニキビへの効き目

 

 

アルメタ軟膏をニキビに塗ることでどれくらいでニキビに非常に即効性があります。

 

・赤ニキビの炎症は1週間ほどで目に見えて改善されていきます。

 

・体の炎症したニキビであれば、およそ2週間ほどで改善されます。

 

・ニキビ跡の赤みであれば早ければ2週間、平均して3週間使うと改善の効果があらわれるとされています。

 

以上のようにアルメタ軟膏はニキビに対して効いていきます。

 

 

ステロイドでニキビ治療を行った私の場合

 

 

アルメタ軟膏ではありませんが、同じステロイドの強さであるロコイド軟膏を処方してもらいニキビ治療を行いました。

 

 

はじめて使用したステロイドでしたが2日間はかなり赤みが引いて、その衝撃を今でも覚えています。

 

 

ステロイドすげーと感動するものの、3日目からは若干赤みが戻って、使用しているうちは元に戻ってしまいました。2週間使用したところで、医師からストップがかかりました。

 

 

効く人には効くし、ステロイドが合わないと完治は難しいと思いますね。おそらくアルメタ軟膏を塗っても同じく効果がえられなかったでしょう。

 

 

ちなみにステロイドが効かなかった私のニキビも今は治すことができました。そのニキビの完治法はこちら↓

 

 

 

⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

 

 

 

アルメタ軟膏のニキビへの副作用

 

 

アルメタ軟膏のプロピオン酸アルクロメタゾンは4群(やや弱い)に分類されているので刺激はそこまで強くありません。

 

 

顔面や子供や赤ちゃんにも用いることができます。そのため副作用もほとんど起こらないとされます。

 

 

しかし稀にですが、副作用が起きる場合があります。特にかぶれ、かゆみ、発疹、発赤、肌荒れ、乾燥などが挙げられます。

 

 

もし副作用が起きても、最初だけで数日間使い続ければおさまることがほとんどですので使い続けてみましょう。それでも副作用がおさまらない場合には使用を控えましょう。※ただ乾燥はどうしても起きてしまう可能性があります。

 

 

ただ長期的に使用するとステロイド特有の皮膚萎縮を起こしてしまいます。皮膚萎縮というのは肌が白くなったり、血管が浮き出たり、シワ、しみができてしまいます。

 

 

ニキビ治療としてアルメタ軟膏を使用する場合には使用期間はおよそ1~2か月にとどめるようにしましょう。

 

 

アルメタ軟膏のニキビへの使い方

 

 

アルメタ軟膏を使ってニキビを治す場合の使い方ですが、

 

 

①アルメタ軟膏は1日2回朝と夜の洗顔後に使用していきます。また体のニキビには1日1回入浴後に塗ります。

 

 

②また副作用によって肌の乾燥がするのでそれを予防するために化粧水や保湿クリームを使ってから塗るようにしましょう。

 

 

③手にそのまま少量を手に取って、ニキビ部分にのみ軟膏を薄くなじませるようにつけていきます。

 

 

④赤ニキビやニキビ跡に使用する場合には最低1か月は試してみるようにしてください。それでも効果がない場合には使用を控えるようにしましょう。

 

 

⑤また例え効果があったとしても2か月以上使用するのは控えるようにしましょう。

 

 

以上がアルメタ軟膏のニキビへの使い方です。細かい使い方は症状によって変わるので医師に確認しましょう。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られていないので、まずは皮膚科を受診してください。またニキビに効くステロイドを試したい場合には市販のテラコートリル軟膏を試してみるようにしましょう。

 

 

会社:ジョンソン・エンド・ジョンソン

 

有効成分:オキシテトラサイクリン塩酸塩 ヒドロコルチゾン

 

効果:赤ニキビ、ニキビ跡の赤み、背中ニキビ、化膿を伴うニキビ

 

価格:800~1000円

 

即効性:1日~1週間

 

5群のステロイドであるヒドロコルチゾンがニキビの炎症を鎮静させ、さらにオキシテトラサイクリン塩酸塩がアクネ菌を殺菌してくれます。市販でステロイドを試したい場合にはテラコートリルを使用してみましょう。

 

 

ということでアルメタ軟膏とニキビについてでした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ