メサデルム軟膏とニキビ

メサデルム軟膏のニキビへの効果と副作用、使い方!

メサデルム軟膏のニキビへの効果と副作用、使い方!

 

 

メサデルム軟膏は大鵬薬品工業株式会社が製造しているステロイド軟膏で主にアトピー性皮膚炎や湿疹などの炎症を鎮めるのに効果があります。

 

 

メサデルム軟膏の中身は透明なゲル状になっており、匂いやべたつきはほとんどありません。薬局やドラッグストアでは売られておらず、皮膚科でのみ処方されます。※メサデルム軟膏の薬価は1gあたり20.8円となります。

 

 

そしてメサデルム軟膏はニキビの炎症を取り除くのにも効果があります。

 

 

ここではメサデルム軟膏のニキビへの効果と副作用、そしてニキビへの使い方についてお伝えしたいと思います。

 

 

メサデルム軟膏のニキビへの効果

 

 

メサデルム軟膏はデキサメタゾンというステロイドが配合されています。

 

 

デキサメタゾンが肌に浸透することによって皮膚のコルチゾルと同じ働きをします。具体的には皮膚の代謝を向上させ、さらに免疫力を向上させることによって抗炎症作用を促します。特に赤ニキビ、ニキビ跡の赤みなどに対して効果が得られます。

 

 

デキサメタゾンの強さ

 

 

ステロイドというのは強さが1群(最強)~5群(最弱)までの段階に分かれています。そしてメサデルム軟膏のデキサメタゾンの強さは2群(強い)にあたります。

 

 

そのため効き目も高く即効性があるとされます。また2群であれば体のニキビ、炎症に対しても効果的とされます。

 

 

白色ワセリン

 

 

またメサデルム軟膏には白色ワセリンと呼ばれる鉱物から抽出される天然オイルも含まれます。白色ワセリンによって肌の保湿効果も得られます。

 

 

このようにメサデルム軟膏は強力なステロイドと白色ワセリンによってニキビの症状を改善させることができます。

 

 

ただメサデルム軟膏には殺菌性のある成分は含まれておらず、アクネ菌を殺菌する効果はなく、ニキビに対しても白ニキビや黒ニキビなどは根本的に改善できません。

 

 

ステロイド軟膏なのであくまで赤ニキビやニキビ跡の炎症を鎮めるのに用います。

 

 

メサデルム軟膏の効き目

 

 

メサデルム軟膏を塗ることによってどれくらいでニキビに効くのかというと

 

・赤ニキビであればおよそ1週間でニキビの炎症が改善されるのが目で分かります。

 

・ニキビ跡の赤ニキビ場合には2~3週間ほどはかかってしまいます。

 

・また白色ワセリンによる肌の保湿はおよそ2~3日ほどで改善されます。

 

以上のようにメサデルム軟膏はニキビに効いていきます。市販のステロイドは5群(最弱)なのですが、メサデルム軟膏は2群(強い)なので即効性は高いと言えます。

 

 

私がステロイドによるニキビ治療を試した結果

 

 

メサデルム軟膏は使ったことがないのですが、同じ強さのステロイドであるリンデロンでのニキビ治療は行ったことがあります。

 

 

初めて処方してもらったステロイドだったのですが、最初の2日間は炎症が引くのが分かりました。しかしその後には症状が戻ってしまい効くことはありません。

 

 

ステロイドは合う合わないがあるので、なかなか難しいですね。それ以降はステロイドや抗生物質を試してみも私の場合には効かなかったです。

 

 

ちなみにステロイドが効かなかった私も今は治すことができました。そのニキビの完治法はこちら↓

 

 

 

⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

 

 

 

メサデルム軟膏の副作用について

 

 

メサデルム軟膏は2群のステロイドを使用した軟膏ですので副作用が生じることがよくあるので気をつけなければいけません。

 

 

よく生じる副作用というのはかぶれ(一番よく起こります)、肌の刺激感、発赤、発疹が挙げられます。

 

 

もしこれらの症状が起きた場合には2、3日使い続けてみてそれでも副作用が続く場合には使用を中止するようにしましょう。

 

 

また敏感肌の方はメサデルム軟膏の使用は控えてください。皮膚科では処方されないでしょう。

 

 

またステロイドは長期間使用すると皮膚萎縮を引き起こしてしまいます。皮膚委縮はシワやシミ、肌が青白くなる、血管が浮き出るなどの症状が起きます。

 

 

ですのでメサデルム軟膏でのニキビケアは最長でも2か月にとどめるようにしましょう。

 

 

メサデルム軟膏のニキビへの使い方について

 

 

メサデルム軟膏のニキビへの使い方についてですが

 

 

①1日2回洗顔後にニキビ部分にのみ塗るようにします。
体に使う場合には1日1回入浴後に塗るようにしましょう。

 

 

②手にとってそのままニキビに塗ります。ニキビ部分以外には塗らないようにしましょう。

 

 

③副作用が3日以上出る場合や重い副作用が出た場合や1か月間試してみても効果がない場合には使用を中止しましょう。

 

 

④効果があっても2か月以上使用した場合はメサデルム軟膏の使用を控えるようにしましょう。

 

 

以上がメサデルム軟膏のニキビへの使い方です。

 

 

メサデルム軟膏は2群のステロイドを使用しているため、炎症には非常に効果が高いです。試してみたい場合には必ず皮膚科に相談するようにしましょう。

 

 

メサデルム軟膏と同じ効果のある市販薬

 

 

また市販でメサデルム軟膏と同じような効果を期待できるものにはテレコートリル軟膏があります。

 

 

会社:ジョンソン・エンド・ジョンソン

 

有効成分:ヒドロコルチゾン

 

効果:赤ニキビ、ニキビ跡の炎症

 

価格:800~1000円

 

即効性:5~7日

 

 

ヒドロコルチゾンという5群のステロイドが配合されているため、2群のメサデルム軟膏よりも効き目は落ちますが、ステロイドを市販薬でも使用することができます。また5群なため副作用はほとんど起きません。

 

 

市販で手軽にステロイドを試したい方は、テラコートリル軟膏を試してみましょう。

 

 

ということでメサデルム軟膏のニキビへの効果と副作用、使い方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ