過酸化ベンゾイルとニキビ

過酸化ベンゾイルのニキビへの効果と副作用、使い方!

過酸化ベンゾイルのニキビへの効果と副作用、使い方!

 

 

過酸化ベンゾイルというのニキビに効く成分のことで、アメリカのニキビ治療薬にはほとんどが配合されています。アメリカのプロアクティブには過酸化ベンゾイルは含まれていませんが、日本のプロアクティブには含まれていません。

 

 

 

日本では過酸化ベンゾイルの使用は認可されていなかったため、過酸化ベンゾイルを配合した薬はありませんでした。

 

 

長い間認可されなかったのですが、2015年1月に認可され日本でも過酸化ベンゾイルを配合した薬が2015年4月から使用できるようになりました。

 

 

ただし薬局やドラッグストアでは販売されておらず、皮膚科の医師に処方してもわらわなければ使用することはできません。

 

 

ここでは過酸化ベンゾイルのニキビへの効果、副作用、そして過酸化ベンゾイルを使用した薬を紹介したいと思います。

 

 

過酸化ベンゾイルのニキビへの効果

 

 

過酸化ベンゾイルがニキビに対して効果的とされるのはピーリング効果と殺菌効果のふたつがあるからです。

 

 

ピーリング効果

 

 

ピーリング効果は古い角質を溶かすことによって、毛穴の詰りを改善します。また初期ニキビである白ニキビや黒ニキビもニキビの芯を溶かしてポロッと落とすことができます。

 

 

プロアクティブの洗顔料をつけるとピリピリとしますが、あれがピーリング効果です。ただ日本のプロアクティブは『サリチル酸』で、過酸化ベンゾイルの方が刺激が強く、その分ピーリング効果も高いとされます。

 

 

殺菌作用

 

 

そして過酸化ベンゾイルはニキビの元であるアクネ菌を殺菌します。普通の赤ニキビなどであれば1週間以内には症状が改善されるのが分かります。

 

 

また背中ニキビ、おでこのぶつぶつなどを引き起こしてしまうマラセチア菌も殺菌し、さらに化膿を伴うニキビやケロイド状のニキビも殺菌することができます。

 

 

また肌の深層のアクネ菌が殺菌されることで、ニキビ跡に対しても効いていきます。以上のように過酸化ベンゾイルはふたつの作用によってニキビを治していきます。

 

 

過酸化ベンゾイルの効き目

 

 

過酸化ベンゾイルはどれくらいでニキビに効くのかというと

 

 

・白ニキビや黒ニキビであれば4時間ほどでニキビが縮小されるため、即効性は非常に高いです。

 

・赤ニキビ、ニキビ跡の赤みであれば1週間ほどで改善されていきます。

 

・化膿を伴うニキビ、ケロイド状のニキビには2週間で効いていきます。

 

・背中ニキビ、おでこのぶつぶつであれば2週間ほどで効いていきます。

 

以上のように過酸化ベンゾイルはニキビに効いていきます。

 

 

過酸化ベンゾイルので私のニキビ治療の結果

 

 

2015年の半ばころに過酸化ベンゾイルを配合したベピオを皮膚科で処方してもらいました。私の場合にはかなりヒリヒリしたのを覚えています。

 

 

2週間ほど頬の赤ニキビやおでこのニキビに塗ったのですが、効果がなく、治療はあっけなく終わりました。今までにない新薬だと期待したのですが残念でした。

 

 

しかし過酸化ベンゾイルを治すことができなかったのですが、2017年現在はニキビがしっかりと治すことができています↓

 

 

 

 

⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

 

 

 

過酸化ベンゾイルの副作用について

 

 

過酸化ベンゾイルは即効性がありますが、その分刺激も非常に強いため、副作用が起こる可能性が高いですし、敏感肌の方は使用できません。

 

 

特に副作用としては使用中の刺激感、発赤、かゆみを引き起こします。もし副作用が生じたら数日は使い続けて様子をみて、それでも症状が起きる場合には使用を控えましょう。

 

 

サリチル酸よりも刺激が強いため、プロアクティブやサリチル酸を含んだ化粧品、薬で刺激が強すぎた方は過酸化ベンゾイルでのニキビ治療は控えるべきでしょう。

 

 

また使用後は肌が乾燥してしまうので、化粧水やクリームで保湿するようにして下さい。

 

 

過酸化ベンゾイルを使った薬と使い方について

 

 

過酸化ベンゾイルを使用した薬にはべピオゲル、デュアック配合ゲルがあり、皮膚科で処方されます。

 

・ベピオゲル

 

 

会社:マルホ株式会社

 

薬価:1g=120.9円

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、ニキビ跡

 

有効成分:過酸化ベンゾイル

 

2015年4月1日に発売された、過酸化ベンゾイルを有効成分とした白色のゲル状の軟膏です。皮膚科では過酸化ベンゾイルを配合した薬は9割以上がこのべピオゲルが処方されています。

 

 

・デュアック配合ゲル

 

 

会社:株式会社ポーラファルマ

 

有効成分:過酸化ベンゾイルとクリンダマイシン

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、ニキビ跡

 

価格:1g=157.4円

 

 

過酸化ベンゾイルはベピオゲルの1か月後に発売された薬で過酸化ベンゾイルに加えて、抗生物質のクリンダマイシンが配合されています。

 

 

そのため抗生物質によってさらに殺菌性が増して、ベピオゲルよりも成分上は優秀とされます。ただし皮膚科ではベピオゲルの方がよく処方されます。※現在皮膚科で処方される過酸化ベンゾイルを配合した薬はこの2つのみです。

 

 

過酸化ベンゾイルの使い方について

 

 

ここでは過酸化ベンゾイルを配合したべピオゲルの使い方についてお伝えします。

 

①べピオゲルは朝と夜の洗顔をして、さらに化粧水をつけた後につけていきます。

 

 

②少量を手にそのまま取り、ニキビ部分にのみ使用します。

 

 

③最初は肌がピリピリとしますが、それはピーリング作用によるものですので2日ほど使用するれば、肌がなれるので心配はいりません。

 

 

④黒ニキビ、白ニキビは早いと4時間後に効果が実感でき、赤ニキビであれば1週間です。

 

 

⑤もし使用中に大きな副作用が出た場合や2週間使用しても何も変化がない場合は使用を中断して皮膚科に相談してください。

 

 

用法用量に個人差がありますが、過酸化ベンゾイルのニキビへの使い方はこのようになっています。

 

 

ということで2015年の4月から解禁になった新成分の過酸化ベンゾイルを試してみる価値は大いにあります。

 

 

過酸化ベンゾイルを通販で手に入れる方法

 

 

ベピオゲルもデュアック配合ゲルも皮膚科でしか手に入れることができませんが、通販で過酸化ベンゾイルを配合した薬を購入することができます。

 

 

それがアメリカのニュートロジーナやアクネフリーです。

 

 

会社:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

 

値段:1本3900円

 

有効成分:過酸化ベンゾイル

 

用法用量:1日2回洗顔後にニキビ部分に塗る

 

 

ニュートロジーナはアメリカでは非常に有名なニキビ用の薬で『新超強力ニキビ治療薬』と謳われています。※アクネフリーも同様に過酸化ベンゾイルを配合した薬です。

 

 

市販などはされていませんが、個人輸入を行っている通販サイトで購入することができます。

 

 

ただし過酸化ベンゾイルが効果的かどうか、まず医師に診てもらう方が重要ですので、まずは皮膚科を受診しましょう。

 

 

ということで過酸化ベンゾイルのニキビへの効果と副作用、使い方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ