ニュートロジーナとニキビ

ニュートロジーナのニキビへの効果と副作用、使い方!

ニュートロジーナのニキビへの効果と副作用、使い方!

 

 

ニュートロジーナはアメリカ生まれのニキビ治療薬で、日本では薬局やドラッグストアでは置いておらずネット通販しか購入できません。

 

 

新超強力ニキビ治療薬ということで非常にニキビに効果的と謳っていますが、ニュートロジーナ特有の成分が含まれているからなんです。

 

 

ここではニュートロジーナのニキビへの効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

ニュートロジーナのニキビへの効果

 

 

ニュートロジーナには過酸化ベンゾイルという成分が含まれています。

 

 

この過酸化ベンゾイルはアメリカでは過酸化ベンゾイル製剤としてニキビ治療にはよく使われる成分なのです。

 

 

ただ日本では過酸化ベンゾイルは国内未認可なためニキビの薬には一切配合されていませんでした。しかし2015年1月に過酸化ベンゾイルが厚生労働省に認可され、そして2015年4月にベピオゲルという薬が誕生しました。

 

 

会社:マルホ株式会社

 

有効成分:過酸化ベンゾイル

 

効果:黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビ、ニキビ跡

 

価格:1g=120.9円

 

 

このベピオゲルは皮膚科でしか手に入らず通販でも購入できません。そのためニュートロジーナは皮膚科を受診せずともベピオゲルと同じ効果が得られるとされます。

 

 

ではこの過酸化ベンゾイルがニキビにどのように効いてくるのかというと、この過酸化ベンゾイルにはピーリング作用・殺菌作用を持っています。

 

 

①ピーリング作用

 

 

ピーリング作用は酸によって毛穴の詰まりや古くなった角質を溶かすことができますのでニキビの予防になります。また白ニキビや黒ニキビなどの軽度のニキビの場合にはニキビの芯が溶けて、そのままポロッと落ちてしまいます。

 

 

ただプロアクティブの洗顔料と同じくピリピリと肌が刺激を感じてしまいます。アメリカ製で刺激が強いため日本人の肌に合わない場合もあります。

 

 

②殺菌作用

 

 

そして過酸化ベンゾイルは非常に強い殺菌作用があります。ニキビの元であるアクネ菌、マラセチア菌、黄色ブドウ球菌を殺菌します。

 

 

マラセチア菌はおでこのぶつぶつや背中ニキビの原因となります。また黄色ブドウ球菌はケロイドニキビ、化膿を伴うニキビを引き起こしてしまいます。

 

 

そのためニュートロジーナはこれらのニキビにもすべて効きます。またアクネ菌を殺菌することで赤ニキビやニキビ跡の赤みにも有効とされます。

 

 

以上のようにニュートロジーナ独自の過酸化ベンゾイルがニキビに効いていきます。

 

 

市販のニキビ薬よりも成分が圧倒的に強いため、今まで治すことができなかったニキビがニュートロジーナを使って簡単に治ったという報告例も多いです。

 

 

ニュートロジーナのニキビへの効き目

 

 

ニュートロジーナをニキビに使うことでどれくらいで効いていくるのかというと

 

 

・白ニキビや黒ニキビであれば4時間ほどでニキビが縮小されていきます。

 

・赤ニキビやニキビ跡の赤みであれば1週間以内には効果が感じられるとされます。

 

・背中ニキビやおでこのぶつぶつは2週間ほどで改善されていきます。

 

・化膿を伴うニキビやケロイドニキビには2週間ほどで効いていきます。

 

以上のようにニュートロジーナはニキビに対して効いていきます。ベピオゲルも皮膚科の薬の中でも最も殺菌作用が高いため非常に即効性は高いとされます。

 

 

ニュートロジーナの副作用について

 

 

ニュートロジーナの過酸化ベンゾイルは副作用がとても起こりやすく、統計では40%以上の確率で起きます。

 

 

特に起こりやすいのは刺激感、発赤、発疹、かぶれなどが挙げられます。使用中に副作用が生じたら2~3日は使い続け、それでも副作用が生じる場合には使用を控えましょう。

 

 

過酸化ベンゾイルは市販の薬の成分よりも刺激が強いため、市販薬で刺激を感じた方や敏感肌の方はニュートロジーナを使用することは控えるべきです。

 

 

また副作用ではないのですが、過酸化ベンゾイルには乾燥促進作用も含まれているため使用後には肌が乾燥してしまうので注意してください。

 

 

ニュートロジーナの使用後は化粧水や保湿クリームを使うようにしましょう。

 

 

ニュートロジーナのニキビへの使い方について

 

 

ニュートロジーナの使い方についてです。

 

 

①ニュートロジーナは朝と夜の洗顔、化粧水をつけた後につけていきます。

 

 

また肌が乾燥しやすいのでニベアなどの保湿クリームを塗って乾燥を防ぐようにしてください。

 

 

②手にほんの少量を取り、ニキビ部分にのみ使用します。最初は肌がピリピリとしますが、それはピーリング作用によるものです。

 

 

③黒ニキビ、白ニキビは早いと4時間後に効果が実感でき、赤ニキビであれば1週間です。

 

 

④もし使用中に発赤するなどの副作用が出た場合には使用を中断するようにしてください。

 

 

⑤3週間使用しても効果がない場合にはニュートロジーナを使用を控えましょう。

 

 

以上がニュートロジーナのニキビへの使い方とされます。

 

 

ニュートロジーナの過酸化ベンゾイルは殺菌作用が最も強い成分ですので、ニュートロジーナを使用することで治らなかったニキビも治る可能性が高いです。

 

 

しかし日本の市販薬では売られておりません、使用する場合にはアマゾンなどで購入するようにしてください。またベピオゲルを皮膚科を受診せずとも試したい方は同じ効果のあるニュートロジーナを使用しましょう。

 

 

ということでニュートロジーナのニキビへの効果と副作用、使い方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ