皮膚科で処方されるニキビの薬

フシジンレオ軟膏のニキビへの効果と副作用、使い方!

フシジンレオ軟膏のニキビへの効果と副作用、使い方!

 

フシジンレオ軟膏は第一三共株式会社が製造している、化膿性の皮膚炎やとびひ、やけどに効果のある塗り薬です。白い半透明上の軟膏で刺激はほとんどありませんが若干べたついてしまいます。

 

 

抗生物質を含んだ薬ですので、薬局やドラッグストアでは購入できません。皮膚科医に診断して処方してもらう必要があります。フシジンレオ軟膏の値段は1gあたり18.4円です。

 

 

そしてフシジンレオ軟膏は殺菌性のある薬ですのでニキビにも効果があるとされます。特に皮膚科では化膿を伴うニキビによく処方されます。

 

 

ここではフシジンレオ軟膏のニキビへの効果と副作用、そして使い方についてお伝えしたいと思います。

 

 

フシジンレオ軟膏のニキビへの効果について

 

 

フシジンレオ軟膏の有効成分はフシジン酸ナトリウムという抗生物質です。有効成分のフシジン酸ナトリウムは他の医薬品や市販薬には一切含まれないフシジンレオ軟膏独自のものとなります。

 

 

フシジン酸ナトリウムが患部に浸透することによって、症状を引き起こしている細菌がタンパク質と合成をするのを阻害し、殺菌することができます。殺菌対象となる細菌はアクネ菌、マラセチア菌、黄色ブドウ球菌となっています。

 

 

アクネ菌が殺菌されることで白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなどにも効きますし、アクネ菌が殺菌されることでニキビ跡の症状も改善されます。ただ皮膚の深層のアクネ菌は殺菌できないため完治には至りません。飲み薬を飲んだり、肌のターンオーバーを促す必要があります。

 

 

またマリせチア菌はおでこのぶつぶつ、背中ニキビ、黄色ブドウ球菌はケロイド状、化膿を伴うニキビの原因とされるので、これらのニキビにもフシジンレオ軟膏は有効とされます。

 

 

以上のようにフシジンレオ軟膏はニキビに対して効いていきます。

 

 

フシジンレオ軟膏のニキビへの効き目

 

 

フシジンレオ軟膏をニキビに塗ることでどれくらいで効くのかというと

 

 

・白ニキビ、黒ニキビなどの軽度なニキビは3~4日ほどで効いていきます。

 

・赤ニキビであれば1週間塗ることで、炎症も鎮静され、どんどん小さくなっていきます。

 

・ニキビ跡であれば2~3週間で症状が改善されていきます。

 

・化膿を伴うニキビやケロイド状のニキビであれば、2~3週間ほどで効いていきます。

 

・背中ニキビであれば2~3週間ほどでぽつぽつや跡も消えていきます。

 

 

以上のようにフシジンレオ軟膏は幅広い効果と即効性があります。また化粧水や洗顔も兼ねることでより早くニキビを治すことができます。

 

 

フシジンレオ軟膏の副作用について

 

 

フシジンレオ軟膏は抗生物質を含んだ薬ですので副作用が生じる場合があります。
具体的な症状の報告例としては肌のかゆみ、発疹、発赤、刺激感、肌の乾燥が挙げられます。

 

 

もしフシジンレオ軟膏の使用中にこのような副作用が生じた場合には数日使い続けて、それでも副作用が治まらない場合には使用を中断するようにしてください。

 

 

ただフシジンレオ軟膏の副作用の発現率は極めて低いので、そこまで心配する必要はありません。ただし塗布後は一時的にべたついたり、肌が乾燥することがありますが気にしないでください。

 

 

しかし長期的にニキビに塗ると、抗生物質に対する耐性菌を肌が作り上げてしまいフシジンレオ軟膏が効かなくなってしまいます。

 

 

ですのでニキビ治療に用いる場合には2か月以上は使用しないようにしてください。

 

 

フシジンレオ軟膏のニキビへの使い方

 

 

フシジンレオ軟膏でニキビを治すための使い方についてですが

 

 

①1日に2回朝と夜の洗顔後に塗っていきます。体のニキビに使用する場合には1日1回入浴後に塗っていきます。

 

 

②化粧水や保湿クリームを使っている方は、フシジンレオ軟膏を塗る前に使いましょう。

 

 

③塗る際にはフシジンレオ軟膏をほんの少量手に取り、そのままニキビ部分にのみつけていきます。

 

 

④軽度のニキビや赤ニキビには2週間、ニキビ跡や化膿を伴うニキビ、背中ニキビには1か月使って、効果がなければ使用は控えましょう。

 

 

⑤またニキビに効果があったとしても、2か月以上の使用は控えるようにしましょう。

 

 

以上、フシジンレオ軟膏のニキビへの使い方についてです。ニキビの症状によって用法用量に個人差がありますので医師にしっかりと確認するようにしましょう。

 

 

化膿したニキビにも効く数少ない軟膏ですし、やけどや皮膚炎にも効くのでおすすめです。

 

 

また市販でフシジンレオ軟膏のように抗生物質を配合した薬を使用したい場合にはテラコートリル軟膏がありますので、そちらを試してみてもよいでしょう。

 

 

 

 

会社:ジョンソン・エンド・ジョンソン

 

有効成分:オキシテトラサイクリン塩酸塩 ヒドロコルチゾン

 

効果:赤ニキビ、ニキビ跡の赤み、背中ニキビ、化膿を伴うニキビ

 

価格:800~1000円

 

即効性:1日~1週間

 

 

成分は違いますが、抗生物質を配合した市販のニキビ薬ですので、こちらもおすすめです。

 

 

ということでフシジンレオ軟膏のニキビへの効果と副作用、使い方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ