ニゾラールクリームとニキビ

ニゾラールクリームのニキビへの効果と副作用、使い方!

ニゾラールクリームのニキビへの効果と副作用、使い方!

 

ニゾラールクリームはヤンセンファーマ株式会社が製造しているイミダゾール系の抗真菌薬です。

 

 

効き目が強いのにも関わらず、刺激が少なく副作用がほとんどないのが特徴で、主に、カンジタや水虫を治す効果があります。

 

 

そしてニゾラールクリームは脂漏性皮膚炎(おでこのざらざら跡など)やニキビにも効果があるため皮膚科で処方される場合があります。

 

 

医薬品のため、ドラッグストアや薬局などドラッグストアでは手に入れることができません。薬価は1gあたり22.80円となります。

 

 

ここではニゾラールクリームのニキビへの効果と副作用、使い方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ニゾラールクリームのニキビへの効果

 

 

ニゾラールクリームにはケトコナゾールという抗菌薬が含まれています。

 

 

ケトコナゾールは真菌と呼ばれる皮膚に生息する細菌を殺菌する働きがありますが、ニキビの原因であるアクネ菌やマラセチア菌を殺菌します。

 

 

そのためケトコナゾールは顔の赤ニキビ、おでこのブツブツ(マラセチア菌)背中ニキビなどの体のニキビにも効果的です。

 

 

ただ殺菌によりニキビを治すので、皮膚の深層が傷ついてしまっているニキビ跡にはほとんど効果が期待できないので注意してください。

 

 

効き目としては1~2週間使用することによってニキビが改善する効果が望めます。

 

 

またニゾラールクリームはクリームタイプとローションタイプがありますが、皮膚科ではクリームタイプがよく処方されます。

 

 

クリームタイプは白色なクリームで、肌につけてもほとんど刺激がありません。保湿クリームのニベアに似ている感じですね。

 

 

そしてローションタイプは刺激が強いのですが、浸透力が高いため肌が角質化している場合のニキビに処方されます。

 

 

ニゾラールクリームの副作用について

 

 

ニゾラールクリームの副作用についてですが刺激が弱く、ほとんど副作用の症状は報告されていません。

 

 

ただまれにかゆみ・かぶれ・発赤などの副作用が出る場合があります。

 

 

もしニゾラールクリームの使用中に以上のような症状が出ましたら、使用を控えるようにしてください。

 

 

ただ初めてつけた時には若干のヒリヒリと刺激がある場合がありますが、そのまま使用し続ければ落ち着きますので、大丈夫です。

 

 

ニゾラールクリームのニキビへの使い方

 

 

ニゾラールクリームのニキビへの使い方は

 

 

①1日2回朝と夜の洗顔後に毎日塗っていきます。

 

 

②ニキビ部分にのみつけるようにしてください。また角質層まで浸透させるためにたっぷりと塗り込むようにしてください。

 

 

③2~3週間塗り続けることで、目に見えてニキビの症状が改善されるのが期待できます。

 

 

④もし使用中に副作用が生じてしまった場合や3週間使用しても変化が感じられない場合には使用を中断してください。

 

 

ニゾラールクリームのニキビへの使い方は以上です。

 

 

殺菌性に非常に優れており、体のニキビにも効果があります。使用するには処方してもらう必要があるので皮膚科に相談しましょう。

 

 

ということでニゾラールクリームのニキビへの効果と副作用、使い方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ