アクアチムローションとニキビ

アクアチムローションのニキビへの効果と塗り方!

アクアチムローションのニキビへの効果と塗り方について!

 

 

アクアチムローションは大塚製薬から販売されているニキビケア用の薬用ローション剤となっています。アクアチムローションは黄色い液体で化粧水のように塗るように使っていきます。ニキビだけでなく、おでき、とびひ、皮膚炎などの炎症や腫れなどにも効きます。

 

 

アクアチムローションは薬局やドラッグストアでは販売されておらず、使用するには医師の診察をしてもらい処方してもらう必要があります。値段は1mlあたり41円となっています。

 

 

ここではアクアチムローションのニキビへの効果や塗り方についてお伝えしたいと思います。またアクアチムローションの他にアクアチムクリームがありますのでそれらとの違いもご説明します。

 

 

アクアチムローションのニキビへの効果

 

 

アクアチムローションには2つの作用が働くことによってニキビを治していきます。

 

 

殺菌作用

 

 

アクアチムローションがニキビに効果的なのはナジフロキサシンという新キノロン系の抗菌成分がが含まれており、これが殺菌作用があります。

 

 

アクアローションを塗ることでナジフロキサシンが皮膚のアクネ菌、そしてマラセチア、黄色ブドウ球菌を殺菌していきます。

 

 

ニキビの元であるアクネ菌を殺菌することで根本的に治していきます。またマラセチア菌はおでこのぶつぶつ、背中ニキビを引き起こし、黄色ブドウ球菌は化膿を伴うニキビ、ケロイド状のニキビの原因となっているので、アクアチムローションを塗ることでこれらのニキビをまとめて治すことが可能となっています。

 

 

抗炎症作用

 

 

そしてアクアチムローションにはアルコール成分が含まれています。このアルコール成分にはニキビを殺菌するだけではなくて、炎症を抑える抗炎症作用が含まれています。

 

 

そのため赤ニキビやニキビ跡の赤みに対しても効果があるとされています。以上のようにアクアチムローションはニキビに対して効いてきます。

 

 

臨床実験と効き目

 

 

アクアチムローションの有効成分であるナジフロキサシンがどれくらいニキビに効くのか臨床実験が行われました。

 

 

臨床実験では赤ニキビのある患者さん67人に対してナジフロキサシンを使用したところ、1か月後には約45%の方が赤ニキビの症状が改善されました。およそ2人に1人はアクアチムローションを使用することでニキビが改善すると言えます。

 

 

またどれくらいでアクアチムローションがニキビに対して効くのかというと

 

・白ニキビ、黒ニキビなどの初期ニキビであれば2~3日で治ってしまいます。

 

・赤ニキビなどの炎症を伴うニキビには1週間程度で鎮静されていきます。

 

・ニキビ跡の赤みであれば早いと2週間、通常は3週間で軽減効果が伺えます。

 

・化膿を伴うニキビやケロイド状のニキビには2~3週間ほどかかります。

 

・背中ニキビやおでこのぶつぶつなどは2~3週間ほどで改善されていきます。

 

以上のようにアクアチムローションはニキビに効いていきます。

 

 

実際に試した私の感想

 

 

自分もアクアチムローションではなく、クリームタイプのアクアチムクリームは処方されたことがありますが、正直あまり効果はありませんでした。

 

 

夜1回塗って朝起きても、1週間全く変わらない状態でした。抗菌剤なのですが、他の抗生物質などの方が効き目は強かったですね。

 

 

ちなみにアクアチムが効かなかった私も今ではニキビが治すことができています↓

 

 

 

⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

 

 

アクアチムローションとアクアチムクリーム

 

 

アクアチムローションには、保湿クリームのように使えるアクアチムクリームがあります。同じくナジフロキサシンが効いていきます。アクアチムローションのように抗炎症作用はありませんが保湿作用があります。

 

 

皮膚科では背中ニキビなどにはアクアチムローション、顔のニキビや乾燥によるにはアクアチムクリームが処方されます。

 

 

アクアチムローションの副作用について

 

 

アクアチムローションを塗っていると稀にですが副作用が生じる場合があります。起こりうる副作用としては発疹、かゆみ、かぶれ、刺激感等の症状が挙げられます。

 

 

もしこれらの症状が起きても数日は使い続けるようにしましょう、それでも副作用が生じる場合には使用を控えましょう。

 

 

また『目には入れないこと』と大きく注意書きがあるので、目には入れないように気をつけましょう。用法用量を守ればほとんど副作用は起こらないので安心して下さい。

 

 

アクアチムローションの塗り方

 

 

アクアチムローションをニキビに塗る場合には化粧水と同じように塗るとされます。

 

 

①具体的には朝と夜の洗顔後の2回塗ります。体のニキビには1日1回入浴後に塗っていきます。

 

 

②1回あたり2mlを手にとって顔の全体につけていきます。目には入れないように注意しましょう!目に入ったらすぐに水で洗い流してください。

 

 

③軽度のニキビであれば1週間、赤ニキビや化膿を伴うニキビには2週間は使っていきましょう。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

以上がアクアチムローションのニキビへの使い方です。

 

 

アクアチムローションに含まれるナジフロキサシンは強力で、市販の薬では一切含まれていません。市販の薬で治らなかった方は是非アクアチムローションを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ということでアクアチムローションのニキビへの効果と塗り方についてでした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ