リンデロンvg軟膏とニキビ

リンデロンvg軟膏によるニキビへの効果と使い方!

リンデロンvg軟膏によるニキビへの効果と使い方!

 

リンデロンvg軟膏は、塩野義製薬株式会社が製造しているかゆみや炎症、腫れ、皮膚炎などに効く塗り薬です。そしてリンデロンVG軟膏はニキビに対して処方されることがあります。ただし最近はあまり処方されなくなりました。

 

 

ステロイド軟膏であるため、薬局やドラッグストアなどで市販はされておらず、使用する場合には皮膚科で処方してもらう必要があります。薬価は1gあたり29.9円とされています。

 

 

リンデロンVG軟膏の中身はこのように半透明の軟膏で、匂いや刺激はほとんどありません。しかし肌につけるとべたつきます。

 

 

ここではリンデロンvg軟膏の効果と使い方について紹介したいと思います。

 

 

リンデロンvg軟膏の効果

 

 

リンデロンvg軟膏には、ゲンタマイシン硫酸塩とベタメタゾンというふたつの有効成分が含まれており、ニキビを治療していきます。

 

 

ゲンタマイシン硫酸塩

 

 

ゲンタマイシンはゲンタシン軟膏にも使用されており、アミノグリコシド系の抗生物質です。

 

 

会社:MSD株式会社

 

成分:ゲンタマイシン硫酸塩

 

値段:1本300円

 

用法用量:1日2回洗顔後に塗る

 

 

ゲンタマイシン硫酸塩を肌につけることで、皮膚の細菌がタンパク質と合成するのを防ぐことで殺菌することができます。

 

 

これによりアクネ菌が殺菌されることでニキビを治すことができます。またケロイド状のニキビを起こす黄色ブドウ球菌、おでこのぶつぶつや背中ニキビの原因であるマラセチア菌も殺菌することでこれらのニキビにも有効となっています。

 

 

ベタメタゾン

 

 

ベタメタゾンはステロイドの一種で炎症を抑える働きがあります。

 

 

肌に浸透することで皮膚本来のコルチゾンというホルモンと同じ働きをします。これをステロイドと呼びます。

 

 

そして皮膚に塗布することで皮膚の免疫力を向上させ、肌の代謝を向上させることで炎症を抑えることができます。特に赤ニキビやニキビ跡の赤みを鎮静させる効果があります。

 

 

またステロイドの強さは成分の強さによって、最も強い1群から最も弱い5群まで分類することができますが、リンデロンvg軟膏は3群にあたります。

 

 

3群は『強い』にあたるため、ニキビに即効性が期待できますし、体など皮膚の分厚いニキビにも効き目があります。ですが刺激がその分強いため敏感肌の方のニキビには使用できない場合があります。

 

 

以上のステロイドと抗生物質の2つが働くことによってニキビに対して効いていくとされています。

 

 

リンデロンVG軟膏のニキビへの効き目

 

 

リンデロンVG軟膏をニキビに塗ることでニキビに対して効いていきます。

 

 

・白ニキビ、黒ニキビであれば2~3日で効いていきます。

 

・赤ニキビであれば3~4日で改善されていき、1週間でほとんど治すことができます。

 

・ニキビ跡の赤みであればおよそ2~3週間で効いていきます。

 

・背中ニキビやケロイド状のニキビもまた2~3週間ほどで効いていきます。

 

 

抗生物質とステロイドの2つが効くので、市販のニキビ用の塗り薬よりも即効性は非常に高いです。ただ即効性も高い反面、副作用もあるので注意しなければいけません。

 

 

リンデロンvg軟膏の副作用

 

 

リンデロンvg軟膏は3群のステロイドのため、副作用が起こる可能性が高いとされます。特に以下のような症状が起こります。

 

 

・皮膚の刺激感、かゆみ、発疹、発赤

 

・眼痛・頭痛、目のかすみ、視力低下

 

 

軽い刺激感やかゆみであれば、ほとんどは2、3日すれば副作用もおさまるので様子を見てください。ただし下の副作用が出たら使用はすぐに使用を控えましょう。

 

 

またリンデロンVG軟膏を長期的に使用することで、皮膚萎縮という拒否反応を起こしてしまいます。皮膚萎縮が起こると肌のシワ、シミ、静脈が浮き出る、顔の色が青白くなるなどの症状が起こります。

 

 

ですのでニキビにリンデロンVG軟膏を使用する場合には1か月以上は使わないようにしましょう。

 

 

リンデロンvg軟膏のニキビへの使い方

 

 

リンデロンvg軟膏をニキビに使用する場合には

 

 

①1日2回朝と夜の洗顔後に使用するようにします。

 

 

②軟膏を手に取り、ニキビ部分に薄くなじませるようにつけます。注意としてはあまり塗りこまないようにしましょう。

 

※軽くさっとニキビ部分にリンデロンvg軟膏を塗るようにすれば、ニキビにおいても効果的となります。

 

 

③およそ2週間以内にはニキビ跡の赤みに対しても症状が改善されるはずです。ですので2週間しても効果がない場合には中断しましょう。

 

 

④またステロイド軟膏は長期的に使用してはいけません。1か月以上の使用は避けるようにしてください。

 

 

以上がリンデロンvg軟膏の使い方です。ただし症状や肌質によって使い方も変わり、リンデロンVG軟膏を使わないということもあるので医師からよく聞きましょう。

 

 

多少べたついてしまいますが、即効性は非常に高く、市販のニキビ軟膏よりも効果が期待できますのでおすすめです。

 

 

ということでリンデロンvg軟膏のニキビへの効果と使い方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ