メンソレータムとニキビ

メンソレータムのニキビへの効果と使い方!

メンソレータムのニキビへの効果と使い方!

 

 

メンソレータムはCMでも有名で様々な商品がありますが、ニキビ治療薬のタイプのものもあります。

 

 

アクネスアクネージア、のふたつがニキビ治療薬としてあります。どのように違うのか紹介したいと思います。

 

 

メンソレータムアクネスについて

 

 

 

有効成分:イブプロフェンピコノール

 

値段:16g1200円

 

効果:赤ニキビ・ニキビ跡の炎症

 

用法用量:1日数回、石けんなどで洗顔後、適量をニキビに塗ります。

 

 

メンソレータムアクネスの有効成分はイブプロフェンピコノールです。イブプロフェンピコノールは抗炎症作用を持っています。

 

 

腫れて痛みのあるニキビや赤ニキビなどに効いていきます。

 

 

イブプロフェンピコノールが肌に浸透し、炎症を抑え、ニキビの症状が改善されるのにおよそ1週間ほどかかります。

 

 

実際に使用してみるとイオウの臭いがします。また肌につけるとピリピリと若干刺激があり、その後スースーしてきますね。

 

 

刺激感、発赤、発疹などの副作用の症状が出る場合があります。しかし報告例はほとんどありませんので心配はいりません。

 

ただもし発生した場合には使用を中断しましょう。

 

 

また市販のニキビ薬でペアアクネクリームもイブプロフェンピコノールを配合した薬ですので、同じ効果が期待できます。

 

メンソレータムアクネージア

 

 

 

 

有効成分:エタノール、サリチル酸、アラントイン

 

値段:16g950円

 

効果:乾燥ニキビ、生理前のニキビ、白ニキビ

 

用法用量:1日2回、朝と夜の洗顔後にニキビに塗ります。

 

 

メンソレータムアクネージアは乾燥による大人ニキビや生理前のホルモンバランスによる女性のニキビを治すために開発された治療薬です。

 

 

サリチル酸がニキビの角質を落とし、白ニキビなどに効果的です。またエタノールやアラントインがニキビの炎症を抑えてくれます。

 

 

アクネスとの違いは有効成分が全く違いますが、どう使い分ければいいかというと、

 

 

アクネージアはできかけの初期ニキビに対して、
アクネスは症状がすすんだ赤ニキビに使い分けます。

 

 

アクネージアもつけるとひりひりします。またエタノールが含まれているので、注射するときのスースーとした香りがします。

 

 

ニキビにつけた後は乾いてくると透明状になって、ぺろっとクリームがはがれやすくなるので注意です。絆創膏などで軽く押さえつけてみるのもいいかもしれません。

 

 

以上がメンソレータムシリーズでニキビに効果のある薬でした。

 

 

メンソレータムは薬局でも手軽に購入できます。900円ぐらいで販売されていました。

 

・繰り返しがな初期ニキビにはアクネージア

 

・しこりのように赤く腫れた赤ニキビにはアクネス

 

 

をそれぞれ使用することをおすすめします。

 

 

ということでメンソレータムのニキビへの効果と使い方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ