皮膚科で処方されるニキビの外用薬

ゲンタシン軟膏のニキビへの効果と副作用について!

ゲンタシン軟膏のニキビへの効果と副作用について!

ゲンタシン軟膏はMSD株式会社が製造販売している塗り薬で、やけどやヘルペス、とびひ、おでき、皮膚炎などを治すために使われたりと非常に広範囲に使用できる薬です。そしてこのゲンタシン軟膏は赤ニキビに対しても効果的とされています。

 

 

ただ抗生物質が配合されているため薬局やドラッグストアなど市販では購入することはできないです。使用する場合には皮膚科を受診して処方してもらわなければいけません。※ただ一部の通販サイトでは購入可能となっております。

 

 

ゲンタシンの値段は1本(10g)あたり300円ですので値段はリーズナブルとされていますね。

 

 

 

 

 

 

中身はこのような無色透明になっており、匂いも全くありませんし、肌につけても刺激感は一切ありません。ただひとつ気になるのがめちゃくちゃべたつきます。なじませるようにつけていきますが、水で洗ってもなかなかおちないほどべたべたしてしまうのが、非常に残念なところです。

 

 

ここではゲンタシンによるニキビへの効果と副作用、そして塗り方について紹介したいと思います。

 

 

ゲンタシンのニキビへの効果について

 

 

ゲンタシン軟膏はアミノグリコシド系の抗生物質の薬です。有効成分としてゲンタマイシン硫酸塩が配合されています。

 

 

このゲンタマイシンはタンパク質の合成を妨害することで殺菌作用が働きます。その殺菌力はブドウ球菌属、レンサ球菌、アクネ桿菌、緑膿菌など様々な菌を殺すことができます。さまざまな菌を殺菌できるためとびひ、ヘルペス、やけどそしてニキビなどの幅広い効果を持っています。

 

 

ニキビの場合には、根本の原因となっているアクネ菌を殺菌します。アクネ菌を殺菌することでニキビによる炎症も鎮静されていきます。

 

 

背中ニキビやおでこのぶつぶつ

 

 

またおでこにできるぶつぶつニキビや背中ニキビがありますが、あれはアクネ菌だけでなく、マラセチア菌という菌が繁殖しているのです。

 

 

アクネ菌しか殺菌できない市販のニキビ薬ではおでこのぶつぶつや背中ニキビを治すことができないのですが、ゲンタシン軟膏はマラセチア菌をも殺菌してくれるため、これらのニキビにも効果があります。

 

 

ただ残念なことにゲンタシンは白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビには効果的ですがケロイド状のニキビ跡などは皮膚に傷がついたニキビには効果はありません。

 

 

ゲンタシン軟膏の効き目

 

 

ゲンタシン軟膏でどれくらいでニキビに効き目があるのかという

 

・白ニキビや黒ニキビであれば2~3日で治まっていきます。

 

・おでこのぶつぶつや赤ニキビであれば1週間ほどで改善されていきます。

 

・背中ニキビや化膿を伴うニキビであれば2週間ほどで効いていきます。

 

効果が幅広いのみにも関わらず、非常に即効性があります。

 

 

ゲンタシン軟膏を私のニキビに試した結果

 

 

ゲンタシン軟膏はなぜ家の救急箱にあり、ニキビに悩んでいたので塗ってみました。当時はなんでも塗っていました。

 

 

顔の炎症ニキビとおこでのぶつぶつニキビに塗ったのですが、残念ながら効き目はありませんでした。

 

 

皮膚科で抗生物質のニキビ薬を試しても効かなかったので、抗生物質がどうにも合わなかったのでしょう。※抗生物質が合う場合には劇的に効果があります。

 

 

ちなみにロゼット洗顔パスタが効かなかった私のニキビ跡も今は治すことができました。そのニキビの完治法はこちら↓

 

 

 

 

⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

 

 

 

ゲンタシンの副作用

 

 

ゲンタシンの副作用は塗り薬なため非常に少ないです。しかし場合によっては発疹、発疹、腫れ、かゆみなどの症状が起きることがあります。

 

 

もし使用の際にこれらの症状があらわれたら、数日は様子をみましょう。それでも副作用が生じる場合にはゲンタシン軟膏でのニキビ治療は中止してください。

 

 

また数か月などの長期的にゲンタシンを使用することで目まいや耳鳴りを引き起こす可能性があります外用薬なのにこれらの症状になるのは抗生物質の成分が体に浸透して引き起こされるからです。

 

 

ですので2週間使用をしてみて何も変化がない場合には
使用を一時中断して医師に診てもらうようにしましょう。

 

 

基本的に用法用量を守れば安全に使用することができるのでそこまで心配はいらないとされます。しかし子供、妊婦さん、高齢者の方は使用制限がありますの、必ず病院で診てもらいましょう。

 

ゲンタシンのニキビへの塗り方

 

 

ゲンタシンをニキビに塗る場合の使い方ですが

 

 

①1日2回洗顔後に塗るようにしてください。また化粧水を使っているのであれば洗顔をした後に使い、その後に塗っていきます。

 

 

②手でそのままとり、ニキビの部分にのみ塗るようにしましょう。

 

 

※ゲンタシンをつける場合には、べたつくので、ほんの少量にするようにしてください。写真のゲンタシンの量でも多いくらいです。

 

 

③殺菌するための薬ですので、ニキビを予防する効果はないため広範囲に使用するのはやめましょう。

 

 

④継続期間は2週間ほど様子を見てみましょう。何も改善されない場合には医師に相談するようにしてください。

 

 

⑤また効果がある場合でも2か月以上は使用しないでください。

 

以上がゲンタシン軟膏のニキビへの使い方です。

 

 

ゲンタシン軟膏は殺菌性があり、ニキビを根本的に治すことができるため非常におすすめです。

 

 

通販で購入することもでますが値段が高いですし、ゲンタシン軟膏が自分のニキビに合わないかもしれないリスクもあるので、皮膚科で処方してもらうのが一番だと思います。

 

 

ということでゲンタシンのニキビへの効果、塗り方、副作用でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ