アクネス25とニキビ

アクネス25のニキビへの効果と使い方!

アクネス25のニキビへの効果と使い方!

 

 

 

アクネス25はロート製薬が製造している、医薬品のニキビ治療薬です。浸透力が高く、赤ニキビなどの炎症を抑え、大人ニキビに効いていきます。

 

 

またアクネス25はクリームタイプ、ローションタイプ、ミストタイプの3つがあります。

 

 

・クリームタイプであれば乾燥肌や敏感肌の方

 

・ローションタイプは刺激が強いため、効き目が強いが普通肌の人限定

 

・ミストタイプは背中やお尻などの体のニキビ用となります

 

 

最も一般的なアクネス25はクリームタイプとなっております。中身は白色のクリームでにおいやべたつきなどはなく保湿クリームのように使用できます。

 

 

ここではアクネス25のニキビへの効果と使い方についてお伝えしたいと思います。

 

 

アクネス25のニキビへの効果

 

 

化粧品や医薬品などの効果は全て成分を見て判断できます。ではアクネス25の成分情報を確認しましょう。

 

 

有効成分:イブプロフェンピコノール イソプロピルメチルフェノール

 

添加物
ブチレングリコール、エタノール、グリセリン、セバシン酸ジエチル、パルミチン酸イソプロピル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、サリチル酸グリコール、ステアリン酸ソルビタン、カルボキシビニルポリマー、スクワラン、トリエタノールアミン、ニコチン酸アミド、大豆レシチン、コレステロール、エデト酸Na

 

 

特に有効成分のイブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノールの2つとサリチル酸グリコールがニキビに効いていきます。

 

 

イブプロフェンピコノール

 

 

有効成分のイブプロフェンピコノールは抗炎症作用のある成分で、赤ニキビの炎症やニキビ跡の赤みを鎮めていきます。

 

 

皮膚科のステロイドのように強い成分はないため効き目は劣りますが、副作用はほとんど起こらないとされます。

 

 

イソプロピルメチルフェノール

 

 

イソプロピルメチルフェノールは殺菌剤などにも含まれて非常に強い殺菌力を持っているのが特徴です。

 

 

イソプロピルメチルフェノールによってニキビの元となるアクネ菌を殺菌しますので、ニキビを根本的に治療します。

 

 

それだけではなく、イソプロピルメチルフェノールは背中ニキビ、おでこのぶつぶつの元となっているマラセチア菌も殺菌する為、背中ニキビ、おでこのぶつぶつにも効くのです。

 

 

サリチル酸グリコール

 

 

サリチル酸グリコールはピーリング作用のある成分で、古い角質や毛穴の皮脂詰まりを溶かすことによってニキビを予防します。

 

 

また黒ニキビや白ニキビなどの軽度のニキビであれば、ニキビの芯ごとぽろっと落とすことができます。

 

 

その他にもアクネス25には添加物にスクワラン、ステアリン酸、グリセリンなど肌を保湿する成分も含まれるため、肌の乾燥を防ぐことができます。

 

 

以上のようにアクネス25はニキビに対して効いていきます。またアクネス25と同じ効き目のある薬としてはペアアクネクリームが挙げられます。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは1日 赤ニキビは5~10日

 

 

アクネス25と有効成分が同じですので、ニキビと同じ効果が得られます。また市販ではアクネス25はあまり置いていないですがペアアクネクリームはほぼ置いてあります。

 

 

アクネス25のニキビへの効き目

 

 

アクネス25を塗ることによってどれくらいでニキビに効くのかというと

 

 

・白ニキビ、黒ニキビ、初期ニキビなどには3~5日ほどで改善されます。

 

・赤ニキビの場合には1週間ほどで治ってしまいます。

 

・ニキビ跡の赤みの場合には3週間ほどで鎮静されていきます。

 

・背中ニキビやおでこのぶつぶつには2週間ほどで改善されていきます。

 

以上がアクネス25のニキビへの効き目となります。ただしアクネス25だけでニキビ跡そのものを根本的に改善させることは難しいとされます。

 

 

アクネス25の副作用

 

 

アクネス25は基本的に保湿クリームのように安全に使えるため、副作用が起こらないとされます。

 

 

しかし稀にですが、肌の発疹、発赤、刺激感、かゆみなどが生じてしまう可能性が高いです。また肌が弱い人が使うと、ひりひりと肌が荒れてしまう場合がありますので注意してください。

 

 

また使用中に副作用の症状を感じたら、数日は使いつづけてみて、それでも副作用が治まらない場合には使用を中止するようにしましょう。

 

 

アクネス25のニキビへの使い方

 

 

アクネス25でニキビを治す場合の使い方ですが、

 

 

①アクネス25は1日2回洗顔後に使用していきます。体に塗る場合には1日1回入浴後に塗ります。

 

 

②化粧水を使っている場合には薬を塗る前に使用します。

 

 

③手に少量をとって、ニキビ部分とその周辺を塗るようにしていきます。

 

 

④初期ニキビには1週間、赤ニキビやニキビ跡の赤みには1か月使用していきます。それでも改善しなければ使用を控えましょう。

 

 

以上がアクネス25のニキビへの使い方です。ニキビが治ったら使用は控えるようにしましょう。

 

 

イソプロピルメチルフェノールは非常に強い殺菌性を持っているので、この成分を今まで使用したことがない方にはニキビが治ることが期待できます。

 

 

ということでアクネス25のニキビへの効果と使い方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ