ニキビとリボナミン錠F

リボナミン錠Fのニキビへの効果と副作用、飲み方について!

リボナミン錠Fのニキビへの効果と副作用、飲み方について!

 

 

リボナミン錠Fは小林製薬が販売している肌荒れ、口内炎に効く飲み薬です。中身は肌色になっています。

 

 

薬局やドラッグストアでも売られています。値段は2か月分で1800円となっています。そしてこのリボナミン錠Fはニキビ、ニキビ跡に対しても効果があるとされます。

 

 

ここではリボナミン錠Fのニキビへの効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

リボナミン錠Fのニキビへの効果について

 

 

リボナミン錠Fには有効成分としてリボフラビン、ピリドキサールリン酸エステル水和物、ニコチン酸アミド、ビオチン、ヨクイニンエキスの5種類が配合されています。

 

 

それぞれがどのようにニキビに効くのか解説したいと思います。

 

 

①リボフラビン

 

 

リボフラビンはビタミンB2のことであり、美肌ビタミンとも呼ばれています。このビタミンB2が不足すると口周りや顎周りにニキビができてしまいます。

 

 

ですのでリボナミン錠Fを服用することで、これらのニキビに対して効いていきます。また新陳代謝を高める働きもあり、ターンオーバーが促されてニキビ跡を促していきます。

 

 

②ピリドキサールリン酸エステル水和物

 

 

ピリドキサールリン酸エステル水和物は活性型ビタミンB6と呼ばれており、通常のビタミンB6よりも効果が高いです。

 

 

ビタミンB6はタンパク質を供給を促して髪の毛や爪、そして皮膚の角質を形成させる働きを持っており、毛穴の詰まりなどを防いでいきます。

 

 

③ニコチン酸アミド

 

 

ニコチン酸アミドはタンパク質の一種であり、ビタミンB6との相乗効果によって角質形成が促していきます。

 

 

④ビオチン

 

 

ビオチンはビタミンHのことで、アトピー治療などにも用いられます。抗酸化作用があるため肌荒れに対して効果があります。

 

 

⑤ヨクイニンエキス

 

 

ヨクイニンはハトムギの種子の種皮のことであり、イボ取りの効果があります。さらに抗炎症作用があり、ニキビ跡の赤みや肌荒れを鎮静させることも可能です。

 

 

以上のようにリボナミン錠Fはニキビに対して効果があるとされます。ただし殺菌作用はないためアクネ菌は死滅させることはできないです。

 

 

リボナミン錠Fのニキビへの効き目

 

 

リボナミン錠Fを摂取することによってどれくらいでニキビに効くのかというと

 

・口周りや顎周りのニキビに対してはおよそ2~3日ほどで治っていきます。

 

・ニキビ跡の赤みや炎症ニキビに対してはおよそ1~2週間ほどで鎮静されていきます。

 

・ニキビ跡そのものであれば、ターンオーバーが促されることで4週間ごとに改善されていきます。

 

以上のようにリボナミン錠Fはニキビに対して効いていきます。

 

 

また殺菌作用のあるニキビ用の塗り薬を使うことで、さらに早く治すことが可能となります。市販ではペアアクネクリームなどが使いやすくおすすめです。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:1本(14g)あたり883円

 

即効性:軽度のニキビは3日以内、赤ニキビは5~10日

 

 

イソプロピルメチルフェノールには殺菌作用がありアクネ菌を死滅させることができます。余裕があればリボナミン錠Fと併用してみましょう。

 

 

リボナミン錠Fの副作用について

 

 

リボナミン錠Fには生薬も含まれているので、副作用が生じてしまうことがあります。

 

 

稀にですが、皮膚のかゆみ、発疹、炎症、食欲不振、だるさなどの症状が起こる可能性があります。その場合には服用は控えましょう。

 

 

基本的にステロイドや抗生物質は含まれていないので安全性は高いので心配しないでください。

 

 

リボナミン錠Fのニキビへの飲み方について

 

 

リボナミン錠Fでニキビを治す場合の飲み方についてですが、

 

①基本的に1日1回就寝前に2錠服用するだけですので簡単です。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水と一緒に飲むようにしていきます。水は飲み切りようにしましょう。

 

 

③また余裕があれば朝と夜の洗顔後にニキビ用の塗り薬を使うようにしましょう。

 

 

④ニキビを治す場合にはリボナミン錠Fは最低1か月は飲むようにしましょう。それでも効果がなければ控えましょう。

 

以上のようにリボナミン錠Fを飲むようにしていきます。ニキビが治ったら服用は控えましょう。

 

 

リボナミン錠FにはヨクイニンやビタミンB群もしっかりとも含まれているので試してみる価値は大いにあります。

 

 

ということでリボナミン錠Fのニキビへの効果と副作用、飲み方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ