ニキビとネオビタホワイトプラス

ネオビタホワイトプラスのニキビ跡への効果と副作用、飲み方!

ネオビタホワイトプラスのニキビ跡への効果と副作用、飲み方!

 

 

 

ネオビタホワイトプラスは皇漢堂製薬株式会社が製造しているシミやそばかす用の飲み薬とされます。

 

 

中身は白い錠剤タイプとなっています。ドラッグストアでも売られており、値段は180錠(1か月分)で4200円となっています。

 

 

そしてこのネオビタホワイトプラスはニキビ、ニキビ跡に対して有効と言えます。

 

 

ここではネオビタホワイトプラスのニキビ跡への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

ネオビタホワイトプラスのニキビ跡への効果

 

 

ネオビタホワイトプラスには成分としてアスコルビン酸、L-システイン、コハク酸d-α-トコフェロール、リボフラビン酪酸エステルの4つが配合されています。

 

 

それぞれがどのようにニキビに対して効いてくるのか簡単に解説したいと思います。

 

 

①アスコルビン酸

 

 

アスコルビンはビタミンCのことであり、疲れの元である乳酸を分解する作用があります。

 

 

さらにアスコルビン酸はシミやそばかすのを引き起こすメラニン色素を抑える働きを持っています。

 

 

またメラニン色素はニキビ跡の色素沈着の原因にもなるので、アスコルビン酸はニキビ跡にも有効です。

 

 

②Lシステイン

 

 

Lシステインはアミノ酸の一種であり、髪の毛や爪などを形成する働きを持っています。

 

 

またLシステインは角質をつくる働きも持っており、皮脂詰まりを防ぐ作用があるとされます。

 

 

③コハク酸d-α-トコフェロール

 

 

コハク酸d-α-トコフェロールはビタミンEの一種で、抗酸化作用があることで肌荒れを改善することができます。

 

 

さらに肌の新陳代謝を促して、ターンオーバーを促すことによってニキビ跡を改善することができます。

 

 

④リボフラビン酪酸エステル

 

 

リボフラビン酪酸エステルはビタミンB2の一種であり美肌ビタミンとも呼ばれています。

 

 

このビタミンB2が不足してしまうとそのサインとして口周りや顎周りのニキビが起こってしまいます。

 

 

そのため、ネオビタホワイトプラスを服用してビタミンB2を摂取することで、それらのニキビに対して効いていきます。

 

 

以上のようにネオビタホワイトプラスはニキビに効いていきます。ただしネオビタホワイトプラスには殺菌作用と抗炎症作用はないため注意してください。

 

 

ネオビタホワイトプラスの効き目について

 

 

ネオビタホワイトプラスを服用することでどれくらいでニキビに効くのかというと

 

・口周りや顎周りの軽度のニキビに対しては1週間ほどで治っていきます。

 

・赤ニキビや肌荒れに対してはおよそ2週間ほどで改善されていきます。

 

・ニキビ跡に対してはおよそ4週間ごとに肌のターンオーバーが促され改善されていきます。

 

・またシミやそばかすに対してもおよそ4週間ごとにどんどん薄くなっていきます。

 

以上のようにネオビタホワイトプラスはニキビに効いていきます。またニキビ用の塗り薬を併用することでより治りが早くなるためお勧めと言えます。

 

 

市販では抗炎症作用と殺菌作用を兼ね備えたペアアクネクリームがおすすめと言えます。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:1本(14g)あたり883円

 

即効性:軽度のニキビは3日以内、赤ニキビは5~10日

 

イブプロフェンピコノールは抗炎症相があり、イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用があります。できれば併用することをおすすめします。

 

 

ネオビタホワイトプラスの副作用について

 

 

ネオビタホワイトプラスには強い成分は含まれていないため、ほとんど起こることはありません。

 

 

ただし稀にですが、吐き気、胃腸の不快感などの症状が挙げられます。もし症状が出たら服用は控えましょう。

 

 

基本的に安全性は高いので安心してください。

 

 

ネオビタホワイトプラスのニキビへの飲み方について

 

 

ネオビタホワイトプラスでニキビを治す場合の飲み方についてですが、

 

 

①基本的に1日3回(1回2錠)毎回の食事の後に服用するようにしていきます。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水と一緒に飲むようにしていきます。

 

 

③併用してニキビ用の塗り薬を1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきましょう。

 

 

④ニキビに対して服用する場合には1か月は必ず服用しつづるようにしていきましょう。それでも効果がなければ控えましょう。

 

以上のようにネオビタホワイトプラスを飲むようにしていきます。

 

 

ネオビタホワイトプラスはニキビに必要な栄養がしっかりと配合されているので試してみる価値は大いにあります。

 

 

ということでネオビタホワイトプラスのニキビへの効果と副作用、飲み方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ