キミエホワイトプラスとニキビ

キミエホワイトプラスのニキビ跡への効果と副作用、飲み方!

キミエホワイトプラスのニキビ跡への効果と副作用、飲み方!

 

 

キミエホワイトプラスは富山常備薬のシミ、そばかす対策用の飲み薬です。中身は白い錠剤となっています。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られておらず、通販サイトで購入する必要があります。単品(1か月分))だと4200円となっています。

 

 

ここではキミエホワイトプラスのニキビ跡への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

 

キミエホワイトプラスのニキビへの効果

 

 

キミエホワイトプラスには有効成分としてL-システイン、アスコルビン酸、パントテン酸カルシウムの3つが配合されています。それぞれがどのようにニキビに効くのか解説します。

 

 

①L-システイン

 

 

Lシステインはアミノ酸の一種となっております。肌細胞の代謝を正常化させる働きがあり髪の毛や爪などの生成を促す成分です。

 

 

また肌のターンオーバーを促す働きを持っており、古い角質などの入れ替わりを起こす効果があります。そのためLシステインは肌荒れに対して効いていきます。※特にシミやそばかすに効果的な美容液などに配合されています。

 

 

②アスコルビン酸

 

 

アスコルビン酸はビタミンCの一種となります。アスコルビン酸はシミやそばかす、色素沈着の原因となるメラニン色素の発生を抑制します。

 

 

これによってアンチエイジングだけでなく、ニキビ跡の色素沈着を抑える働きをもっています。

 

 

その他にもアスコルビン酸は疲れの元である乳酸を分解する働きを持っているため、疲労回復の効果があります。

 

 

さらに腸内の善玉菌のエサとなるため腸内環境を整える働きを持っており、便秘解消の効果が得られます。

 

 

③パントテン酸カルシウム

 

 

パントテン酸カルシウムはビタミンB5の一種となります。このパントテン酸カルシウムは一部の皮膚科でも、ニキビ治療の内服薬として処方されることがあります。

 

 

パントテン酸カルシウムは肌の新陳代謝を促す働きを持っており、ニキビ跡を普通肌へと改善させることができます。

 

 

以上のようにキミエホワイトプラスはニキビに対して効いていきます。ただしキミエホワイトプラスには殺菌作用はないため、ニキビの元であるアクネ菌は残ってしまいます。

 

 

殺菌作用のある薬ということでオロナインなどが併用するのにおすすめと言えます。

 

 

会社;大塚製薬

 

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液

 

値段:30g450円

 

クロルヘキシジングルコン酸塩液がニキビの元であるアクネ菌を殺菌してくれます。

 

 

キミエホワイトプラスのニキビへの効き目

 

 

キミエホワイトプラスを服用することでどれくらいでニキビに効くのかというと

 

・肌荒れに対してはおよそ1~2週間ほどで改善されていきます。

 

・ニキビ跡に対しては肌のターンオーバーが促されるおよそ4週間後に改善されていきます。

 

・シミやそばかすに対してはおよそ4週間後ほどで改善されていきます。

 

以上のようにキミエホワイトプラスはニキビに対して効いていきます。ニキビ用の塗り薬を併用することでより治りが早くなるでしょう。

 

 

キミエホワイトプラスの副作用について

 

 

キミエホワイトプラスにはステロイドや抗生物質は含まれていないので安全性は高いとされます。

 

 

ただし稀にですが、皮膚のかゆみ、発疹、お腹の不快感などの症状が挙げられます。もし副作用が生じたら服用は控えましょう。

 

 

基本的に用法用量を守れば、問題ないので安心してください。

 

 

キミエホワイトプラスのニキビへの飲み方について

 

 

キミエホワイトプラスでニキビを治す場合の飲み方についてですが、

 

①基本的に1日3回(1回1錠)毎回の食後に服用するようにしていきます。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水と一緒に飲むようにしていきます。水は飲み切るようにしましょう。

 

 

③そしてできれば朝と夜の洗顔後にニキビ用の塗り薬を併用するようにしましょう。

 

 

④最低でもニキビ跡に対しては4週間は服用するようにしていきます。それでも効果がなければ服用は控えましょう。

 

以上のようにキミエホワイトプラスを飲むようにしていきます。ニキビが治った後も飲み続けることができます。

 

 

ちなみに市販のニキビ薬で同じ成分を配合しているものではハイチオールBが挙げられます。

 

 

会社:エスエス製薬

 

値段:80錠(20日分)で802円

 

成分:Lシステイン、アスコルビン酸、パントテン酸カルシウム、リボフラビン酪酸エステル、ピリドキシン塩酸塩

 

 

ぶっちゃけ市販のハイチオールBの方が成分も変わらず、安いのでおすすめかなと思います。

 

 

ということでキミエホワイトプラスのニキビ跡への効果と副作用、飲み方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ