ニキビとシスティナC

システィナCのニキビ跡への効果と副作用、飲み方!

システィナCのニキビ跡への効果と副作用、飲み方!

 

 

システィナCは第一三共ヘルスケアが製造しているシミやそばかすに効く飲み薬となります。

 

 

中身は白い錠剤となっており、薬局やドラッグストアでも売られており、値段は1個(2週間分)で1800円となります。

 

 

そしてこのシスティナCを服用することによってニキビに対しても効果があるとされます。※特にニキビ跡に対しても効いていきます。

 

 

ここではシスティナCのニキビ跡への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

システィナCのニキビへの効果

 

 

システィナCには有効成分としてL-システイン、アスコルビン酸、ピリドキシン塩酸塩、パントテン酸カルシウムの4つが配合されています。

 

 

それぞれがどのようにニキビに対して効くのか解説したいと思います。

 

 

①L-システイン

 

 

L-システインというのは抗酸化作用のあるアミノ酸のことです。

 

 

L-システインを摂取することによって、髪の毛や皮膚の生成を促す作用があり、肌荒れやニキビ跡を改善する効果もあります。

 

 

またL-システインはシミやそばかすの原因とされるメラニン色素を抑える働きも持っており、さらにニキビ跡の色素沈着も抑えることが可能となっています。

 

 

②アスコルビン酸

 

 

アスコルビン酸というのはビタミンCの一種となります。アスコルビン酸はL-システインと同じく、メラニン色素の生成を抑えてくれます。

 

 

さらにアスコルビン酸が腸内に運ばれることによって、善玉菌のエサとなって腸内環境を整えることができます。これによって腸内環境の乱れによる肌荒れや顎周りのニキビに対しても効果があります。

 

 

③ピリドキシン塩酸塩

 

 

ピリドキシン塩酸塩はビタミンB6のことです。

 

 

ビタミンB6はアミノ酸(タンパク質)を供給する作用があり、皮膚・粘膜・毛髪・歯など生成を促す作用があるとされています。

 

 

もしビタミンB6が不足してしまうと細胞間の水分が低下してしまい、肌が乾燥してしまいます。また肌荒れや口周りのニキビなどもビタミンB6が不足するとそのサインとして起きてしまいます。

 

 

④パントテン酸カルシウム

 

 

パントテン酸カルシウムはビタミンB3のことで、アトピーの治療などに用いられます。

 

 

パントテン酸カルシウムが摂取されることによって、ビタミンEの産出を促して、肌の新陳代謝の活性化を促すようになります。

 

 

これによって肌のターンオーバーが活発になり、ニキビ跡が普通肌へと改善されていくとされています。

 

 

以上のようにシスティナCはニキビに対して効果があるとされています。ただし抗生物質のように抗炎症作用や殺菌作用はありません。

 

 

システィナCのニキビへの効き目

 

 

システィナCを服用することによって、どれくらいでニキビに対して効くのかというと

 

・口周りや顎周りのニキビに対してはおよそ1週間ほどで改善されていきます。

 

・肌荒れなどはおよそ2~3週間ほどで改善されていきます。

 

・シミ、そばかす、そしてニキビ跡の場合にはおよそ4週間ほどで肌のターンオーバーが促されて改善されていきます。

 

以上のようにシスティナCはニキビに対して効いていきます。ただしニキビ用の塗り薬を併用することでより早くなります。

 

 

システィナCの副作用について

 

 

システィナCには基本的にビタミンしか配合されていないので、副作用が生じることはほとんどありません。

 

 

ただし稀にですが、皮膚のかぶれ、発疹、炎症などの症状が挙げられる場合があります。もし副作用が生じたら服用は控えましょう。

 

 

基本的に安全性は高いので、問題はありません。

 

 

システィナCのニキビへの飲み方について

 

 

システィナCでニキビを治す場合の飲み方についてですが、

 

 

①システィナCは基本的に1日3回(1回2錠)毎食の後に服用するようにしていきます。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水(200ml)と一緒に飲むようにしていきましょう。水はしっかりと飲み切りましょう。

 

 

③またできればシスティナCだけでなく、ニキビ用の塗り薬も朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきましょう。

 

 

④赤ニキビなどを治す場合には2週間、ニキビ跡に対しては4週間服用するようにしていきましょう。それでも効果がなければ服用は控えましょう。

 

以上のようにシスティナCを服用するようにしていきます。ニキビが治った後も飲み続けても構いません。

 

 

システィナCはニキビ治療に必要なビタミンがそろっているので、予防としても是非服用することをおすすめします。

 

 

ということでシスティナCのニキビ跡への効果と副作用、飲み方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ