ニキビと緑の知恵

緑の知恵はニキビ跡にも効く!?効果と副作用、飲み方!

緑の知恵はニキビ跡にも効く!?効果と副作用、飲み方!

 

緑の知恵のサン・クラルテ製薬が製造している肌荒れや乾燥肌対策用のサプリメントです。名前の通り緑色の錠剤タイプとなっており、緑茶のような香りがします。

 

 

 

ドラッグストアなど、市販はされておらず通販で購入する必要があります。値段は1か月分(72粒)で3900円となっています。

 

 

そして緑の知恵はニキビに対しても効果があるとされます。ニキビ特に顎ニキビやニキビ跡に対しても効いていきます。

 

 

ここでは緑の知恵はニキビへの効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

緑の知恵のニキビへの効果

 

 

緑の知恵の成分の中でニキビに有効とされるのはシソ、アスパラガス、大豆イソフラボン、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEの7つが挙げられます。

 

 

それぞれがどのようにニキビに効くのか解説したいと思います。

 

 

①シソとアスパラガス

 

 

シソとアスパラガスは肌の新陳代謝を高める働きを持っています。これにより肌のターンオーバーが促されニキビ跡も改善されていきます。

 

 

またアスパラガスはタバコに含まれるニコチンを分解することができるため、タバコを吸う方でニキビができている方には効果的です。

 

 

シソやアスパラガスがサプリメントとして配合されているのは非常に珍しいと言えます。

 

 

②大豆イソフラボン

 

 

大豆イソフラボンはエストロゲンの分泌を促していき、黄体ホルモンとのバランスを保つことができます。

 

 

特に生理前や妊娠中は黄体ホルモンの分泌が活発になっているため、そのサインとして肌荒れや顎周りのニキビができてしまいます。

 

 

しかし緑の知恵で大豆イソフラボンを摂取することで、それらの肌荒れやニキビをケアすることができます。豆乳イソフラボンが配合されているのは珍しいと言えますね。

 

 

③ビタミンB2とビタミンB6

 

 

そしてビタミンB2を摂取することによって皮脂分泌の調節をすることができます。特に脂性肌の方が摂取すると皮脂の抑制され、乾燥肌の方が摂取すると皮脂の分泌が活発になっていきます。

 

 

ビタミンB6は美肌ビタミンと呼ばれ、高い抗酸化作用を持っています。ビタミンB6を摂取することで肌荒れやニキビによる炎症を鎮静することができます。

 

 

またビタミンB群は腸内の善玉菌のエサになるため、腸内環境を整えることができ、便秘などにも効きます。

 

 

④ビタミンEとビタミンC

 

 

ビタミンEは新陳代謝を活性化させることで、ニキビ跡を普通肌へと改善させることができます。

 

 

ビタミンCはメラニン色素を阻害する働きを持っており、肌のシミやそばかすを改善して、ニキビ跡の色素沈着にも効果があるとされます。

 

 

以上のように緑の知恵はニキビに対して効いていきます。

 

 

緑の知恵のニキビへの効き目について

 

 

緑の知恵はどれくらいでニキビに対して効いてくるのかというと

 

・大豆イソフラボンによりホルモンバランスは2週間後に安定されていきます。

 

・皮脂分泌の調整はおよそ1~2週間後に調整されていきます。

 

・ニキビ跡はおよそ4週間後に肌の新陳代謝が活性化されて、改善されていきます。

 

・ニキビによる色素沈着もおよそ1~2か月は飲み続けることで改善されていきます。

 

以上のように緑の知恵はニキビに対して効いていきます。またニキビ用の塗り薬と併用することで、さらに治りも早くなるでしょう。

 

 

緑の知恵の副作用について

 

 

緑の知恵は医薬品ではなく、健康食品の一種であるため、薬用作用のある成分は含まれないため安全性は高いです。

 

 

ただし稀にですが、発疹、炎症、かゆみ、胃の不快感などの症状が起こる場合があります。その場合には緑の知恵の服用は控えましょう。

 

 

基本的に飲みすぎても、ビタミンは尿などと一緒に排出されるためそこまで副作用について心配しなくて問題ないでしょう。

 

 

緑の知恵の飲み方について

 

 

緑の知恵によってニキビを治すための飲み方について解説したいと思います。

 

①緑の知恵は基本的に1日1回(1回3~6粒)好きな時に服用するようにしていきます。

 

 

②服用する際には水と一緒に飲むようにしていきます。後は特に何もしません。

 

 

③また緑の知恵だけでなく、朝と夜の洗顔後にニキビ薬の塗るようにしていきましょう。

 

 

④ニキビを改善するためには最低でも1か月は飲み続けるようにしていきましょう。※余裕があれば2か月は飲み続けましょう。

 

それでも何も変化がなければ緑の知恵でのニキビケアは控えましょう。

 

以上のように緑の知恵はニキビに対して飲むようにしましょう。また緑の知恵だけに頼らずに普段のスキンケアも怠らないようにしましょう。

 

 

緑の知恵にはビタミンB、ビタミンE、大豆イソフラボンなどニキビを治すのに必要な栄養素が含まれるので試してみる価値はありますね!!

 

 

ということで緑の知恵はニキビへの効果と副作用、飲み方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ