ニキビとチョコラbbプラス

チョコラbbプラスのニキビへの効果と副作用、飲み方!

チョコラbbプラスのニキビへの効果と副作用、飲み方!

 

 

 

チョコラbbプラスはエーザイ株式会社が製造している肌荒れ、口内炎用の飲み薬です。全国の薬局やドラッグストアでも売られており、値段は60錠(1か月分)で1382円となっています。

 

 

そしてこのチョコラbbプラスはニキビ、ニキビ跡に対しても効果があるとされます。特に食生活の乱れや疲れがたまっている方のニキビには有効とされます。

 

 

ここではチョコラbbプラスのニキビへの効果と副作用、飲み方についてお伝えします。また同じ市販のニキビ用の飲み薬であるハイチオールBとの違いも解説したいと思います。

 

 

チョコラbbプラスのニキビへの効果

 

 

チョコラbbプラスにはリボフラビンリン酸エステルナトリウム、ピリドキシン塩酸塩、チアミン硝化物、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウムの5つの有効成分が配合されており、それぞれがどのようにニキビに効くのか解説したいと思います。

 

 

①リボフラビンリン酸エステルナトリウム

 

 

リボフラビンリン酸エステルナトリウムはビタミンB2のことです。このリボフラビンリン酸エステルナトリウムを摂取することで、皮膚や粘膜の健康維持に働きます。

 

 

さらに脂肪の代謝を助けエネルギーに変えることができるため、ダイエットとしても効果があります。

 

 

②ピリドキシン塩酸塩

 

 

ピリドキシン塩酸塩はビタミンB6のことです。このピリドキシン塩酸塩はビタミンB2と同様に皮膚や粘膜の健康維持に働きます。

 

 

またタンパク質の代謝を助けエネルギーに変えます。またビタミンB6は善玉菌のエサとなり腸内環境を整えてくれる働きを持っています。

 

 

③チアミン硝化物

 

 

そしてチアミン硝化物はビタミンB1のことです。糖質(炭水化物)の代謝を助けることでエネルギーに変える効果があります。

 

 

これらのビタミンB群を摂取することで睡眠不足や栄養不足による口周りや顎周りのニキビに対して効いていきます。

 

 

④ニコチン酸アミドとパントテン酸カルシウム

 

 

そしてニコチン酸アミドとパントテン酸カルシウムの2つは皮膚や粘膜の健康維持に働きます。

 

 

またパントテン酸カルシウムは新陳代謝を高めることによって、肌のターンオーバーを促していきます。これによりニキビ跡も改善することができます。

 

 

以上のようにチョコラBBプラスはニキビに対して効いていきます。

 

 

チョコラbbプラスのニキビへの効き目

 

 

チョコラbbプラスを服用することで、どれくらいでニキビに効くのかというと

 

 

・口周りや顎周りのニキビに対してはおよそ1~2週間ほどで効いていきます。

 

・ニキビ跡の場合には肌のターンオーバーを促すことでおよそ1か月後に改善されていきます。

 

以上のようにチョコラbbプラスはニキビに対して効いていきます。

 

 

またチョコラbbプラスと一緒に塗り薬を併用するのがよいでしょう。特に市販のペアアクネクリームが挙げられます。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは1日 赤ニキビは5~10日

 

抗炎症作用と殺菌作用の2つを持っているのでチョコラbbプラスと併用することであらゆるニキビを治すことができます。

 

 

チョコラbbプラスの副作用について

 

 

チョコラbbには薬用成分は配合されていないので、大きな副作用が起こることはありません。

 

 

ただし稀にですが食欲不振、だるさ、皮膚のかゆみ、炎症などの症状が起こる場合があります。もし副作用が生じたら服用は控えましょう。

 

 

基本的に副作用が起こることはないので安心してください。ただ15歳以下の方や妊婦さんは服用しないようにしましょう。

 

 

チョコラbbプラスのニキビへの飲み方について

 

 

チョコラbbプラスでニキビを治す場合の飲み方についてですが、

 

①基本的にチョコラbbプラスは1日1回(1回1錠)朝食か夕食の後に服用するようにします。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水かお湯と一緒に飲むようにします。水は飲み切りましょう。

 

 

③チョコラbbプラスを服用しつつ、ニキビ用の塗り薬を朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきましょう。

 

 

③最低でも1か月は服用するようにします。それでも効果がなければチョコラbbプラスの服用は控えるようにします。

 

以上のようにチョコラbbプラスはニキビに対して効いていきます。ニキビが治った後も予防のために飲み続けることができます。

 

 

チョコラBBプラスとハイチオールBはどちらが良い?

 

 

チョコラBBプラスとよく比べられるのがハイチオールBでどちらもニキビに効く市販の飲み薬です。

 

 

錠剤タイプとドリンクタイプ、ニキビを治すためにどちらが良いのかということがよく疑問に持たれています。最後に回答したいと思います。

 

 

会社:エスエス製薬株式会社

 

成分:Lシステイン、リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、アスコルビン酸、パントテン酸カルシウム

 

値段:80錠(20日分)で802円

 

用法用量:1日1杯すきなときに飲む

 

 

チョコラBB、ハイチオールBにもビタミンB2とビタミンB6が含まれます。最大の違いはハイチオールBにはLシステイン、アスコルビン酸が含まれていることです。

 

 

これらはどちらもメラニン色素を抑える働きがありニキビ跡、特に色素沈着を抑える働きがあります。

 

 

もしニキビを治すために飲み分けるとした場合には

 

・炎症ニキビ、アルコールによるニキビ、初期ニキビにはチョコラBB

 

・ニキビ跡、色素沈着などにはハイチオールB

 

というのを目安にして選びようにしていきましょう。チョコラbbプラスもニキビ跡に効きますがハイチオールBの方がより効きます。

 

ということでチョコラbbプラスのニキビへの効果と副作用、飲み方についてでした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ