ニキビとシナールイクシ

シナールイクシのニキビ跡への効果と副作用、飲み方とは!

シナールイクシのニキビへの効果と副作用、飲み方とは!

 

シナールイクシは塩野義製薬から製造されているシミ・そばかす用の飲み薬です。薬局やドラッグストアでも一部売られており、値段は200錠(1か月分)で2000円ほどとなっておりますね。

 

 

シナールイクシの中身は黄色い錠剤になっております。そしてこのシナールイクシはニキビ、ニキビ跡に対して効果があるとされます。

 

 

ここではシナールイクシのニキビへの効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

シナールイクシのニキビへの効果

 

 

シナールイクシにはアスコルビン酸、L-システイン、パントテン酸カルシウムの3つが有効成分として配合されています。それぞれがどのようにニキビに効くか解説したいと思います。

 

 

①アスコルビン酸

 

 

アスコルビン酸というのはビタミンCのことです。このビタミンCがしみやそばかすの原因となるメラニン色素を阻害することができます。

 

 

またニキビ跡の色素沈着もメラニン色素は引き起こしてしまうので、シナールイクシを服用することでニキビ跡も改善させることができます。

 

 

②L-システイン

 

 

L-システインはシミやそばかす用の飲み薬や美容液などによく配合されている成分です。肌の新陳代謝を促すことによってニキビ跡を改善させることができます。

 

 

またL-システインは肌細胞を正常化する働きを持っています。肌のキメも作り出すため、肌荒れに対して有効とされています。

 

 

③パントテン酸カルシウム

 

 

そしてパントテン酸カルシウムというのはビタミンB5の一種とされます。パントテン酸カルシウムが体に摂取されることによって、皮膚の代謝を正常にする働きを持っています。

 

 

特に皮脂分泌が不足して乾燥している場合には皮脂の分泌を促し、皮脂が過剰に分泌されていればそれを抑えていきます。おでこのニキビや鼻ニキビなどを予防したり、乾燥によるニキビも防いでくれます。

 

またビタミンBが不足するとそのサインとして顎周りや口周りにニキビができるのでそれらのニキビも改善させることができます。

 

 

以上のようにシナールイクシはニキビに対して効果があるとされます。ニキビだけでなく、シミ、そばかす、くすみ、美白作用など様々な効果も得られます。

 

 

ただしシナールイクシではアクネ菌を殺菌することができないので注意してください。

 

 

シナールイクシはどれくらいでニキビに効いてくる!?

 

 

シナールイクシはニキビ対策として飲むことによってどれくらいでニキビに効いてくるのでしょうか?

 

・顎周りの肌荒れやニキビなどはパントテン酸が効いて1~2週間ほどで改善されていきます。

 

・ニキビ跡の色素沈着はアスコルビン酸によって1か月~2か月ほどで改善されていきます。

 

・Lシステインやアスコルビン酸による美白作用は服用から1か月ほどであらわれていきます。

 

以上のようにシナールイクシはニキビに対して効果があるとされます。またニキビ用の塗り薬と併用することによってより早くニキビを改善させることができます。

 

 

シナールイクシの副作用にはどのようなものがある?

 

 

シナールイクシは基本的に抗生物質など強い成分が含まれるわけではないので副作用が生じることはありません。

 

 

ただし稀にですが発疹、かゆみ、吐き気・嘔吐、腹痛などが生じる場合があります。もしこれらの症状が起きたら服用は控えるようにしてください。

 

 

用法用量をしっかりと守ればシナールイクシを服用してもほとんど起こることはないので安心して下さい。ただし7歳未満は服用できません。

 

 

シナールイクシでニキビを治す場合の飲み方

 

 

シナールイクシでニキビを治す場合の飲み方についてですが

 

 

①基本的にシナールイクシは1日3回(1回2錠)食後に服用するようにしていきます。

 

 

②服用するときは水と一緒に飲むようにしてください。水をしっかりと飲まないと胃が荒れる可能性があります。

 

 

③もし服用後に違和感を感じた場合には服用は控えるようにしましょう。またニキビ用の塗り薬と併用することができます。

 

 

③最低でも1ヶ月間は飲み続けるようにしましょう。それでも何も効果がなければ服用は控えるようにしましょう。

 

 

④またニキビが治った後も予防としてシナールイクシは服用し続けることができます。

 

以上のようにシナールイクシはニキビに対して服用するようにしていきます。

 

 

ちなみにシナールイクシは市販されていますが、病院で処方される薬としてシナール配合錠というものがあります。

 

 

会社:塩野義製薬

 

値段:1錠あたり6.20円

 

有効成分:パントテン酸(ビタミンB5)、アスコルビン酸(ビタミンC)

 

用法用量:1日1~3回(1回1~3錠)食後に服用する

 

 

シナール配合錠にはLシステインは配合されていませんが、他はシナールイクシと同じ成分が配合されています。

 

 

そのためシナールイクシの方が多様な効果が得られると言えるのでおすすめです。ニキビだけでなく美白作用もあるので是非試してみてください。

 

 

ということでシナールイクシのニキビへの効果と副作用、飲み方についてお伝えしたいと思います。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ