トラネキサム酸錠とニキビ

トラネキサム酸錠のニキビ跡への効果と副作用、飲み方!

トラネキサム酸錠のニキビ跡への効果と副作用、飲み方!

 

 

トラネキサム酸錠は皮膚科でのどの炎症、全身の湿疹、そしてシミやそばかすの治療に用いられます。トラネキサム酸錠の先発品は第一三共であり、最もよく処方されます。

 

 

トラネキサム酸錠の中身は白色の錠剤となっております。そしてこのトラネキサム酸はニキビ、ニキビ跡に対しても効果があるとされます。

 

 

ここではトラネキサム酸のニキビ跡の効果と副作用、飲み方についてお伝えします。またトラネキサム酸を配合した市販の飲み薬や化粧品があるのでそちらも合わせて紹介したいと思います。

 

 

トラネキサム酸錠のニキビ跡への効果

 

 

トラネキサム酸錠の有効成分は名前の通り、トラネキサム酸です。このトラネキサム酸がニキビに対してどのように作用をもたらすのでしょうか。

 

 

このトラネキサム酸は一言でいうと抗プラスミン作用が働いていきます。プラスミンというのはシミやニキビ跡、ニキビの炎症を引き起こすメラサイトの働きを活発にさせます。

 

 

しかしトラネキサム酸錠を服用することでトラネキサム酸が働いて、プラスミンという物質の生成を抑制することができます。するとメラサイトの働きも低下することで、シミやニキビ跡、色素沈着などが鎮静されるようになっていきます。また美白作用もありますね。

 

 

このようにトラネキサム酸錠を服用することでニキビ、ニキビ跡に対して効いていきます。塗り薬や抗生物質、ステロイドなどの一般的なニキビ薬とは違った効果が得られるので、他の薬で治らなかった方は試してみる価値はあります。

 

 

トラネキサム酸錠のニキビへの効き目

 

 

トラネキサム酸錠を服用することで、どれくらいでニキビに効くのかというと

 

・赤ニキビの場合にはおよそ2週間服用することによって、鎮静されていきます。

 

・ニキビ跡の場合にはおよそ3~4週間服用することによって改善されていきます。

 

・ニキビ跡の色素沈着の場合には4週間以上服用することで改善されていきます。

 

・またシミやそばかすに対しての効果は早ければ、服用から1か月後に感じられるとされます。

 

以上のようにトラネキサム酸錠はニキビに対して効果があるとされます。ただし皮脂分泌を抑制したり、黒ニキビや白ニキビなどには効かないので注意してください。

 

 

シナール錠との違い

 

トラネキサム酸錠はよくシナール錠という内服薬と比較されます。どちらも皮膚科で処方され、シミ、そばかすに効きます。

 

 

会社:塩野義製薬株式会社

 

値段:1錠あたり6.20円

 

有効成分:パントテン酸(ビタミンB5)、アスコルビン酸(ビタミンC)

 

用法用量:1日1~3回(1回1~3錠)食後に飲んでいくようにする。

 

 

トラネキサム酸錠は薬用成分のトラネキサム酸によって症状を改善するのに対し、シナール錠はビタミンによってニキビを改善していきます。

 

 

そのためビタミン不足によるニキビ(顎周りや口周りのニキビ)であれば、シナール錠の方がよいでしょう。ただしニキビ跡に対しての場合にはトラネキサム酸錠の方が効果的です。

 

 

どちらが処方されるかは医師が診察して、判断していきます。

 

 

トラネキサム酸錠の副作用について

 

 

トラネキサム酸錠は薬用作用があるため、副作用が生じる場合があります。特に起こりやすい副作用としては皮膚のかぶれ、発疹、発赤、吐き気、食欲不振などが挙げられます。

 

 

もしトラネキサム酸錠でのニキビ治療中に副作用が生じた場合には使用は控えるようにしましょう。ただし報告例はほとんどないのでそこまで心配なさらないでください。

 

 

トラネキサム酸錠のニキビへの飲み方について

 

 

トラネキサム酸錠でニキビを治す場合の飲み方についてですが、

 

①トラネキサム酸錠は1日朝と昼と夜の食後に3回服用していきます。1回あたり1~2錠服用するようにします。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水(200ml)と一緒に飲むようにしていきます。しっかりと水は飲みきりないと副作用が起こる可能性があるので、しっかり飲みましょう。

 

 

③またトラネキサム酸錠とニキビ用の塗り薬は併用することができます。そのほか、生活習慣の改善などもできるだけ努力しましょう。

 

 

④服用中に違和感を感じた場合には、医師に連絡するようにしましょう。

 

 

⑤赤ニキビやニキビ跡に対しては1か月は服用していきます。それでも効果がなければ服用は控えましょう。

 

以上のようにトラネキサム酸錠はニキビに対して効果があると言えます。ある程度効き目がなくなると医師が治療の終了を告げる場合があります。

 

 

トラネキサム酸錠は他のニキビ薬とは違った作用をするので試してみる価値はあります。試したい場合には皮膚科を受診して相談しましょう。

 

 

市販のトラネキサム酸について

 

 

またトラネキサム酸は市販薬にも配合されているので、それらを服用することで皮膚科を受診せずとも、トラネキサム酸を試すことができます。

 

 

特にトラネキサム酸を配合した市販薬は飲み薬ならトランシーノ、化粧水ならばアクアレーベルが挙げられます。

 

 

トランシーノⅡ

 

 

会社:第一三共ヘルスケア

 

有効成分:トラネキサム酸

 

値段:120錠(1か月分)3400円

 

用法用量:朝食後に2錠、夕食後に2錠服用する

 

トラネキサム酸錠の先発品を販売している第一三共ヘルスケアのトランシーノⅡが挙げられます。皮膚科を受診せずともトラネキサム酸錠と同じ効き目が得られるので、ぜひ試してみてください。

 

 

市販されてはいるのですが、数が少ないので、ネットで購入するのがよいかもしれません。

 

 

アクアレーベル 美白用化粧水

 

 

会社;資生堂

 

有効成分:トラネキサム酸

 

値段:200ml1512円

 

用法用量:1日2回洗顔後に顔全体に塗るようにしていきます。

 

 

化粧水では有名なアクアレーベルの美白用化粧水にもこのトラネキサム酸が配合されています。肌に直接浸透させることで赤ニキビやニキビ跡を改善させることできます。

 

 

アクアレーベルは1日2回洗顔後に使い、最低でも1か月は使っていくようにしましょう。※飲み薬と併用するのも良いかもしれません。

 

 

トラネキサム酸を市販で試すには以上の2つが挙げられますね。ニキビ跡が改善され、さらに肌も白くなるという一石二鳥な成分なので試してみる価値はあるでしょう!!

 

 

ということでトラネキサム酸錠のニキビ跡への効果と副作用、飲み方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ