ニキビとマーベロン

マーベロンのニキビへの効果と飲み方!副作用で悪化も!?

マーベロンのニキビへの効果と飲み方!副作用で悪化も!?

 

 

 

マーベロンはMSD株式会社が製造している低用量ピルの一種です。主に婦人科などで避妊薬として処方されます。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られておらず、病院でのみ手に入れることができます。マーベロンの値段は1ヶ月分で1050円となっています。

 

 

そしてこのマーベロンはニキビに対しても効果があります。特に皮膚科では生理前のニキビに悩まされる方に飲み薬としてマーベロンが処方されることもあります。

 

 

マーベロンのニキビへの効果と副作用、そして飲み方についてお伝えします。※また人によってはニキビが悪化してしまう場合もあるのでその注意点についても紹介します。

 

 

マーベロンのニキビへの効果

 

 

マーベロンにはプロテスゲロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が配合されています。これらを摂取することによって性腺刺激ホルモンの分泌が抑制され排卵が起きなくなります。

 

 

このような作用によってマーベロンは避妊の効果が得られるとされます。そしてマーベロンがニキビに効果があるとされるのはエストロゲンによるものとされます。

 

 

エストロゲンがニキビを減らす

 

 

エストロゲンがニキビを減らすのは以下のメカニズムが働くからです。

 

 

①マーベロンを服用してエストロゲンを摂取することで、体内で性ホルモンと結合するタンパク質を作り出します。

 

 

②このタンパク質が血中のテストテロン(男性ホルモン)と結びつきます。テストテロンがなくなります。

 

 

③テストテロンはニキビの原因となっているため、テストテロンが減ることで同時にニキビも減ります。

 

 

以上のようにマーベロンはニキビに対して効いていきます。特にテストテロンによるニキビは頬ニキビや顎周りなどのUゾーンのニキビの原因となるため、マーベロンを服用することでそれらのニキビに効いていきます。

 

 

また避妊薬として処方されても、副次的な効果としてニキビや肌荒れが改善されます。

 

 

マーベロンのニキビへの効き目

 

 

マーベロンを服用することによってどれくらいでニキビに効いてくるのかというと21~28日間後にはエストロゲンがテストテロンを減らしてニキビも減らしていきます。

 

 

ただし28日間服用しても全く効果がない場合にはそれ以上服用しても効果は望めません。

 

 

また効果があればさらに1ヶ月~3ヶ月も飲み続けるようになり、どんどんニキビに効いていきます。塗り薬のような即効性はありませんが、じっくりと体の内側から体質ごとニキビを治します。

 

 

マーベロンの副作用について

 

 

マーベロンはホルモンを摂取するため、それによる副作用が生じてしまう場合があります。特に多いのが不正出血、吐き気、頭痛、乳房の張り、乳房痛などです。

 

 

これらはマーベロンの飲み始めに高い確率で起きてしまいます。しかし1~2週間服用し続ければほとんど治まってしまうので心配なさらないでください。

 

 

ただし手足のしびれ、痛み、息切れや胸の痛み、激しい頭痛などの症状は重い副作用とされます。もしこのような症状があらわれたら服用は控えるようにしましょう。

 

 

マーベロンでニキビが悪化する場合

 

 

マーベロンを服用することでニキビが治るどころか悪化してしまう場合があります。これには理由があります。

 

 

実はニキビ治療に処方されるマーベロンと避妊薬として処方されるマーベロンは違います。

 

 

何が違うのかというとエストロゲンの配合量です。ニキビ治療に用いられるマーベロンの方がエストロゲンの配合量が多いのです。

 

 

逆に避妊薬として処方されるマーベロンにはプロテスゲロン(黄体ホルモン)が多く含まれニキビを悪化させてしまいます。※生理前のニキビも黄体ホルモンの過剰な分泌によってできてしまいます。

 

 

マーベロンなどの低用量ピルは用途によって効き目が変わってくるので注意してください。

 

 

マーベロンの飲み方について

 

 

マーベロンでニキビを治す飲み方についてです。※避妊薬として処方されたマーベロンでは行わないでください。

 

 

①マーベロンは月経開始から5日目までに飲み始めていきます。

 

 

②そして1日1錠、毎日決まった時間に服用していきます。

 

 

③服用する場合にはコップ1杯の水と一緒に飲んでいくようにしましょう。水は飲み切るようにしてください。

 

 

④28日間しっかりと飲み続けるようにします。途中で服用を中止してはいけません。

 

 

⑤28日経過したら医師に診てもらい、続行する終了するか判断してもらいます。

 

 

以上がマーベロンでのニキビ治療の飲み方とされます。ただニキビの症状によって飲み方はかなり変わるので医師の説明をしっかりと聞くようにしましょう。

 

 

また場合にはよってはアルダクトンという薬と併用することもあります。

 

 

会社:ファイザー株式会社

 

成分:スピロノラクトン

 

薬価:1錠あたり22.2円

 

女性のニキビで塗り薬を塗っても全く効果がなかったのにマーベロンを服用することで劇的に改善された方が大勢いらっしゃいます。

 

 

ですので女性で生理前のニキビがなかなか治らない方にはおすすめと言えます。

 

 

食事でマーベロンと同じ効果を得る方法

 

 

最後に補足情報なのですがマーベロンはエストロゲン(卵胞ホルモン)によってニキビを減らします。そして食事でもこのエストロゲンを摂取することは可能です。

 

 

特におすすめとされるのが豆乳です。豆乳には大豆イソフラボンが含まれていますが、これが体内でエストロゲンと同じ働きをします。

 

 

 

また豆乳にはビタミンBも配合されており、皮脂分泌を調節する働きを持っています。ニキビケアとして豆乳を飲む場合の方法ですが

 

 

①ニキビケアにはビタミンBやイソフラボンが多く含まれている成分無調整豆乳が良いです。ただし味が全くないので調製豆乳でも構いません。

 

 

②1日200ml~500ml飲むようにします。500ml以上は飲まないようにしてください。飲む際にはなるべく何も混ぜないで飲みます。

 

 

③毎日しっかりと飲むようにして、最低1ヶ月間は飲み続けるようにしていきましょう。

 

 

④1ヶ月飲んでも効果がなければ飲むのを控えましょう。また効果がある場合には飲み続けることでニキビがさらに減っていきます。

 

 

以上のように豆乳を飲むことでマーベロンよりは効き目は劣りますが、同じような効果が得られますので是非試しててください。

 

 

ということでマーベロンとニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ