ニキビと黄連解毒湯

黄連解毒湯のニキビへの効果と副作用、飲み方について!

黄連解毒湯のニキビへの効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

黄連解毒湯はのぼせ、イライラ、高血圧に効果的とされる漢方薬です。そしてこの黄連解毒湯はニキビに対しても効き目があるのです。

 

 

漢方や東洋医学を専門とする皮膚科ではこの黄連解毒湯がニキビに処方されることがあります。※特に皮膚科ではアレルギーによるニキビ、体のニキビ、炎症をしているニキビに対して処方されます。

 

 

特にツムラの黄連解毒湯がよく使われており、薬価は1gあたり14.9円となっています。

 

 

ここでは黄連解毒湯とニキビへの効果と副作用、そしてニキビを治すための飲み方についてお伝えします。

 

 

黄連解毒湯のニキビへの効果

 

 

黄連解毒湯には黄連(オウレン)、黄ごん(オウゴン)、黄柏(オウバク)、山梔子(サンシシ)の4種類の生薬が配合されております。

 

 

ニキビに対しては黄連、黄ごん、黄柏の3種類の生薬が効いていきます。

 

 

①黄ごん

 

 

黄ごんには抗アレルギー作用と抗菌作用をがあります。

 

 

この抗菌作用によってニキビの元であるアクネ菌を殺菌して根本的にニキビを治すことができます。またアクネ菌だけでなくブドウ球菌、そしてマラセチア菌を殺菌することができます。

 

 

ブドウ球菌は化膿を伴うニキビやケロイド状のニキビの原因となっております。マラセチア菌はおでこのぶつぶつや背中ニキビを引き起こしてしまいます。しかし黄連解毒湯を服用することでこれらのニキビにも有効とされます。

 

 

またアレルギー作用によって花粉などによってできたニキビなども防いでくれる働きを持っています。ニキビのかゆみの原因とされるヒスタミンの生成を抑えることによって、かゆみを防いでくれます。

 

 

②黄連

 

 

黄連は抗炎症作用のある生薬とされています。赤ら顔ややけど、皮膚炎などに対して炎症を抑えていきます。

 

 

そのため黄連を服用することで、ニキビ跡の赤みや赤ニキビの炎症を鎮静化させることができる効果が期待できます。

 

 

③黄柏

 

 

黄連解毒湯の黄柏は整腸作用のある生薬とされています。

 

 

腸内の善玉菌を増やすことによって、腸内環境が整うことで老廃物を排出し、肌のターンオーバーが促されていきます。

 

 

特に黄柏が効果があるとされるのは口周りや顎周りなどのニキビに対してよく効くとされています。

 

 

また山梔子(サンシシ)は内臓を温める働きを持っているため、内臓機能を向上させて老廃物をより排出させることができます。

 

 

以上の3つの生薬により黄連解毒湯がニキビに対して効いていきます。しかし新陳代謝が活性化させて肌のターンオーバーを促す働きはないためニキビには効果がないとされます。

 

 

黄連解毒湯のニキビへの効き目

 

 

黄連解毒湯を服用することでどれくらいでニキビに効くのかというと

 

 

・白ニキビ、黒ニキビなどは4~5日ほどで効いていきます。

 

・赤ニキビやニキビ跡の赤みには1~2週間ほどかかります。

 

・背中ニキビやおでこのぶつぶつは1~2週間ほどで改善されていきます。

 

・ケロイドや化膿を伴うニキビであれば1~2週間ほどで改善されていきます。

 

・ちなみに整腸作用によって口、顎周りのニキビは1週間ほどで効いてきます。

 

以上のように黄連解毒湯はニキビに対して効いていきます。漢方薬のためニキビ治療には時間がかかります。

 

 

しかし黄連解毒湯はニキビ用の塗り薬と併用することができるので、併用することによってより早く治療することができます。

 

 

黄連解毒湯の副作用について

 

 

黄連解毒湯は服用すると稀にですが副作用が生じる場合があります。特に起こる可能性があるのは息切れ、咳、吐き気、食欲不振、下痢などが挙げられます。

 

 

もし服用してみて、これらの副作用が生じた場合には数日飲み続け、それでも症状が続く場合には使用を控えましょう。

 

 

また稀にですが生薬が体に合わないと発疹、発赤、かゆみなどの症状が起こってしまいます。皮膚系の副作用が起こったら服用は控えましょう。

 

 

黄連解毒湯のニキビへの飲み方について

 

 

黄連解毒湯によってニキビを治す場合についてですが服用する黄連解毒湯はツムラか三和が作っているものを選びましょう。

 

 

これらの2つのメーカーが製造している黄連解毒湯はニキビに対して効果があります。

 

 

①1日2回(1回1包)食前に服用していきます。

 

 

②服用するときは水かお湯に混ぜて飲んでいきます。しっかりと水分と一緒に服用しないと胃が荒れる可能性があるのでしっかりと飲みましょう。

 

 

③最低でも1か月ほどは服用するようにしましょう。途中で服用を中止しないようにしましょう。

 

 

④もし1か月服用しても効果がない場合には服用は控えましょう。

 

 

以上が黄連解毒湯のニキビを治すための飲み方です。ニキビが治った場合には黄連解毒湯は控えるようにしましょう。

 

 

黄連、黄ごん、黄柏の3つが配合されているのは他の漢方薬の中でも黄連解毒湯だけですので、オリジナルの効果が得られます。

 

 

市販で売られているものではツムラか三和がニキビにも効果的ですのでそちらを選びましょう。

 

 

ということで黄連解毒湯のニキビへの効果と副作用、飲み方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ