ニキビとアキュテイン

アキュテインのニキビへの効果と副作用、使い方について!

アキュテインのニキビへの効果と副作用、使い方について!

 

 

 

アキュテインはインタスファーマが製造しているニキビ用の錠剤です。
ニキビの中では特に重症とされるニキビに効いていきます。

 

 

欧米では20年以上もニキビの治療薬として使われていますが、
日本の皮膚科ではほとんど取り扱っておりません。

 

 

錠剤ではミノマイシンやルリッドなどの錠剤が処方されます。
ただ一部、アキュテインを専門とした治療が行われるところもあります。

 

 

ここではアキュテインのニキビへの効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

アキュテインのニキビへの効果

 

 

アキュテインがニキビに対して効果的なのは
イソトレチノインという有効成分が配合されているからです。

 

 

イソトレチノインはビタミンA誘導体のレチノイドでできており、
皮脂分泌を抑える作用、抗炎症作用、殺菌作用の3つの作用があることでニキビを治していきます。

 

 

皮脂の分泌を抑えるのは脂性肌が普通肌になるほどの
効果であり、ニキビだけでなくその人の肌質も変えてしまいます。

 

 

また抗生物質と同じように殺菌作用と抗炎症作用が
あることで赤ニキビを根本的に治療することができます。

 

 

アキュテインのニキビへの効き目

 

 

アキュテインのニキビへの効き目としてはおよそ20週間
内服を続けていくことで、重症した赤ニキビが改善されていきます。

 

 

そしてこれは欧米のデータですが、アキュテインの服用が
完了した人は以後3年間ニキビができにくくなり予防効果も得られます。

 

 

ということでアキュテインは非常に対して効果的とされます。

 

 

ただし効き目としては強すぎるため、白ニキビや黒ニキビなどの
低~中程度のニキビに使用することはできません。

 

 

あくまで重症化したニキビに使用していきます。

 

 

アキュテインの副作用について

 

 

アキュテインはニキビに強力に効く反面、副作用もあります。

 

 

・眠気倦、怠感、吐き気、だるさ、頭痛

 

・視覚障害、聴力障害

 

・血便、下痢

 

・肌の刺激感、肌荒れ、発赤、発疹

 

 

もしアキュテインを服用しはじめて、これらの副作用が
起きたり、違和感を感じた場合には使用を中止しましょう。

 

 

また妊娠中や持病がある方は使用を控えるようにしてください。

 

 

アキュテインの服用方法

 

 

アキュテインを飲み始める場合には

 

 

①1日2回(1回1錠)服用していきます。

 

 

②服用するときは水といっしょに服用しましょう。
好きな時に服用して構いません。

 

 

③最低でも16週間は服用を続けるようにしましょう。

 

 

以上がアキュテインのニキビへの基本的な服用方法となります。

 

 

アキュテインでのニキビ治療は長期的な目線で見ていかなければいけません。
また必ず服用の際は医師に相談し、指示に従ってください。

 

 

アキュテインは個人輸入のサイトで購入することができて
自分で服用することが可能ですが、自分では服用するのは控えてください。

 

 

厚生労働省もアキュテインの個人での使用に警鐘を鳴らしています。

 

 

10錠で1500円と値段は非常に高いですが、
重症した赤ニキビに対しての効果はとても高いです。

 

 

アキュテインの使用を考えているならば、まずは
ニキビ治療の専門皮膚科に相談するようにしましょう。

 

 

以上、アキュテインとニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ