トリキュラーとニキビ

トリキュラー28のニキビへの効果と副作用、飲み方!

トリキュラーのニキビへの効果と副作用、飲み方!

 

 

トリキュラーは低容量ピルの一種で日本国内では非常にポピュラーになっているものです。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られておらず、病院で処方され、値段は1か月分(トリキュラー28)で2200円ほどとなっています。

 

 

トリキュラーは一般的に婦人科で月経前症状に悩む方にホルモンバランスを整えるたり、避妊薬として処方されます。マーベロンなどの低用量ピルがありますが、効き目が強いとされるためはじめて低用量ピルを試す方にはトリキュラーの方が処方されます。

 

 

そしてこのトリキュラーは肌荒れやニキビに対しても効果的とされ美容皮膚科などでは女性に処方される場合もあります。

 

 

ここではトリキュラーのニキビへの効果と副作用、服用方法についてお伝えしたいと思います。

 

 

トリキューラーのニキビへの効果

 

 

女性は生理前になると卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類のホルモンバランスが崩れてしまいやすくなります。

 

 

ホルモンバランスが崩れると男性ホルモンを増やす原因になります。すると結果的に皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

 

 

そしてその過剰な皮脂によってニキビができてしまうのです。※女性がホルモンバランスを崩してしまうと特に顎周りや口周りにできるので、そこにニキビがある場合には注意です。

 

 

しかしトリキュラーを飲むことで、エストロゲンの分泌を促すことで生理前に分泌される黄体ホルモンとのバランスをとれて女性ホルモンを安定させることができます。

 

 

すると男性ホルモン(テストテロン)の分泌が抑えられ、皮脂分泌も正常な状態を保てますので、ニキビを治すことができるのです。これによって、生理前に起こりやすい顎周りや口周りのニキビに効いていきます。

 

 

トリキュラーのニキビへの効き目

 

 

トリキュラーを服用することでどれくらいでニキビに対して効果があるのかというと、服用から21日目くらいから男性ホルモンが減り、皮脂の分泌や肌質が改善されます。

 

 

このような改善効果が見られた場合には、さらに1か月~2か月治療を伸ばすことで、ニキビ自体も治して、生理前を迎えてもニキビができにくくなっています。

 

 

以上のようにトリキュラーはニキビに対して効いていきます。ただし、飲み始めて急に効果が見られるというものではありません。

 

 

最低でもトリキュラーは1か月間は継続して飲む必要があります。途中でやめてしまうと効果は期待できません。

 

 

トリキュラーの副作用について

 

 

ただトリキュラーを服用すると、副作用が起こる可能性があります。

 

 

特に服用直後に吐き気・めまい・頭痛が起こる可能性があります。服用期間に体重が1~2キロ増えてしまうこともあります。

 

 

副作用が起きても、我慢して飲み続けるようにしましょう。数日で体が慣れていくので、副作用もおさまります。ただそれでも副作用が発生する場合には医師に相談してください。

 

 

ただし手足のしびれ、痛み、息切れや胸の痛み、激しい頭痛などの症状は重い副作用とされます。もしこのような症状があらわれたら服用は控えるようにしましょう。

 

 

トリキュラーでニキビが悪化する場合

 

 

トリキュラーを避妊薬として処方してもらい、それを服用したらニキビが悪化してしまう場合があります。これはなぜかというとトリキュラーには避妊用とニキビ治療用で中身が違うからです。

 

 

トリキュラーにはプロテスゲロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類が配合されています。避妊薬のトリキュラーは黄体ホルモンの方が多く配合されており、逆にニキビ治療用のトリキュラーはエストロゲンの方が多く配合されています。

 

 

黄体ホルモンは血行を悪くして、肌荒れやニキビを起こす原因となります。※生理前のニキビもこの黄体ホルモンによるものです。

 

 

このように避妊薬としてトリキュラーやマーベロンを服用するとニキビを引き起こすので要注意です。ニキビを治したいのであれば、皮膚科でニキビ用のトリキュラーを処方してもらいましょう。

 

 

トリキュラーのニキビへの飲み方

 

 

トリキュラー28でのニキビの治す方法を紹介します。

 

 

①トリキュラーを飲む場合、まずは生理初日に飲み始めます。

 

 

②飲むのに決まった時間はありませんが、飲む場合は毎日同じ時間にした方が効果は高いです。※朝8時に飲むなら朝8時を継続させます。

 

 

③21日間の飲み続け、7日間は飲まないようにしてそしてまた21日間飲むようにします。

 

 

④途中で服用をやめると肌荒れを起こす可能性があるので飲み始めたらしっかりと飲みきるように継続しましょう。

 

 

⑤1か月間トリキュラーでの治療を行い、続行するかどうか医師が判断します。

 

 

以上のようにトリキュラーを服用していきます。ただ飲み方は複雑であるので、しっかりと医師の説明を聞きましょう。

 

 

このサイクルで飲むようにすると、服用を中止している時に生理がくるようになります。1か月間服用することでかなり改善され、脂性肌も普通肌になります。

 

 

ニキビを治すだけでなく、ホルモンバランスが整えることで生理前の様々な不快な症状や生理痛なども改善される効果が見込めます。

 

 

ということでトリキュラーのニキビへの効果と副作用、飲み方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ