ヨクイニンとニキビ

ヨクイニンによるニキビへの効果と副作用について!

ヨクイニンによるニキビへの効果と副作用について

 

 

ヨクイニンはハトムギという漢方の種子から抽出したハトムギエキスを配合した錠剤タイプの内服薬です。

 

 

ヨクイニンを服用することで手や顔などのイボ、くすみ、しわ、しみ、そばかすなど様々な肌トラブルを解決することができるのです。

 

 

また新陳代謝を促し皮膚の修復再生させる効果もあるためニキビや肌荒れにも効果があるとされています。

 

 

ニキビで処方される飲み薬などの場合にはミノマイシンやルリッドなどの抗生物質などがほとんどですが、副作用が強いというデメリットがあります。

 

 

そのため子供のニキビや副作用がないものを希望する方にヨクイニンが処方されます。錠剤ですが、甘いので子供も苦痛に思わず服用することができるのです。

 

 

さらに漢方薬を専門とする医師もニキビに対してヨクイニンを処方します。ここではヨクイニンのニキビへの効果と飲み方などについてお伝えします。

 

 

ヨクイニンのニキビに対する効果

 

 

どうしてヨクイニンがニキビに効果的なのかというと大きく分けて3つ理由があります。

 

 

①ハトムギ

 

 

ヨクイニンはハトムギエキスが主成分として含まれています。このハトムギエキスは肌の新陳代謝を活性化させる働きがあり、さらに皮膚の角質化を防ぐ働きもあるのです。

 

 

角質化によって毛穴が塞がれてしまうことで、黒ニキビや白ニキビができて、さらにアクネ菌が繁殖して炎症すると赤ニキビになります。

 

 

しかしヨクイニンを防ぐことでそれらのニキビを予防、治療してくれます。またハトムギを直接肌につけたい場合にはハトムギ化粧水があるのでおすすめです。

 

 

ハトムギ化粧水の方がハトムギの皮膚の角質化を防ぐ効果がより得られ、さらにニキビの炎症を鎮静させることができるのでおすすめです。

 

 

②ビタミンB

 

 

またヨクイニンはハトムギだけでなく、ビタミンB、アミノ酸、カリウム、カルシウム、鉄などの栄養素が豊富に含まれています。

 

 

それぞれがハトムギの種子ひとつに含まれているため野菜不足などによる口周り、顎周りのニキビに効果的とされます。

 

 

特にビタミンB2とビタミンB6はニキビには欠かせない栄養素です。

 

 

ビタミンB2とビタミンB6は皮脂の分泌をコントロールするため、乾燥している場合には皮脂を分泌させ、皮脂が過剰に分泌されている場合は抑制する働きがあります。

 

 

③当帰、芍薬

 

 

またヨクイニンは生薬の代表である、当帰と芍薬が含まれています。

 

・当帰は新陳代謝を活性化させることで、肌のターンオーバーを促していきます。

 

・芍薬はホルモンバランスを整えることで肌荒れや生理前のニキビに対して効いていきます。

 

以上のようにヨクイニンは様々な成分が配合されていることであらゆるニキビに対して効果があると言えます。

 

 

ヨクイニンのニキビに対する効き目

 

ヨクイニンを服用することでニキビにどれくらいで効くのかというと

 

・白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビは2週間ほどで効いていきます。

 

・オイリー肌など肌質が改善されるのはおよそ2~3週間ほどです。

 

・ニキビ跡の場合にはターンオーバーが促される約4週間前後です。

 

という感じで効いていきます。白ニキビや黒ニキビを治すのであれば薬を使用する方が早いです。しかし肌質改善につながるので、長い目で見るとヨクイニンは予防効果が得られます。

 

 

ヨクイニンでのニキビ治療を試してみた結果

 

 

ヨクイニンで頬のニキビ跡やおでこのぶつぶつニキビに試してみたのですが、残念ながらあまり実感できませんでした。2週間服用したところで、やめてしまいました。

 

 

ただし寝起きが良くなったり、体の調子は良くなったので、その点では効果があったと言えるのではないでしょうか!

 

 

ちなみにヨクイニンが効かなかった私のニキビ跡も今は治すことができました。そのニキビの完治法はこちら↓

 

 

 

 

⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

 

 

 

ヨクイニンの副作用

 

 

ヨクイニンの成分であるハトムギは植物性の生薬なので体にやさしいものです。

 

 

引き起こされる副作用もほとんどありませんし、副作用の報告例じたい非常に少ないとされます。ただ若干ですが、むかつきを覚えたり胃に違和感があるという症状が副作用として出てきてしまいます。

 

 

もし服用後に胃に違和感を感じる場合には皮膚科の医師に相談するようにしましょう。しかしヨクイニンは基本的に安全なので問題ないかと思われます。

 

 

ヨクイニンの飲み方

 

 

ニキビを治すために飲む場合には、ニキビの症状によって少し変わってきますが、基本的には

 

①1日に3回(1回あたり6錠)服用します。

 

②服用するときは食前か食間に水か白湯とともに飲みます。

 

③数日では効果は感じられないので、最低でも1か月は飲み続けるようにしてください。

 

④1か月服用して何も効果が感じられなければ服用は控えましょう。

 

以上がヨクイニンのニキビへの飲み方とされます。ヨクイニンを飲む場合にはかなりの量を服用しなければいけないので、そこだけがデメリットと言えます。

 

 

ただヨクイニンひとつで、ニキビだけでなく、シミやシワ、いぼなどあらゆる肌トラブルに効くため、試してみる価値はあると思います。

 

 

皮膚科でも処方されますが、ヨクイニンは市販されているニキビの内服薬でもあり、ニキビに効くものではクラシエの270錠タイプ(1700円)などが有名です。

 

 

自分で試したい場合にはドラッグストアや薬局で購入してみてはいかがでしょうか。

 

 

ということでヨクイニンによるニキビへの効果と副作用についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ