ニキビ治療のためのピルの効果と副作用

ニキビ治療の低用量ピル!効果と副作用について解説!

ニキビ治療の低用量ピル!効果と副作用について解説!

 

ニキビ治療のために皮膚科では低用量ピルという薬を商法されることがあります。

 

 

特に低用量ピルは生理による女性のニキビに効果的です。

 

 

ピルと効くと副作用が強そうなイメージですがニキビ用に開発されたことで、副作用も少なくなりました

 

 

価格も1か月分で1000円からでも購入可能です。

 

 

ここでは低用量ピルの効果と副作用について紹介します。

 

 

低用量ピルの効果

 

 

低用量ピルが効果的かを説明する前になぜ生理になるとニキビが発生するか簡単にお伝えします。

 

 

生理によって女性はニキビができやすくなってしまいます。

 

 

なぜかというと生理によって女性ホルモンである黄体ホルモンが過剰に分泌されるからです。

 

 

黄体ホルモンが分泌されると皮脂がたくさん作られるためニキビの原因になってしまうということなんですね。

 

 

そこで低用量ピルの登場です。

 

 

低用量ピルというのは、この黄体ホルモンの分泌を抑制するのです。

 

 

そのため黄体ホルモンによるニキビをあらかじめ予防するというわけなんですね。

 

 

低用量ピルの副作用について

 

 

では低用量ピルは安全にニキビを予防、治療できるのか?というと確かに昔よりも副作用の発生率も下がりました。

 

 

しかし全く副作用がないわけではなく以下のような症状を引き起こす可能性があります。

 

 

特に吐き気、腹痛、乳房のはりなどの副作用が生じる場合があります。これらは特に飲み始めによく引き起こされます。

 

 

しかし2~3か月の使用することで体が慣れて、だんだんと副作用を症状も余っていく傾向になります。

 

 

ただ副作用が感じられたら、医師に報告し相談するようにしましょう。

 

 

ということでニキビ治療の低用量ピルの効果と副作用でした。

 

 

今では一般的になっていますが、やはり心配だと思います。
まずは医師に効果や副作用、飲み方までじっくりと確認して

 

 

そのあとに決めいくことをオススメします。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ