マスチゲンBBゼリー錠とニキビ

マスチゲンBBゼリー錠のニキビへの効果と副作用、飲み方!

マスチゲンBBゼリー錠のニキビへの効果と副作用、飲み方!

 

 

マスチゲンBBゼリー錠は日本臓器製薬が製造している疲労回復や肌荒れ、口内炎用の錠剤です。中身はオレンジ色でグミのようにして水なしでも食べることができます。

 

 

そしてこのマスチゲンBBゼリー錠はニキビ、ニキビ跡に対しても効果がある錠剤となっています。※値段は120錠(1か月分)1400円となっています。

 

 

ここではマスチゲンBBゼリー錠のニキビへの効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

マスチゲンBBゼリー錠のニキビへの効果について

 

 

マスチゲンBBゼリー錠にはビタミンB2酪酸エステル、ビタミンC、ビタミンB6、ニコチン酸アミドの4種類が配合されています。それぞれがどのようにニキビに効くのか解説したいと思います。

 

 

①ビタミンB2酪酸エステル

 

 

ビタミンB2酪酸エステルは美肌ビタミンとも呼ばれており、ビタミン2が不足していると口周り顎周りのニキビができてしまいます。

 

 

マスチゲンBBゼリー錠を服用して、ビタミンB2酪酸エステルを摂取することによって、それらのニキビの予防につながります。

 

 

②ビタミンC

 

 

ビタミンCは体の疲れの原因となる乳酸を分解して、疲れを解消する働きを持っています。

 

 

さらにビタミンCはメラニン色素を除去する働きを持っております。このメラニン色素はシミやそばかす、色素沈着の原因となっております。そのため、マスチゲンBBゼリー錠を服用することでニキビ跡の色素沈着を抑えることも可能となっています。

 

 

③ビタミンB6

 

 

ビタミンB6は抗酸化作用があるため、肌荒れを改善させる働きを持っています。さらに頬やおでこのニキビの改善にもつながるとされています。

 

 

またビタミンB6は肌の皮脂分泌をコントロールする働きを持っており、脂性肌を改善する効果も持っています。

 

 

④ニコチン酸アミド

 

 

ニコチン酸アミドはビタミンB3(ナイアシン)のことであり、主に粘膜の正常化をさせる働きを持っており口内炎などによく効きます。

 

 

ニコチン酸アミドを摂取することによって、血流が向上して肌のターンオーバーを促してニキビ跡そのものを改善させることにもつながっていきます。また滋養強壮の働きがあり、体の疲れも解消させることが可能となっています。

 

 

以上のようにマスチゲンBBゼリー錠はニキビに対して効いていきます。

 

 

ただしマスチゲンBBゼリー錠は殺菌作用がないため、アクネ菌は殺菌できません。なので、できればマスチゲンBBゼリー錠と併用して殺菌作用のある塗り薬を使っていきましょう。

 

 

市販のニキビ用の塗り薬であれば、ペアアクネクリームが抗炎症作用もあるのでおすすめです。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:1本(14g)あたり883円

 

即効性:軽度のニキビは3日以内、赤ニキビは5~10日

 

配合成分であるイブプロフェンピコノールは抗炎症作用、イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用があります。

 

 

マスチゲンBBゼリー錠のニキビへの効き目

 

 

マスチゲンBBゼリー錠を服用することでどれくらいでニキビに対して効くのかというと、

 

・口周りや顎周りのニキビであれば1週間ほどで治っていきます。

 

・頬のニキビや肌荒れ、肌質などであれば服用から2~3週間ほどで改善されていきます。

 

・ニキビ跡そのものであれば、ターンオーバーが促される4週間前後で改善されていきます。

 

以上のようにマスチゲンBBゼリー錠を服用するとニキビに効いていきます。またペアアクネクリームを使うことで初期ニキビも治すことができます。

 

 

マスチゲンBBゼリー錠の副作用について

 

 

マスチゲンBBゼリー錠には基本的に薬用作用のある成分は配合されておらず、ビタミン剤のようなものです。なので基本的に安全性は高いとされますので安心してください。

 

 

ただしマスチゲンBBゼリー錠を摂取することによって、稀に皮膚のかゆみ、発疹、炎症などの症状が出る場合があるので注意してください。その場合には服用は注意するようにしてください。

 

 

用法用量を守って服用すれば、マスチゲンBBゼリー錠を服用しても、何も心配はいらないでしょう。

 

 

マスチゲンBBゼリー錠の飲み方について

 

 

マスチゲンBBゼリー錠でニキビを治す場合の飲み方について解説したいと思います。

 

①マスチゲンBBゼリー錠は基本的に1日2回朝と夕食の食事前に服用していきます。

 

 

②そのまま噛んで食べることもできますし、水と一緒に服用しても構いません。味はグレープフルーツの味がするとされます。

 

 

③ペアアクネクリームなどのニキビ用の塗り薬は朝と夜の洗顔後に塗るようにしていきます。

 

 

④マスチゲンBBゼリー錠でニキビを治すのであれば、最低でも4週間は服用するようにしていきましょう。

 

以上のようにマスチゲンBBゼリー錠は服用していきましょう。ニキビが治った後も飲み続けることができます。

 

 

グミのように服用することができるマスチゲンBBゼリー錠は、ニキビを治すのにビタミンもしっかりと配合されているのでおすすめと言えます。

 

 

ということでマスチゲンBBゼリー錠のニキビへの効果と副作用、飲み方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ