ニキビとLプロリン

Lプロリンのニキビや皮脂への効果と副作用、飲み方について!

Lプロリンのニキビや皮脂への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

このLプロリンは海外のサプリメントであり、必須アミノ酸のことです。ドラッグストアで市販はされておりませんが、Amazonで1本(2か月分)あたり1420円で購入できます。

 

 

このLプロリンを服用することによってニキビや皮脂(脂性肌)に対して効果があるとされます。※実際の研究結果ではプロリンの摂取によりアトピー性肌に効果的と証明されています。

 

 

ここではLプロリンのニキビへの効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

Lプロリンのニキビへの効果について

 

 

Lプロリンを摂取することによって、なぜニキビや皮脂の過剰分泌に効くのか解説したいと思います。

 

 

①皮脂分泌が治まる理由

 

 

皮脂分泌が起きて脂性肌を起こしている方は実は>インナードライであることが多いです。

 

 

インナードライとは肌の内部の乾燥のことであり、そのインナードライを解消しようと皮脂が分泌されているわけです。皮脂はアクネ菌のエサとなり、ニキビも起きてしまいます。

 

 

しかしLプロリンを摂取することでコラーゲンを作り出してくれます。コラーゲンは皮膚の細胞間の水分を維持する働きがあり、内側から肌が保湿されていきます。

 

 

するとインナードライが解消され、それに伴って皮脂分泌も治まっていきます。服用からおよそ1週間ほどで肌質に変化が感じられるとされますね。

 

 

②炎症ニキビに効く理由

 

 

Lプロリンによって皮膚本来の保湿作用が促されて、乾燥(インナードライ)が改善されていきます。

 

 

インナードライを起こしていると皮膚の奥で角質が詰まり、アクネ菌が繁殖して、炎症ニキビを引き起こしてしまいます。

 

 

ですのでLプロリンによって乾燥が防がれることで炎症ニキビも改善されていきます。服用からおよそ2週間ほどで炎症ニキビも鎮静されていきます。

 

 

このようにL-プロリンはニキビに対して効果があるとされます。特に男性のニキビや脂性肌のニキビには大変有効と言えます。

 

 

しかしLプロリン自体には薬用作用があるわけではありません。直接ニキビの炎症を抑えるわけでもないし、アクネ菌を殺菌する効果もあるわけではありません。ですので、できれば併用してニキビ用の塗り薬を併用しましょう。

 

 

市販のニキビ薬ではペアアクネクリームがおすすめとして挙げられます。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:1本(14g)あたり883円

 

即効性:軽度のニキビは3日以内、赤ニキビは5~10日

 

ペアアクネクリームはイソプロピルメチルフェノールは殺菌作用があり、イブプロフェンピコノールは抗炎症作用があるとされます。できればLプロリンと併用するようにしていきましょう。

 

 

またLプロリンを服用することで、ニキビや皮脂だけでなく、ダイエット効果や関節痛を改善させる働きを持っています。

 

 

Lプロリンの副作用について

 

 

Lプロリンは基本的にアミノ酸であり、栄養素の一種ですので副作用が生じることはまずありません。

 

 

ただし摂りすぎてしまうと、胃腸の不調や消化吸収の妨げになる可能性もあるので注意してください。

 

 

用法用量を守れば、副作用の心配はないとされるので安心してください。

 

 

Lプロリンのニキビへの飲み方について

 

 

ニキビや皮脂対策としてLプロリンを飲む場合の方法についてです。

 

 

①基本的にニキビには1日1回(1回2~4粒)を空腹時に飲むようにしていきます。症状の重さによって飲む量は変えていきます。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水と一緒に飲むようにしていきましょう。ちなみにプロリンを含んだ食べ物としては豚肉、高野豆腐が挙げられます。これらも食べることでプロリンを摂取できます。

 

 

③また併用してニキビ用の塗り薬を1日2回朝と夜の洗顔後に使うようにしていきましょう。

 

 

④Lプロリンでニキビや肌質改善を行う場合には最低でも4週間は服用するようにしていきましょう。それでもニキビに効果がなければLプロリンは控えましょう。

 

以上のようにLプロリンを飲むようにしていきます。ニキビや皮脂が改善した後もLプロリンは飲み続けることができます。

 

 

現在プロリンを配合した市販薬はないため、独自の効果で肌質やニキビを改善できるので、期待が持てます。

 

 

ということでLプロリンのニキビへの効果と副作用、飲み方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ