ニキビとほうれい線

ほうれい線にできるニキビの原因と治し方について!

ほうれい線にできるニキビの原因と治し方について!

 

 

ほうれい線上にニキビができることがあります。特に思春期より大人、男性よりも女性ができやすい傾向にあります。

 

 

跡にもなりやすい箇所ですので早めに対策するようにしましょう。ここではほうれい線のニキビができる原因と治し方についてお伝えします。

 

 

一度できてしまうと、またほうれん線上にニキビができてしまうので治すだけでなく、予防することが大切です。

 

 

ほうれい線にニキビができるのはなぜ

 

 

なぜほうれい線にニキビができやすくなるのかそのメカニズムについてご説明します。

 

 

ほうれい線にニキビができるメカニズム

 

 

ほうれい線というのは皮膚の深層にある、弾力性を保つ繊維が加齢や紫外線の影響で衰えてしまうことでできます。

 

 

そしてこの皮膚の繊維が緩むことで、ほうれい線の下の皮脂腺が詰まりやすくなり、皮脂が内部で詰まりやすくなります。

 

 

これにより内部で皮脂が詰まり、アクネ菌が繁殖して炎症を起こしニキビができるため、ほうれい線はニキビができやすい場所となります。

 

 

特ほうれい線にできるのは白ニキビや黒ニキビよりも赤ニキビが多いです。※皮膚の奥でできるため、表面に表れる頃には炎症しています。

 

 

原因

 

 

また皮脂を詰まりやすくさせてほうれい線のニキビの原因は大きくわけて3つあるとされます。

 

 

①内臓の不調

 

 

胃腸や肝臓が悪くなってしまうことで、代謝不良を引き起こし皮脂を詰まらせることで、ニキビができてしまいます。

 

 

特に顎周りや口周りにニキビなどにニキビができやすくなるので注意してください。

 

 

便秘による腸内環境の悪化、アルコールによる肝臓機能の低下、食べ過ぎによる胃への負担などはほうれい線のニキビができるとされます。

 

 

②ホルモンバランスの乱れ

 

 

ホルモンバランスの乱れによってほうれい線上にニキビができやすく、特に生理前になるとほうれい線や口の周りにニキビができやすいです。

 

 

生理前になると黄体ホルモンが分泌され、黄体ホルモンが優位になると肌が酸化しやすく、また皮脂が過剰に分泌され肌荒れやニキビができやすくなります。

 

 

また生理前には体温が上昇するため、熱によって炎症しやすくこもったようなニキビができやすいのが特徴です。

 

 

③スキンケア不足

 

 

そしてほうれい線のニキビは内側の原因だけではなく、洗顔などをしっかりと行わないとできてしまいます。

 

 

特にほうれい線は溝になっているため丁寧に洗わないとファンデーションや汚れが残ったままになってしまいます。

 

 

以上のメカニズムと原因によってほうれい線にはニキビができてしまいます。

 

 

ほうれい線のニキビの治し方について

 

 

ほうれい線にニキビができた場合の対策法ですが、とりあえず抗炎症作用のある薬を塗るのが効果的です。

 

 

そしてホルモンバランスを整えながら、しっかりと洗顔を行いスキンケアしていき予防するのが王道とされます。

 

 

 

 

抗炎症作用そして、できれば白ニキビや黒ニキビも治せる殺菌作用のあるものを選ぶようにしましょう。

 

 

市販のものではペアアクネクリームwが有名で上記に当てはまります。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

効き目:軽度のニキビは2~3日 赤ニキビは5~10日

 

 

イブプロフェンピコノールが炎症を抑え、イソプロピルメチルフェノールが殺菌作用によってニキビを根本的に治療していきます。

 

 

 

 

ペアアクネwは臭いも刺激感も全くなく、保湿クリームのようです。1日2回洗顔をして、化粧水をつけた後にほうれい線のニキビに塗っていきましょう。

 

※化粧水を使っていない方は化粧水をつけなくても構いません。

 

 

ほうれい線の赤ニキビであれば、1週間ほどで治ってしまいます。

 

 

ほうれい線のニキビを潰してしまうと、皮膚の深層が傷ついてニキビ跡になりやすいので注意してください。

 

 

薬を塗って、特に触ったりなどしなければ比較的早く治ります。

 

 

しかしほうれい線上はニキビが繰り返しできやすい箇所でもあるので生活習慣の改善をして予防することも行っていかなければいけません。

 

 

生活習慣の改善

 

 

①睡眠が一番大事

 

 

肌のターンオーバーを促したり、ホルモンバランスを整える上で最も重要なのは睡眠が挙げられます。

 

 

1日最低でも6時間は睡眠をとり、10時には寝始めましょう。10時から寝始めることで肌のターンオーバーが活性化されていきます。

 

※10時~0時を俗に肌のゴールデンタイムと言います。

 

 

②暴飲暴食は控える

 

 

また食べ過ぎていたり、油っこいものや甘いものは皮脂の分泌を促してしまうのでなるべく控えましょう。

 

 

アルコールの飲みすぎで肝臓が悪化すると代謝不良につながるので休肝日を設けるなど、お酒はできるだけ控えましょう。

 

 

またホルモンバランスを安定させるために納豆や豆腐、豆乳を飲むなど大豆イソフラボンを含んだものを摂りましょう。

 

 

納豆であれば1日1パック、朝食として食べていきましょう。豆乳であればスーパーで売られている調整豆乳を1日2杯ほど飲みましょう。

 

 

ほうれい線だけでなく、口周りや顎周りのニキビ予防につながるので是非試してみてください。

 

 

ということでほうれい線とニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ