ニキビの治し方

顔中がニキビの原因と治し方について!

顔中がニキビの原因と治し方について!

 

 

顔中にニキビができるのは大きく分けて2パターンあります。

 

 

1つが「最近ニキビが増えてきたな」と思っているうちに、あっという間に顔中ニキビだらけになってしまったということがあります。

 

 

2つ目が思春期ニキビが大人になっても治らず、顔中にニキビができたたまということです。

 

 

急に増えてくると慌てて洗顔フォームや化粧水を探して対策をしたくなるものですが、体の内側に目を向けることが顔中のニキビにニキビができたときのポイントです。

 

 

ここでは顔中のニキビの原因と治し方についてお伝えします。

 

 

顔中にニキビができる原因

 

 

顔中にニキビができる原因は大きく分けて3つあるとされています。

 

 

①ストレス

 

 

まず顔中にニキビができるのはストレスによるものが大きいです。自律神経が乱れると胃腸の運動が悪くなり、そのサインとして顔中にニキビがあらわれやすくなります。

 

 

特にこめかみや頬にたくさんできた場合にはストレスによる可能性が高いです。

 

 

②ホルモンバランスの乱れ

 

 

女性で顔中にニキビができている場合にはホルモンバランスの乱れが原因が挙げられます。

 

 

特に顎周りなどのUゾーンに多くニキビができているとホルモンバランスの乱れの可能性が高いです。

 

 

睡眠や生活習慣の乱れなどを重ねていると黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンは皮脂の分泌を活発にさせるため顔中にニキビができやすくなります。

 

 

またホルモンバランスの乱れのサインとして顎周りに肌荒れやニキビができやすくなります。

 

 

そして男性も不摂生な生活を続けると男性ホルモンが分泌され皮脂の分泌が活発になるため注意してください。

 

 

③思春期ニキビや脂性肌

 

 

そして思春期や脂性肌(オイリー肌)の場合には皮脂分泌が活発に分泌されています。アクネ菌は皮脂を食べて繁殖するため、ニキビができやすくなってしまいます。

 

 

特に脂性肌や思春期はおでこや鼻などのTゾーンにたくさんニキビができる傾向にあります。

 

 

※ただし思春期ニキビによって顔中にニキビができるのは仕方がないことです。成長期を過ぎる段階(20歳)でニキビ肌も治まっていきます。

 

 

ニキビを潰したり、ニキビの裏技的治療などを試しがちです。しかし変にいじらずにそのままにしておくことでほとんど治ってしまいます。

 

 

以上の3つが顔中にニキビができる原因とされています。顔中にニキビができる場合、原因として考えたくなるのがスキンケアや乾燥などの外部によるものと考えてしまいますが、本当の原因は体内にあることが少なくありません。

 

 

ちなみに栄養不足でもニキビはできますが、栄養不足だけで顔中にニキビはできません。口周りや顎周りなどにニキビができます。

 

 

顔中にできるニキビの治し方について

 

 

顔中にニキビができる場合の対策法として3つ紹介したいと思います。

 

 

①生活習慣の改善

 

 

ありきたりかもしれませんが、非常に重要なのが生活習慣の改善です。

 

 

特に顔中にニキビがある場合には2つ。まず1つは睡眠をしっかりと行うようにしましょう。

 

 

1日7時間以上寝るようにして、さらに22~0時に寝始めましょう。これにより肌のターンオーバーが促され、顔のすべての部分のニキビに効きます。

 

 

また食生活ではあまり油ものや刺激物は避けましょう。※皮脂分泌の原因になります。

 

 

特に顔中にニキビがある場合には野菜や大豆製品を食べるようにしていきます。特におすすめは納豆が挙げられます。

 

 

納豆には大豆イソフラボンを含んでおり、ホルモンバランスを安定させることができます。さらに水溶性食物繊維や納豆菌を含んでいるため腸内環境を整えてニキビに効いていきます。

 

 

②顔中のニキビに効く薬

 

 

ニキビの市販薬にはペアアクネクリームやオロナインがあります。正直これらはぽつぽつとした赤ニキビを治すのに向いていますが顔中のニキビには効かないことがほとんどです。

 

 

顔中にできたニキビは重症で抗生物質やステロイドを配合した薬を使用するようにしましょう。市販ではテラコートリル軟膏が現在のところ唯一挙げられます。

 

 

 

会社:ジョンソン・エンド・ジョンソン

 

有効成分:オキシテトラサイクリン塩酸塩 ヒドロコルチゾン

 

効果:赤ニキビ、ニキビ跡の赤み、背中ニキビ、化膿を伴うニキビ

 

価格:800~1000円

 

 

テラコートリル軟膏にはオキシテトラサイクリン塩酸塩という抗生物質が配合され、アクネ菌を殺菌していきます。さらにヒドロコルチゾンというステロイドがニキビの炎症を鎮静させます。

 

 

1日2回洗顔後に塗るようにして、2~3週間経過すると顔中のニキビも改善されていきます。

 

 

普通のニキビ薬を使ってもなかなか難しいので、テラコートリル軟膏を試してみてください。

 

 

皮膚科での治療

 

 

顔中のニキビがひどい場合には皮膚科に相談するようにしましょう。特に今はベピオゲルなどの強力な殺菌作用のある薬が登場し、ひどいニキビも治る可能性が高まりました。

 

会社:マルホ株式会社

 

有効成分:過酸化ベンゾイル

 

効果:黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビ、ニキビ跡

 

価格:1g=120.9円

 

アメリカのニキビ治療では一般的な過酸化ベンゾイルが配合されており、アクネ菌を殺菌することでニキビを治療していきます。

 

 

1日2回洗顔後に使用することで、2~3週間ほどで顔中のニキビも治ってしまいます。

 

 

自分ではどうしようもできそうになければ皮膚科を受診するようにしましょう。

 

 

ということで顔中にできるニキビの原因と対策法についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ