右頬のニキビの原因と治し方について

右頬のニキビの原因と治し方とは!

右頬のニキビの原因と治し方とは!

 

 

頬のニキビは思春期や大人ニキビに関係なくできやすい箇所とされます。

 

 

頬ニキビの原因としては食事や睡眠などきちんと取れていない、肌が乾燥している、また胃腸の内臓機能の低下すると体のサインとして頬ニキビが生じてしまいます。また女性の場合にはファンデーションの厚塗りによって毛穴が塞がれ頬ニキビができてしまいます。

 

 

基本的にこれらが原因ですと頬のニキビは左右まんべんなくできます。ただ人によっては右頬ばかりにニキビができてしまうことがあります。

 

 

右頬にだけニキビができるのはしっかりとした理由があるとされますので、そこを対策することでしっかりと治すことも可能です。ここでは右頬にばかりニキビができる人の原因と治し方についてお伝えします。

 

 

右頬のニキビの原因について

 

 

右頬にだけニキビができる原因としては大きく分けて3つあるとされています。

 

 

①右利きの人

 

 

右利きの人は右頬のニキビができやすく、左利きの人は左頬にニキビができやすい皮膚科の統計で明らかになっています。

 

 

例えば右利きの人だったら、右手で右頬を触る癖があります。逆に左利きの人は左頬を無意識に触りやすいです。手で顔を触ってしまうと手についている雑菌や油がついてしまい、それが刺激となって右頬のニキビができてしまいます。

 

 

また右利きの人は寝ている時に右側を下にして横寝することが多いです。右頬を枕に押し当て寝てしまうと枕との接触により右頬が蒸れたり、擦れたりしてニキビができやすい状況を作ってしまいます。

 

 

②リンパの流れ

 

 

右頬にニキビができやすい人は、右側の血流が悪くリンパが正常に機能しておらず、いらないものが排除できていない可能性があります。すると毒素が右頬のニキビとして出てしまう場合があります。

 

 

右の肩だけがやたらと凝っていたり、左足を上にして足を組むという言う人は右側のリンパが詰まっている可能性があります。

 

 

右頬にニキビができてしまう人はリンパが詰まっているかもしれませんので、薬を塗ったりする前にリンパマッサージ等の方が効果があります。

 

 

 

 

①手を洗って清潔にした状態で鼻の横からから耳まで平行に
ぎゅ~っと移動させてみてください。

 

 

②またこめかみから耳の下にそって首までなでるようにしてマッサージしてみください。

 

 

③入浴中かお風呂上りに5分間行うようにします。

 

頬のリンパをほぐすことでリンパの流れが良くなり、毒素も排出することができます。
右頬のニキビにも有効ですので是非試してみてください。

 

 

③右頬に髪の毛がかかっている

 

 

髪の毛はしっかりと洗っても、油や雑菌が付着しているためニキビの原因となりえます。特に右頬にニキビができるのであれば右頬に髪の毛がかかっていないか確認してみてください。

 

 

右頬にのみニキビができる原因としては上記の3つが挙げられます。また頬全体に1度ニキビができて、右頬だけ治らないことにもつながるのでしっかりと対策するようにしましょう。

 

 

右頬のニキビの治し方について

 

 

薬による対策

 

 

頬のニキビを治す場合には殺菌性があり、ある程度保湿性も兼ね備えた薬が効きます。
特に市販のオロナインはニキビにも効果があり、また保湿効果も期待できます。

 

 

会社;大塚製薬

 

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液

 

効果:赤ニキビ、炎症ニキビ

 

価格:30g450円

 

即効性:1日~1週間

 

 

クロルヘキシジングルコンという成分がニキビの
原因であるアクネ菌を殺菌します。さらに保湿ケアもできることから頬のニキビに非常に効果的です。

 

 

そしてこのオロナインを使った頬にニキビに即効で効くとされるオロナインパックを行っていきます。
オロナインパックの手順としては

 

 

①1日2回洗顔が終わった後に行うようにします。

 

 

②オロナインを右頬全体がなじむほどつけていきます。

 

 

※画像は左頬になっています。

 

 

③この状態を5分ほど保ちます。

 

 

④そして水で洗い落としてください。

 

 

毎日行うことで頬の白ニキビであれば2~3日、赤ニキビであれば1週間で改善することができます。普通にニキビにつけるよりも2倍早く治るとされます。ただし肌のかゆみ、刺激感を感じたら使用を中止してください。

 

 

まずはオロナインを塗ってみるようにしてみてください。あとは基本通りに生活習慣を改め、毎日の洗顔をすることで頬のニキビは治っていきます。

 

 

ニキビ跡の場合には?

 

 

右頬のニキビ跡の場合には薬というよりもビタミンC誘導体などで皮膚のターンオーバーを向上させる必要があります。

 

 

例えば市販のハトムギ化粧水を皮膚に浸透させるハトムギ化粧水パックなどが好評となっています。

 

 

会社:イミュ株式会社

 

効果:ニキビ跡、赤ら顔

 

価格:500mlで650円

 

有効成分:グリチルリチン酸、ハトムギエキス

 

 

ハトムギ化粧水パックの方法ですが

 

 

①ハトムギ化粧水とティッシュを用意します

 

 

②次に毛穴を開かせるためにお風呂に入ります。

 

 

③そして洗顔をします。※ちなみに夜の洗顔は入浴後が正しいですのでお間違いなく

 

 

④ティッシュにハトムギ化粧水を浸していきます。※洗面器に入れるとうまくできるのでおすすめです。

 

 

 

 

⑤そして化粧水で浸したティッシュをニキビ部分の左頬につけていきます。

 

 

 

 

⑥この状態を20分ほど維持します。

 

 

⑦20分したら剥がして軽く水ですすぎましょう!これで終わりです。

 

 

以上の方法でターンオーバーを促していくことで、1か月ごとに肌が入れ替わり改善されていきます。※パックをせず普通に化粧水を使っても十分です。

 

 

ということで右頬のニキビの治し方についてでした

 

 

また右頬のみの場合は、右頬を触って刺激を与えないようにして、鞄を持つ肩を逆に変えてリンパの負担を軽減することで右頬のニキビが治りやすくなり、予防にもつながります。

 

 

ということで右頬のニキビの原因と対策法についてでした。

 

 

また私の場合、頬ニキビは薬用化粧品で治したのでそちらも参考にしてみてください。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ