まぶたにできたニキビの原因と治し方

まぶたにできたニキビの原因と治し方!

まぶたにできたニキビの原因と治し方!

 

 

まぶたにニキビができるのは珍しいことですが、できた人のほとんどが20歳以上の女性であるとされます。思春期や男性などはできないため、皮脂分泌はあまり関係がないとされます。

 

 

特徴としては白いぽつぽつとした膿のあるニキビができやすいです。まぶたのニキビを放っておくと赤いしこりのようなニキビになってしまいます。

 

 

そうなると瞬きをするだけで痛みが出てしまうため早めに対処する必要があります。ここではまぶたのニキビの原因と正しい治し方を紹介します。

 

 

まぶたのニキビの原因とは

 

 

まぶたのニキビの原因は大きく分けて3つあるとされています。

 

 

①ファンデーションやアイシャドウ

 

 

まぶたのニキビは20歳以上の女性ができるとされますが、これはファンデーションやアイシャドウの洗い残りによることが大きいです。

 

 

まぶたにも毛穴があり、皮脂分泌も行われていますので、ファンデーションやアイシャドウを洗い忘れていると、毛穴が塞がり、ニキビの元であるアクネ菌が増殖することでニキビができてしまいます。

 

 

またまぶたは薄く繊細なため、少しの刺激にも敏感に反応してしまいます。
厚塗りやアイプチ、二重にしようといじったりするとニキビができるので注意してください。

 

 

②食生活のみだれ

 

 

まぶたにニキビができるもうひとつの原因が食生活のみだれです。

 

 

カップラーメンやレトルト食品を食べたり、アルコールを飲みすぎたりすると、体のサインとしてまぶたや目の周り、口周りにニキビができるとされてしまいます。

 

 

特にファンデーションの洗い忘れなどがないのにまぶたに白いぽつぽつしたニキビができるのは食生活の乱れが考えられます。

 

 

また食生活はビタミンB2、B6などの肌の代謝を向上させるビタミンが不足してしまっていると、起こりやすいので、果物や野菜を積極的に食べる必要があります。

 

 

③生活習慣の乱れ

 

 

その他のまぶたの原因として考えられるのが、睡眠不足、ストレス、日々の疲労などが挙げられます。ストレスや睡眠不足は肌のターンオーバーの乱れにつながるので皮膚の薄いニキビの原因になります。

 

 

まぶたのニキビは以上の3つが原因として考えられますので当てはまるものがないか思い起こしてみてください。

 

 

まぶたのニキビの対処法

 

 

まぶたにできる白ニキビと赤ニキビのふたつの対処法についてお伝えします。

 

 

白いぽつぽつしたニキビの場合

 

 

白ニキビであれば潰すなどの処置もすることもできますが、それはあごニキビなどの皮膚が頑丈な部位にできた場合に限ります。

 

 

まぶたの場合、皮膚が薄いので潰すと肌の深層が傷つきやすく、ぐじゅぐじゅになったり、細菌が入り込みものもらいのようなできものができてしまいます。

 

 

決して触ることはせずに、洗顔と生活習慣を整えることで比較的に簡単に治っていきます。もししっかりと食事をとることができない場合にはにニキビ用の栄養剤を補給することをおすすめします。

 

 

市販のニキビ用の栄養剤で言えば、チョコラBBが必要なビタミンを補うことができます。

 

 

販売会社;エーザイ株式会社

 

有効成分:ビタミンC、ビタミンB、グルクロノラクトン

 

値段:1本約200円

 

効果:顎ニキビ、口周りのニキビ、目の周りのニキビ

 

 

満足に食事がとれていない時などに1日1本飲むようにしましょう。

 

 

また一番はしっかりと睡眠をとることですので最低でも6時間、そして午前2までに眠りにつくようにしましょう。基本的にしっかりと洗顔して、食生活を整えていれば、1週間以内には自然に治癒されていきます。

 

 

赤ニキビの場合

 

 

腫れあがった赤ニキビがまぶたにできた場合には薬を塗っていきます。しかし目の付近であることに加え、肌が敏感なので刺激が強い薬は使用してはいけません。

 

 

また乾燥させてもいけないので保湿性のある、低刺激の薬を使用します。市販の薬でおすすめなものはオロナイン軟膏です。

 

 

 

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液

 

効果:赤ニキビ、炎症ニキビ

 

価格:30g450円

 

即効性:1日~1週間

 

 

オロナイン軟膏は保湿性もあり、敏感肌につけても問題ない軟膏です。そしてクロルヘキシジングルコン酸塩液がにアクネ菌を殺菌することでニキビを治療します。また白ニキビにも効果があるのでまぶたの白ニキビがある場合には塗っても構いません。

 

 

まぶたにつける場合には、1日2回洗顔後にオロナインを薄くなじませるようにつけるようにしてください。赤ニキビあどであれば3日~1週間以内に治まっていきます。

 

 

ニキビが炎症したり、痛い場合には?

 

 

まぶたのニキビの症状がひどいと感じた場合には病院に行きましょう。また眼科ではなく、皮膚科に行くようにしてください。皮膚科で、感染症の疑いがないか診断され、感染症であれば感染症用の軟膏を処方されます

 

 

ニキビであれば医師から薬とケア方法を教えて頂けるので従うようにしてください。まぶたにニキビができたらくれぐれも潰さず、触らないようにしてください。

 

 

ということでまぶたのニキビできた場合の対処法でした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ