こめかみのニキビの原因

こめかみにニキビができてしまう!?一番の原因はアレ!

こめかみにニキビができてしまう!?一番の原因はアレ!

 

 

こめかみは鼻やおでこのように皮脂の分泌が盛んなわけでは
ありませんが、ニキビができやすい場所とされています。

 

 

特にこめかみにはぷくっと炎症した赤ニキビができるのが特徴的です。
ここではこめかみのニキビの原因と治し方についてはお伝えします。

 

 

こめかみニキビの原因について

 

 

こめかみにニキビができる原因というのは主に3つあります。

 

 

①ストレスが溜まっている

 

②髪の毛がかかっている

 

③洗顔と保湿不足

 

 

この3つが原因とされています。

 

 

①ストレスが溜まっている

 

 

こめかみニキビの特有の原因としてストレスが溜まっていることが挙げられます。特に1つだけでなく、複数こめかみにニキビができているとストレスのサインの可能性が高いです。

 

ストレスが溜まり自律神経が乱れていると、肌の新陳代謝が乱れたり、体の免疫力が落ちます。そしてこめかみは皮膚が薄いため、その影響を受けやすくなってしまいます。

 

 

一番のこめかみの原因がストレスとされるので注意してください。また内的な原因によるものなので白ニキビ、黒ニキビなど段階を踏まずいきなり炎症したニキビができます。

 

 

②髪の毛

 

 

そしてこめかみの2番目の原因とされるのが髪の毛によるものです。

 

 

髪の毛はいくら洗っても、油が落ちませんし微量な雑菌は必ず付着したままになっています。そしてこめかみに髪の毛がかかっていることで毛穴に雑菌が入り込んでしまいニキビができてしまいます。

 

 

ですから髪の毛がこめかみにかかっている人は要注意です。特にこめかみのニキビは統計では65%が女性に起こるとされ、髪の毛が長い女性の方が起こりやすいです。

 

 

私も髪にかかっていた時は繰り返しこめかみにニキビができてしまいました

 

 

 

 

私の場合、髪の毛も下ろしていたので外からは分かりませんが髪を上げるとニキビがありましたね。
またこのように複数あるとストレスの可能性も高いです。

 

 

②洗顔と保湿不足

 

 

こめかみは洗顔時に洗いが不足しがちな部分です。洗顔が不足してしまうと毛穴が皮脂がふさがってしまい、アクネ菌が繁殖することによって、炎症した赤ニキビができてしまいます。

 

 

また同様に化粧水や保湿クリームなどもこめかみに塗るのを忘れてしまう場合があります。洗顔をするときは後ろで髪を束ねて、しっかりとこめかみやおでこなどを洗っていきましょう。。

 

 

以上がこめかみのニキビの原因とされています。

 

 

髪の毛がかかってなくて、洗顔もしっかりしているのに関わらず、こめかみにニキビができる場合には、ストレスが考えられます。

 

 

こめかみのニキビの治し方

 

 

髪の毛をかけず洗顔を忘れない

 

 

まずこめかみを隠したりすためには髪の毛をかけるのは
悪化の原因になりますので、髪の毛はかけないようにしましょう。

 

 

男性であれば、こめかみにかからないよう
もみあげを短くすることが対策として立てられます。

 

 

女性ならばもみあげを耳にかけるなどして、
こめかみにかからないようにしましょう!

 

 

 

まず最初にこめかみは洗顔をしても洗い忘れがちな箇所です。
ですから日々の洗顔ではしっかりとこめかみを洗うようにしましょう。

 

 

保湿ケア

 

 

そしてこめかみは洗顔後のケアも重要です。もし髪の毛をこめかみにかけないのであれば洗顔をしっかりするだけで大丈夫ですが、髪の毛をこめかみにかけるのであればケアは必要です

 

 

髪の毛によるがニキビを引き起こします。油から守るには水分が必要だとされていますのでこめかみのニキビを治す、予防するというためには十分な保湿が重要になってくるのです。

 

 

保湿ケアは皆さんが持っている保湿剤で構いません。
しっかりとこめかみ部分の肌に水分を張って、油から防ぎましょう。

 

 

おすすめはニキビ用の化粧水『ハトムギ化粧水』を使い、そのあとにニベア青缶でたっぷりと保湿してあげるのが良いでしょう。値段も手ごろで個人的にかなりおすすめです。

 

 

会社:イミュ株式会社

 

有効成分:グリチルリチン酸、ハトムギエキス

 

価格:500mlで650円

 

使用法;たっぷりと手に取り、そのまま顔全体に使っていきます。

 

 

 

会社:花王株式会社

 

値段:400円(169g)

 

保湿成分:ホホバオイル、スクワラン

 

方法:化粧水を使った後に顔全体に塗ります。

 

 

1日2回洗顔をしっかりとした後に、ハトムギ化粧水を手のひらで顔全体に塗っていきましょう。そして乾燥しやすい部分をニベア青缶で薄くなじませるように塗ります。

 

 

こめかみに効くニキビの薬

 

 

こめかみは皮膚が薄いので刺激が強いと症状がひどくなる場合があるので低刺激の軟膏を塗るのがおすすめです。またこめかみニキビはほとんど炎症を引き起こしている場合が多いのでイブプロフェンピコノールなどの抗炎症作用のある成分を含んだ薬を使うと効いていきます。

 

 

市販の薬であればライオン株式会社のペアアクネクリームがイブプロフェンピコノールを含みさらに低刺激で使いやすいので使ってみるといいと思います。

 

 

・ペアアクネクリーム

 

 

 

有効成分:イブプロフェンピコノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは1日 ニキビ跡は1か月

 

 

低刺激ですし、こめかみの赤ニキビでしたら1週間ほどでよくなってくるでしょう。
朝と夜の洗顔後の2回にニキビの患部にのみ塗るようにしてください。

 

 

また家庭にオロナインがある場合にはこめかみのニキビにも有効とされるクロルヘキシジングルコン酸塩液を含んでいるので試してみる価値はあります。

 

 

 

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液、ワセリン

 

効果:赤ニキビ、炎症ニキビ

 

価格:30g450円

 

即効性:1日~1週間

 

オロナインも1日2回朝と夜の洗顔後に塗っていきます。またオロナインはワセリンも含んでいるため保湿クリームも兼ねることができるので個人的にはオロナインがおすすめです。

 

 

 

ということでこめかみのニキビの治し方でした。

 

 

こめかみのニキビは治りやすいですが、繰り返しできやすいニキビでもあります。ニキビを治しても日々の洗顔保湿が怠ってしまうと、何度も何度もニキビができてしまうからです。

 

 

薬を塗ってもその場しのぎであり、根本的にこめかみのニキビを治したいと思ったら、
洗顔、そして髪の油をガードするための保湿は欠かせません。

 

 

毎日のスキンケアはしっかりと忘れずに行うようにしましょう!
ということでこめかみのニキビの原因と治し方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ