鼻の穴のニキビの原因と治し方

鼻の穴にもニキビはできる!原因と治し方とは!?

鼻の穴にもニキビはできる!原因と治し方とは!?

 

 

鼻の穴にニキビには赤ニキビができることがあり、なかなか痛みが伴って非常に厄介です。下手に潰して、雑菌が入り込むと化膿を伴うので要注意です。

 

 

また鼻の穴の入り口付近には白い芯が出ている白ニキビもできることがあります。

 

 

ここでは鼻の穴のニキビの原因と治し方についてお伝えします。

 

 

なぜ鼻の穴にニキビができるのか?

 

 

鼻の穴にニキビができる原因としては、大きく分けて4つあるとされます。

 

 

①鼻炎症を起こしている

 

②鼻をほじる癖がある

 

③鼻毛を抜いてしまう

 

④生活習慣の乱れ

 

 

これら4つが大きく分けて挙げられます。

 

 

①鼻炎による鼻の穴のニキビ

 

 

まず鼻炎症なのですが、鼻炎症はウィルスに感染することによって鼻の粘膜が炎症を引き起こし、鼻水が出たりしますが、鼻水に含まれる雑菌などが毛穴から入り込みニキビをつくってしまうのです。

 

 

もし鼻水が止まらないなどの症状と一緒に鼻の穴にニキビができている場合には、鼻炎症によるものかもしれませんので耳鼻科に行って診察を受けるようにしてください。

 

 

鼻腔の毛穴の炎症によってもニキビができてしまうことがあるので、なるべく刺激を与えないようにしましょう。

 

 

②鼻をほじる癖

 

 

鼻の穴というのは毛に覆われていますが、皮膚自体は粘膜であり、とても外的刺激に弱いです。

 

 

鼻をほじる癖があると、爪で粘膜を傷つけていますし、手に付着している雑菌が入り込む場合があるため、そのまま手でほじるのは良くありません。

 

 

③鼻毛を抜く

 

 

鼻毛を抜くと、毛穴がむき出しになります。鼻毛自体がかなり太いため、それと同じく毛穴も大きいです。

 

 

鼻毛を抜いて放置してしまうと雑菌が入り込みます。また鼻毛を抜いて、さらに鼻をほじると、かなりの確率でニキビができます。また眉間や眉毛状のニキビも毛を抜くことが原因とされます。

 

 

鼻毛を抜いた後は軽く水で流すなどしてある程度きれいにしましょう!

 

 

④生活習慣の乱れ

 

 

鼻の穴のニキビは生活習慣の乱れてもできてしまいます。イメージとしては口内炎ができるのと同じできかたです。

 

 

特にビタミンB、ビタミンCが不足したり、また睡眠不足に陥っている場合には要注意です。

 

 

油ものを控えて、野菜を積極的に食べていくようにしましょう。また睡眠はできれば1日6時間はとるようにしてください。

 

 

鼻の穴は粘膜なので免疫力が低下するとすぐにアクネ菌が繁殖しやすくなり、ニキビとなってあらわれます。また細菌やウィルスなどにも感染する場合があるので注意してください。

 

 

以上の理由から鼻の穴にニキビができるとされています。ニキビとして表面にあらわれる場合には赤ニキビです。

 

 

鼻の穴は粘膜ですので皮脂は分泌されませんので白ニキビや黒ニキビができることはありません。

 

 

ただし鼻の穴の入り口周りは皮脂が分泌されるので、白ニキビができることがあります。その場合にはしっかりと洗顔することで自然に芯ごとポロッと落ちます。

 

 

鼻の穴のニキビの治し方

 

 

鼻の穴にニキビができた場合には炎症を抑えるニキビ薬を塗るようにしていくのが解決策です。

 

 

ただ鼻の穴は粘膜なので、刺激のある薬を塗るとかぶれてしまう場合があるので低刺激のニキビ軟膏を塗りましょう。
低刺激の薬としてはペアアクネクリームやオロナインがおすすめです。

 

 

・ペアアクネクリーム

 

 

 

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは1日 ニキビ跡は1か月

 

有効成分のイブプロフェンピコノールが鼻の穴のニキビの炎症を抑えてくれます。またイソプロピルメチルフェノールは殺菌作用があり、アクネ菌を殺菌します。

 

 

ペアアクネクリームは保湿クリームようでニキビにつけても全く刺激がないため非常におすすめです。

 

 

・オロナイン

 

 

 

 

会社;大塚製薬

 

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液

 

効果:赤ニキビ、炎症ニキビ

 

価格:30g450円

 

即効性:1日~1週間

 

 

オロナインのクロルヘキシジングルコン酸塩液は抗炎症作用と殺菌作用のふたつがあり、鼻の穴のニキビに有効です。

 

 

鼻の穴のニキビにはこれらの2つの薬を使っていくようにしましょう。

 

 

鼻の穴につけていく場合には、1日1回、洗顔後か入浴中に塗りましょう。そして薬を塗るときのポイントなのですが手で塗らずに綿棒につけて塗りましょう。

 

 

手で塗ると雑菌がつきますし、うまく塗れないこともあります。少量をとってニキビ部分にちょんちょんとつけるだけで構いません。

 

 

効果としてはおよ3日ほどで鼻の穴のニキビの炎症や痛みが消えていきます。1~2週間で完全に治ることが期待できます。

 

 

治ったからといって鼻の穴をほじって刺激を与えないようにしましょう!鼻の穴のニキビを触って潰してしまうと粘膜を傷つけてしまい、化膿してしまいます。

 

 

また鼻をほじるときは、手でほじるのではなく、綿棒や濡らしたティッシュなどで行うようにしましょう。

 

 

もし薬を塗っても治らない場合には鼻炎や鼻に雑菌が溜まってしまっているかもしないので耳鼻科に行きましょう。

 

 

ということで鼻の穴のニキビの原因と治し方でした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ