ニキビの治療法

豆乳によってニキビが治るって本当!?【豆乳の効果】

豆乳によってニキビが治るって本当!?【豆乳の効果】

 

健康飲料として豆乳を飲むことで美肌効果があるとされていますがこの豆乳はニキビにも効果的であるとされます。

 

 

特に生理前や妊娠中にできるニキビにはかなり効果的で、女性におすすめできるニキビケア飲料なのです。

 

 

ここでは豆乳のニキビへの効果と使い方を紹介したいと思います。

 

 

豆乳のニキビに対する効果

 

 

なぜ豆乳がニキビに効果的なのかというとホルモンバランスを都とのる大豆イソフラボンが含まれています。

 

 

ホルモンバランスが崩れるとニキビや肌荒れなどの症状がでてしまうんですね。

 

 

特に生理前や妊娠中というのは子宮の収縮を抑えるために黄体ホルモンが多く分泌され、卵胞ホルモン(女性ホルモン)とのバランスが崩れます。

 

 

すると胃腸の運動も鈍くなり、便秘になりやすくなってしまいます。さらに新陳代謝も低下し、肌が酸化しやすくなるためニキビや肌荒れが起きやすくなってしまいます。

 

 

ですが豆乳を飲んで大豆イソフラボンを飲むことによって体内で卵胞ホルモンと増やすことによって、バランスを保つことができます。

 

 

それにより便秘も解消され、新陳代謝も向上することで内臓機能もよくなり、ニキビや肌荒れに効果があるとされています。

 

 

また大豆イソフラボンは肌の新陳代謝を助けてくれる働きや美白作用、保湿性の向上といった効果もあるとされています。

 

 

特に顎や口周りなどのニキビはホルモンが原因とされるので豆乳を飲むことによって改善されていくとされます。

 

 

男性のニキビにも効果的

 

 

男性ホルモンの中でジヒドロテストステロンというホルモン物質は薄毛や皮脂分泌、ニキビの元となります。女性の場合には顎周りにできやすいですが、特に男性は頬や鼻、おでこにできやすいです。

 

 

しかし豆乳を飲むことでこのジヒドロテストステロンの分泌を抑制することができるため、男性のニキビに対しても効果的となります。

 

 

以上のように豆乳はホルモンを調節することでニキビに効果があります。その他にも食物繊維や大豆オリゴ糖なども含まれ便秘に対しても効果がありますので女性にはおすすめの飲み物です。

 

 

豆乳でのニキビケアの注意点

 

 

では豆乳の大豆イソフラボンを摂り続けることによって、ニキビは必ず治っていくのかというと、そうでもありません。

 

 

というのはニキビの原因が例えば乾燥などの場合豆乳を飲んでも肌の保湿不足が改善されなければ、ニキビは全く治りません。基本的に豆乳はホルモンバランスによるニキビだけ効きます。

 

 

また逆に豆乳の飲みすぎすると、脂肪分も多いので逆にニキビの原因になるので注意が必要です。

 

 

ですから豆乳に対して過度の期待を持つのはいけないと思います。しかし豆乳自体は健康食品であるため、正しい飲み方を守れば飲んでも全く問題ないでしょう。

 

 

ニキビを治すための豆乳の飲み方

 

 

ニキビに効く豆乳

 

 

ニキビを治すために豆乳を飲むときはどのような豆乳が良いのでしょうか。大きく分けて豆乳には3種類あります。

 

 

①成分無調整豆乳

 

②調整豆乳

 

③豆乳飲料

 

 

ニキビに一番効くとされるのは成分無調整豆乳です。

 

 

成分無調整豆乳は添加物が一切含まれていないため糖分など逆にニキビの原因にならないものを摂取する心配はありません。

 

 

ただ無調整豆乳は味気がなく豆腐を飲んでいるような独特の味がしますので苦手な場合にはスーパーで売られている調整豆乳でも構いません。

 

 

 

※スーパーやコンビニ売られている最もメジャーな豆乳です。

 

 

そして豆乳飲料は砂糖などニキビの原因となる添加物も多いのでおすすめできないとされています。

 

 

豆乳の飲み方

 

 

①毎日継続的に200mlの豆乳を飲んでいきます。ただ1日500mlを超えて飲むことは控えるようにしましょう。

 

 

②どのタイミングでも飲んでも構いませんが、一番効果的なのは朝起きてすぐ温かい豆乳を飲むことです。
ただし砂糖やコーヒー粉末を加えるのはなるべく控えましょう。

 

 

③大豆イソフラボンが効いてくるのは時間がかかります。最低でも28日間は飲み続けるようにしましょう。

 

 

④28日間飲み続けても肌荒れやニキビに改善効果がなければ飲むのを控えましょう。

 

 

以上がニキビケアのための豆乳の飲み方です。ホルモンバランスを安定させることができるため生理前に肌荒れや頭痛が起こる場合にも予防効果が得られます。

 

 

また豆乳ではなくても豆腐を1日100g食べることで豆乳を飲むのと同じくニキビに対しては効果的とされます。

 

 

 

豆乳イソフラボンで直接肌に!

 

 

会社:常盤薬品工業株式会社

 

値段:700円(150ml)

 

成分:ダイズエキス、ダイズイソフラボン

 

用法用量:1日1回洗顔後にニキビ部分に塗る

 

 

また豆乳の成分を配合した豆乳イソフラボン化粧水というものが常盤薬品工業株式会社から販売されています。

 

 

ダイズイフラボン、ダイズエキスが成分として含まれ、豆乳を飲むよりも効果的にニキビ肌に対して効いていきます。

 

 

もしニキビだけ改善させたい場合には豆乳を飲むよりも豆乳イソフラボンを洗顔後に1日1回つけるようにしてみください。最低2週間つけることによって顎や口周りのニキビが改善されていきますので是非試してみください。

 

 

豆乳と似た皮膚科の治療法

 

 

皮膚科では豆乳のホルモンを補うと言ったニキビ治療と近い治療法には低用量ピルといったものがあります。

 

 

薬品名:マーベロン

 

会社:MSD株式会社

 

成分:デソゲストレル、エチニルエストラジオール

 

値段:1か月分で2500円

 

 

低用量ピルはホルモンバランスを整えるものなのですが、豆乳を摂取するよりも何倍も効果があると言えるでしょう

 

 

もし妊娠中の方や生理のホルモンバランスでニキビができているかもしれない場合にはそちらでの治療をおすすめします。

 

 

ということで豆乳へのニキビへの効果と飲み方についてでした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ