春のニキビ

春のニキビができる原因と治し方について!

春のニキビができる原因と治し方について!

 

 

春になるとニキビや肌荒れがいきなりでやすくなる場合があります。

 

 

特に温かくなったと感じたころには、頬や顎周りにニキビができることが多いですね。春のニキビは冬にできるニキビよりも対策も難しく、長続きしてしまうので注意しましょう。

 

 

ここでは春にニキビができる原因と治し方についてお伝えします。

 

 

春にニキビができる原因とは?

 

 

春がニキビができるのは大きく分けて3つあるとされています。

 

 

①花粉によるもの

 

 

春にニキビができるのはまず花粉が考えられます。花粉によるアレルギー反応によって皮膚が角質化されていきます。皮膚がざらつくのも花粉によるものです。

 

 

また花粉によって頬周りが赤くざらざらとして、こもったような赤ニキビができるのが特徴です。頬周りや顎周りなどの角質が薄く、ダメージを受けやすいところにニキビができやすいです。

 

 

②自律神経の乱れ

 

 

春というのは新生活の始まりであり、それに伴って自律神経が乱れてしまう恐れがあります。

 

 

自律神経の乱れによって、肌のターンオーバーが停滞してしまうことで、角質が詰まってしまいます。するとアクネ菌が繁殖してしまいニキビができてしまうのです。

 

 

③気温の変化によるもの

 

 

気温の変化は冬から春が最も変わりやすいとされています。そのため急激な気温の変化によって、肌がダメージを起こしてしまいます。

 

 

肌にダメージになるとバリア機能をつかさどっているセラミドの量が減って、春なのに肌が乾燥してしまう恐れがあるのです。すると乾燥により大人ニキビができてしまいます。

 

 

以上のように春はニキビがとてもできやすい季節となっています。

 

 

春のニキビの治し方について!

 

 

春のニキビができたときの治し方についてお伝えします。

 

 

①春のニキビに効く薬

 

 

春のニキビに対しては抗炎症作用、殺菌作用、保湿作用を兼ね備えたニキビ薬が効果的となります。特に市販の薬ではペアアクネクリームが挙げられます。

 

 

会社:ライオン株式会社

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:1本(14g)883円

 

即効性:軽度のニキビは3日以内、赤ニキビは5~10日

 

 

イブプロフェンピコノールには抗炎症作用があり、イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用があります。

 

 

また白色ワセリンを含んでおり、肌の保湿作用もあり肌の乾燥を予防改善します。

 

 

ペアアクネクリームの中身はこのように白いクリームとなっており、敏感肌でも刺激とならずに塗りやすいです。

 

 

1日2回朝と夜の洗顔後に使うことによって、1~2週間で初期ニキビや赤ニキビに効いていきます。

 

 

②春のニキビに効く化粧水

 

 

また花粉や乾燥対策のために化粧水を使うことは重要です。特に春のニキビにはハトムギ化粧水が効果的となります。

 

 

会社:イミュ株式会社

 

効果:ニキビ跡、赤ら顔

 

価格:500mlで650円

 

有効成分:グリチルリチン酸、ハトムギエキス

 

ハトムギ化粧水には含まれるグリチルリチン酸は抗炎症作用があり、赤ニキビやニキビ跡の赤みを抑えることができます。

 

 

そしてハトムギエキスが浸透することによって、毛細血管の働きを高め、肌のターンオーバーが促されていき、ニキビ跡に対しても効いていきます。

 

 

さらにハトムギエキスはバリア機能を高めて春の乾燥や花粉から肌を守ることができます。ハトムギ化粧水は1日2回朝と夜の洗顔後に塗るようにしましょう。

 

 

また余裕があればさらなる保湿ケアとしてニベア青缶などを化粧水の後に使って構いません。

 

 

以上のように春のニキビは対策するようにしていきましょう。後は自律神経を整えるためにもしっかりと睡眠は6時間以上はとるようにしましょう。

 

 

ということで春にニキビができる原因と治し方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ