芯のないニキビ

芯のないニキビの原因と具体的な治し方について!

芯のないニキビの原因と治し方について!

 

 

通常ニキビは毛穴が皮脂で詰り、そこが酸化していくと白い芯や黒い芯ができるのが一般的です。

 

 

しかし中には芯がないニキビができることがあり、芯のないニキビをこもりニキビとも呼ばれています。特に顎周りにできやすく、赤く腫れ物のようなニキビが当てはまります。

 

 

 

 

画像のように芯のないニキビは赤くこもっているんですね。そしてこの芯のないニキビは通常のニキビより跡になりやすいので早く対策する必要があります。

 

 

ここでは芯のないニキビの原因と治し方についてお伝えします。

 

 

芯のないニキビの原因

 

 

メカニズムについて

 

 

なぜ芯のないニキビができるのかというとニキビが皮膚の表面でできたのではなく、皮膚の深層でアクネ菌が繁殖してニキビができたからです。

 

 

・乾燥や皮脂の過剰分泌、洗顔の不足などによって毛穴が詰まることでできたニキビには芯があります。

 

 

特におでこや鼻などは芯があるニキビができやすいとされます。

 

 

・それに対して、内臓機能の低下や血液がドロドロになることで、肌の深層で皮脂がつまり、そしてアクネ菌が繁殖することで芯のないニキビができます。

 

 

に顎周りや膝など、皮膚が分厚いほど芯のないこもったニキビができやすいとされます。また肌の表面にあらわれるころには炎症しているため赤ニキビなのも特徴的です。

 

 

具体的な原因

 

 

では芯のないニキビを作り上げてしまう具体的な原因としては3つ挙げられます。

 

 

①ホルモンバランスの乱れ

 

 

芯のないニキビというのは男性よりも女性に多いとされます。女性は生理前になると黄体ホルモンが分泌されます。

 

 

そして卵胞ホルモンとのバランスが乱れると血行不良を招いてしまうためニキビの原因となります。特に生理前は顎周りや口周りに斑状の芯のないニキビができる場合があります。

 

 

また女性ほど便秘になりやすく、腸内環境が乱れるとそのサインとして、顎周りに肌荒れや顎ニキビがあらわれるので注意してください。

 

 

②睡眠不足

 

 

肌のターンオーバーは睡眠時に行われるため、睡眠不足な方ほど芯のないニキビ、そして普通の白ニキビができます。

 

 

ニキビケアの目安としては1日6時間以上寝て、22~0時の間には寝始めるようにしましょう。

 

 

③暴飲暴食

 

 

またアルコールの飲みすぎによって、肝臓機能が低下していたり、野菜を食べずにお肉ばかり食べているのも原因です

 

 

血液がドロドロになり、肌の毛細血管が詰まることでアクネ菌が繁殖して芯のないニキビができてしまいます。

 

 

ということで以上のような内側の原因によって芯のないニキビができてしまいます。芯がないわけではなく、芯が皮膚の奥深くにあるというわけですね。

 

 

芯のないニキビの具体的な治し方について

 

 

芯のないニキビを治し方を具体的に分かりやすく説明します。

 

 

まずやってはいけないこととして、ニキビを潰して奥にある膿や芯を取り出してしまうのは絶対にやめてください。

 

 

皮膚の深層を傷つける恐れがあり、特に真皮という部分を傷つけると再生できなくなり、クレーターやニキビ跡を起こしてしまいます。くれぐれも潰さないようにしてください。

 

 

薬によって治す

 

 

まず芯のないニキビは炎症していることが言えますので、抗炎症作用の成分を含んだ薬を塗るのがやはり効果的です。

 

 

また皮膚の深層まで有効成分を浸透させる必要があるので浸透力に優れた薬を選ぶのが良いでしょう。

 

 

特に市販の薬では抗炎症作用と浸透力を兼ね備えたペアアクネクリームが非常に効いていきます。

 

 

 

 

有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:14gで883円

 

即効性:軽度のニキビは2~3日 

 

 

イブプロフェンピコノールは抗炎症作用のある成分で芯のない赤ニキビの炎症を鎮静させていきます。またイソプロピルメチルフェノールが殺菌作用があり内部のアクネ菌を殺菌することで根本的に治していきます。

 

 

1日2回洗顔後につけていくのですが、芯のないニキビにより効果的に効かせるためにお風呂に入った後につけるのが良いです。

 

 

※皮膚を温めて柔らかくすると、有効成分が浸透しやすくなるのです。およそ5~7日ほどで芯のないニキビは治ってしまいます。

 

 

内側からのケア

 

 

また薬で芯のないニキビを治しても、生活習慣が改善されない限り、また何度でもできてしまいます。

 

 

特にビタミンB2、ビタミンB6を摂取することで抗酸化作用と血液の代謝を向上させることで内側のニキビが激減されていきます。

 

 

食べ物ではレバー、納豆、ホウレンソウなどを積極的に食べるようにしてください。特に納豆はホルモンバランスも整えることができます。

 

 

 

 

納豆は1日1パック食べるのをおすすめします。

 

 

また飲み物は豆乳を飲むことでホルモンバランスを安定させることができるので女性の方にはおすすめです。

 

 

 

 

1日朝起きてすぐに200ml飲むことで便秘にも効き1か月後にはホルモンバランスも安定して気分も優れるのでおすすめです。

 

 

また食べ物や飲み物で栄養を毎日摂取するのが難しい方は値段は高いですがチョコラbbを飲むことをおすすめします。

 

 

販売会社;エーザイ株式会社

 

有効成分:ビオチン、グルクロノラクトン

 

値段:1本約200円

 

効果:顎ニキビ、口周りのニキビ

 

 

これ1本飲むことでビタミンや肌に必要な栄養をカバーできるので、時間がない人などにはおすすめです。

 

 

芯のないニキビができた場合には薬で治して、予防は飲み薬や普段の生活習慣の改善を試してみてください。ということで芯のないニキビについてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ