かたいニキビ

かたいニキビの原因と治し方について!

かたいニキビの原因と治し方について!

 

触るとしこりのような固いニキビができることがありますね。また炎症しているためを帯びていて、触ると痛いという特徴もあります。

 

 

一般的にはかたいニキビは顔には鼻や顎にできやすいとされます。体では膝や肩などにできやすいとされます。また固いニキビができるのは大人の方が圧倒的にできやすく、また誤って潰してしまうと真皮が傷つく可能性が高いのでニキビ跡になりやすいので要注意です。

 

 

ここでは固いニキビの原因と正しい対処法についてお伝えします。

 

 

固いニキビの正体とは

 

 

この固いニキビは通称「硬結ニキビ」と呼ばれております。

 

 

普通のよくできるニキビはふにゃふにゃとしていて白いコメド(皮脂が固まったもの)が突出されると思います。

 

 

しかし固いニキビというのはこのコメドが深い部分できてしまい、皮膚の深層で炎症してしまいます。すると皮膚の表面には皮膚を盛りあげて表れるためニキビが固くなってしまいます。

 

 

コメドが皮膚の奥にあるため白ニキビや黒ニキビと段階を踏まずに、いきなり赤ニキビとなってあらわれます。特に皮膚が分厚い部分にできるため、顎周りや体にできやすいとされます。

 

 

固いニキビができる原因とは

 

 

固いニキビができるメカニズムとしては血行不良などによりターンオーバーが行われず、皮膚の奥でコメドが固まってしまうことでできます。やはりターンオーバーの不足が一番の原因であると言えます。特に以下の3つは注意です。

 

 

①睡眠不足(6時間未満)

 

 

1日6時間未満の睡眠ですとターンオーバーが促されずに肌荒れや硬結ニキビの原因となります。6時間は最低でも睡眠をとり、できれば22時から寝始めることで肌のターンオーバーを促すことができます。

 

②ビタミン不足(野菜不足)

 

 

ビタミンBやビタミンCは皮膚の抗酸化作用を促す働きがあるため、不足してしまうと皮膚がドロドロになってしまいます。そのため野菜や果物はしっかりと食べるようにしましょう。逆に肉や油ものは血液の流れを悪くするので控えましょう。

 

 

③内臓機能の低下

 

 

内臓、特に肝臓は体の毒素を分解する機能をする器官です。もしアルコールや甘いものの摂りすぎによって機能が低下してしまうと、体の毒素をうまく分解できなくなります。毒素が溜まるとそれが炎症した硬いニキビやヘルペス、面疔となってあらわれてしまいます。

 

 

アルコールや甘いものはできるだけ控えるようにしましょう。

 

 

固いニキビというのは以上のような生活習慣によってもたらされます。過剰な皮脂分泌によってはほとんど起こらないため、思春期よりも圧倒的に大人の方が固いニキビができやすいとされています。

 

 

固いニキビができた時の対処法

 

 

固いニキビを予防するという意味では生活習慣を改善することが大切です。ですが現在ある固いニキビを治すためには薬を塗ることが重要とされます。特に炎症を抑えて、皮膚の奥まで成分が浸透するものを選びましょう。

 

 

硬結ニキビに効く昔ながらの薬がたこの吸出し、最新の市販薬であればオロナインが挙げられます。

 

 

会社:町田製薬株式会社

 

成分:硫酸銅、サリチル酸

 

値段:10g1100円

 

副作用:発疹、発赤

 

 

たこの吸出しは大正2年からある塗り薬で、硬結ニキビや皮膚炎、粉瘤ができた時は塗られていました。

 

 

サリチル酸が皮膚を軟化させることによって固いニキビにも成分が浸透しやすくなります。そして硫酸銅は腐蝕作用によって中の固いニキビの芯を小さくさせる働きを持っています。※硫酸銅は他のニキビ用の薬には一切含まれないため、たこの吸出し独自の効果となっています。

 

 

①使い方は1日1回夜の洗顔後に塗ります。体のニキビには1日1回入浴後に塗ります。

 

②たくさんつけすぎずに、固いニキビ部分にのみちょんと塗るようにします。

 

 

③固い炎症したニキビであれば2~3日で小さくなりはじめ、5~10日するとほとんど治ってしまいます。

 

以上がたこの吸出しによる固いニキビの治し方です。

 

 

たこの吸出しにより芯を出さずとも固いニキビを治すことができるので是非試してみてください。

 

 

ではつづいてオロナインによる固いニキビの治し方をご紹介します。

 

 

 

 

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液

 

効果:赤ニキビ、炎症ニキビ

 

価格:30g450円

 

即効性:1日~2週間

 

 

オロナイン軟膏を塗ることで有効成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液が
患部の奥まで浸透していき、コメドを徐々に縮小させる効果があります。

 

 

ただ固いニキビは治りが遅く、忍耐があります。オロナインの場合には完全に治るには2週間はかかるとされています。

 

 

オロナインの固いニキビへの使い方としては

 

 

①オロナインを塗る前に洗顔をします。体のニキビには1日1回入浴後に塗ります。

 

 

②化粧水などで浸透力と保湿性を高めると
より高い効果が望めますが、個人の自由で構いませn。

 

 

③そして固いニキビの部分にのみ塗り込んでいきます。
爪を立てたり、ぎゅっと圧力をかけないようにしてください。

 

 

④朝と夜の洗顔後に2回塗ることになります。

 

 

固いニキビができたときはこの2つの薬を塗るようにしてみてください。

 

 

対応をあやまってコメドが破裂してまうと、内部で傷をついてしまうのでニキビ跡になってしまうので慎重に扱う必要があります。まず絶対に触らないようにしましょう。触ると炎症も悪化しますし、手に付着した菌が入り込み化膿されることで、ぐじゅぐじゅになり消えないニキビ跡になってしまいます。

 

 

ということでかたいニキビの原因と治し方についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ