粉瘤とニキビ

粉瘤とニキビの違いとは!

粉瘤とニキビの違いとは!

 

 

ニキビと粉瘤はでき始めの段階ではとても
よく似ているため間違えてしまう人も多くいます。

 

 

どちらも不要になった皮脂や角質などの老廃物が溜まってしまい、
そこに細菌感染を起こして悪化していくという点で共通点もあります。

 

 

ニキビと粉瘤を見分けるのは難しいのですが、
粉瘤はコブのようなしこりがあるのが特徴です。

 

 

また、顔というよりはワキやおしりなど目の行き届かない
部分にできることが多いものです。

 

 

治し方の違いとは?

 

 

ニキビの場合、治すためには清潔を保って
保湿を重視するスキンケアを行うことです。

 

 

これを徹底していれば治っていきます。

 

 

もしもこれで治らないとすれば粉瘤である可能性が出てきます。

 

 

粉瘤の場合には同じように炎症を起こしていても、
中に皮脂などを溜めるができてしまっています。

 

 

そのため、一時的に良くなってもこの袋を取り出さない
限りは何度でも悪化する可能性があります。

 

 

ニキビは自分でケアをして治すことができるのですが、
粉瘤は完治するためには病院での処置が必要なのです。

 

 

ニキビも粉瘤も、きれいに治すためにはできるだけ
早期のうちに取り掛かることが大切です。

 

 

ニキビを治すのはできるだけ小さく膿などもない時の方が
治りが早いですし、跡も残りづらいです。

 

 

粉瘤の治療も小さな時の方が皮脂や角質を溜める袋を
取り出しやすいですし、処置後の傷の治りも早くなります。

 

 

見分けるのは難しいですが、できるだけ早い段階で
見つけてそれぞれに合った治療法を行うことが重要ですね。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ