小さいニキビ

小さいニキビの原因と治し方とは!

小さいニキビの原因と治し方とは!

 

 

小さいニキビは、別名白ニキビとも言われ、それがさらに悪化したものはどんどん大きくなって赤ニキビとなります。

 

 

小さいニキビができやすい場所というのは顎周りや口周り、また目の周りなんかもポツポツとできやすいですね。またおでこにも赤く小さなぶつぶつができることおあります。

 

 

小さいニキビの治し方はどうすればよいか?ここでは原因と治し方について紹介します。

 

 

小さいニキビの原因について

 

 

小さいニキビができる原因というのは大きく分けて3つあるとされます。

 

 

①洗顔不足による毛穴の詰り

 

 

小さいニキビはニキビの初期段階のもので、穴が皮脂や汚れでちょこっと詰まってしまうことによって起こってしまいます。

 

 

ですのでやはり一番に考えられるのは洗顔不足などで普段のスキンケアを疎かにすることによって毛穴が詰まることが考えられます。

 

 

毛穴が詰まると皮膚にぽつっと小さい白いニキビができてしまうので、しっかりと洗顔する必要があります。

 

 

②栄養不足や生活習慣の乱れ

 

 

そしてもうひとつが栄養不足や生活習慣の乱れです。特に顎ニキビや口周りのニキビはこれらが原因とされます。

 

 

徹夜したあとや食事を十分に取らなかった日の翌日の口元や顎周りを見てみてください。本当に小さいニキビがぶわーっとできているのが分かります。

 

 

栄養不足や生活習慣が乱れるとターンオーバーが起きずに本来は垢となって落ちるはずだった角質や皮脂がそのまま肌に残りニキビとなってしまうのです。

 

 

そのまま気づかないでいると、小さな白ニキビの数個が炎症し、いつのまにか赤ニキビができるというわけです。

 

 

③おでこの小さいぶつぶつ

 

 

またおでこの小さいぶつぶつはマラセチア菌というカビの一種が繁殖していることによって生じます。特に夏場の汗をかきやすい日はまたせチア菌が繁殖しておでこの小さいニキビができるので要注意です。

 

 

小さいニキビは上記の3が大きな原因となってできてしまいます。※その他にも小さいニキビ原因ですが、シャンプーなどの残りや化粧品のすすぎ不足などによる毛穴の詰りが考えられます。

 

 

放っておくと、1つのニキビが呼び水となり、そこから雑菌が繁殖してどんどんニキビが広範囲に出来てしまうので注意が必要です。

 

 

小さいニキビの治し方

 

 

では、できてしまった小さいニキビはどのようにすれば治るのでしょうか。やはり初期であれば薬や洗顔料で治していきましょう。

 

 

具体的には小さいニキビの場合にはサリチル酸のピーリングによって皮脂を溶かすのも有効ですし、イオウで角質を柔らかくして殺菌するのも効果的です。

 

 

逆に小さいニキビであれば炎症していないので抗炎症作用の薬や化粧水などは使用する必要はそこまでないとされます。

 

 

小さいニキビに効く薬

 

 

市販の薬ではクレアラシルが小さいニキビ、初期段階のニキビが有効です。

 

 

有効成分:イオウ・レゾルシン

 

効果:初期ニキビ、赤ニキビ

 

価格:30g1470円

 

即効性:1日~2週間

 

 

クレアラシルに含まれるイオウが角質を柔らかくしレゾルシンと合わせてアクネ菌を殺菌することで根本的にニキビを改善させます。

 

 

1日2回洗顔後に塗っていきますが、よく効いてくれて2~3日使うことによって、ほとんど治ってしまいます。

 

 

また小さいニキビで皮膚科を受診すると、ほとんどはディフェリンゲルという薬が処方されます。

 

 

製薬会社:ガルデルマ株式会社

 

成分:アダパレン

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ

 

薬価:1g=120.90円

 

即効性:2~3日

 

 

アダパレンという成分が配合されており、角質を軟化させ毛穴の詰りを解消することでニキビを治していきます。市販されていない薬ですし効果も高いので、小さいニキビができて心配ならば是非皮膚科を受診することをおすすめします。

 

 

 

小さいニキビに効く洗顔料

 

 

小さいニキビならば市販のギャツビーアクネ用洗顔料を試してみてください。

 

 

有効成分:イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム、サリチル酸

 

効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ

 

価格:368円

 

即効性:2~3日

 

 

サリチル酸のピーリング効によって表面の皮脂が溶けて小さいニキビであれば芯ごとポロッと落ちてしまいます。またイソプロピルメチルフェノールは殺菌作用、グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用によって根本的に小さいニキビを治していきます。

 

 

値段も手ごろですので小さいニキビだけでなく炎症したニキビにも効くのでぜひ試してみてください。

 

 

おでこの小さいぶつぶつには

 

 

またおでこの小さいぶつぶつはマラセチア菌なのでアクネ菌を殺菌するものでは効きません。おでこの小さいニキビにはマラセチア菌を殺菌できるものを試しましょう。市販の塗り薬であればドルマイシン軟膏が挙げられます。

 

 

値段:1本約600円

 

有効成分:コリスチン硫酸塩とバシトラシン

 

効果:カンジタ、マラセチア菌による皮膚炎、やけど、あせも

 

塗り方:1日2回洗顔後におでこのニキビ部分に塗っていきます。

 

コリスチン硫酸塩とバシトラシンがマラセチア菌を殺菌してくれます。おでこの小さいニキビであれば1週間ほどで治ってしまいます。

 

 

以上の対策を実践することで小さいニキビは比較的簡単に治ってしまいます。

 

 

しかし小さいニキビは繰り返し起こりやすいので普段からスキンケアや生活習慣はしっかりと改善していきましょう。ということで小さいニキビの原因と治し方でした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ