サリチル酸とニキビ

サリチル酸のニキビへの効果と副作用について!

サリチル酸のニキビへの効果と副作用について!

 

 

サリチル酸はニキビケア用品やニキビ用の薬によく含まれている成分です。
有名どころではプロアクティブの洗顔料もサリチル酸が含まれています。

 

 

ここではサリチル酸がニキビにどのように効いていくのか、そして
副作用、サリチル酸を配合した先顔料、化粧水、薬についてお伝えします。

 

 

サリチル酸がなぜニキビに効果的なのか

 

 

サリチル酸がニキビに効果的とされているのは
ピーリング効果があるからなのです。

 

 

ピーリングというのは皮膚の表面を溶かす作用のことで、
つまりサリチル酸は酸の一種ということです。

 

 

古くなった角質やコメドを落とすことによって
毛穴の詰りを解消し、ニキビの炎症を防いでくれます。

 

 

皮膚を溶かして大丈夫なの?と思いますが、肌の表面を溶かしているので
硫酸のように肌がただれるなんてことはありませんので大丈夫です。

 

 

しかしサリチル酸は他の成分よりも刺激的ですので
肌が合わない人にニキビの症状が悪化してしまいます。

 

 

副作用とサリチル酸が合わない人

 

 

サリチル酸の副作用としては肌の刺激感、発赤、かゆみがあります。

 

 

ただ初めて使う場合には肌がサリチル酸になれていないため、ほぼ必ずピリピリしてしまいますので
使用は中断せずに2、3日使用することで徐々に刺激も薄くなっていきます。

 

 

サリチル酸が配合されているものは敏感肌の方が使用することはできません。

 

 

プロアクティブの公式からも、敏感肌の方は使用できません
と明言されているので、敏感肌の方は控えましょう。

 

 

また敏感肌でもなくても、使用中に耐えらないほどのひりひりや痛み
生じた場合にはすぐに使用をしましょう。

 

 

また肌を乾燥させる作用もあるので、注意してください。

 

 

サリチル酸を配合したもの

 

 

簡単にですがサリチル酸を配合した洗顔料、化粧水、薬を紹介したいと思います。

 

 

サリチル酸の洗顔料

 

プロアクティブ+洗顔料

 

 

会社;ガシー・レンカー・ジャパン株式会社

 

値段:3200円

 

有効成分:サリチル酸

 

用途:1日2回ティースプーン1杯分ををとり、ぬるま湯でやさしくマッサージするように使用していきます。

 

冒頭でも述べたようにサリチル酸を配合した洗顔料と言えばプロアクティブでしょう。
※ちなみに2015年1月にプロアクティブ+にリニューアルしました。

 

 

スクラブも入っており、スクラブ+サリチル酸によって角質や皮脂を確実に落としてくれます。
ただぴりぴりと肌が痛く、スクラブがざらざらして不快という意見も多いです。

 

 

2012年に私も使いましたが白ニキビは確実に治ります。
これは間違いないです。洗い落とすと肌もすべすべにもなりましたね。
ただ赤みがひかなかったので、私は解約しました。

 

 

サリチル酸の化粧水

 

VCローション

 

 

会社;株式会社シーボディ

 

値段:150mL(約1ヵ月分)8640円

 

有効成分:サリチル酸

 

用途:1日2回洗顔後にそのまま手でマッサージするように顔全体につけていきます。

 

 

ニキビ用の化粧水であればシーボディのVCローションが有名です。
ちなみにプロアクティブの化粧水もサリチル酸が配合されています。

 

 

ただサリチル酸を使用した化粧水は非常に少なく、
サリチル酸を配合したニキビ用の化粧水は市販ではほとんどないです。

 

 

それはサリチル酸が乾燥作用があるため、化粧水の保水・保湿効果を
失ってしまう場合があり、保湿効果を落とさずにサリチル酸を配合すると色々手間がかかるからだそうです。

 

 

サリチル酸の薬

 

サリチル酸ワセリン

 

 

会社;吉田製薬株式会社

 

値段:1g25.80円

 

有効成分:サリチル酸

 

用途:1日2回洗顔後にニキビ部分に塗ります。

 

 

サリチル酸が配合された皮膚科で処方されるニキビ用の薬にはサリチル酸ワセリン軟膏があります。
主に白ニキビに処方されます。

 

 

簡単ですがサリチル酸を配合したものの紹介でした。

 

 

サリチル酸は刺激が強いので、肌が弱い方は使用は控えるようにしてください。
以上、サリチル酸とニキビについてでした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ