Tゾーンのニキビの原因と治し方

Tゾーンにできるニキビの原因と治し方

Tゾーンにできるニキビの原因と治し方

 

 

顔のおでこと鼻はTゾーンと呼ばれ、特に思春期ニキビができやすいです。

 

 

おでこの場合には赤いまだらのようなぶつぶつと
鼻には大きな赤ニキビ、そして触ると油や皮脂がついていることが多いです。

 

 

ここではTゾーンのニキビの原因と治し方について
具体的にお伝えしたいと思います。

 

 

Tゾーンのニキビの原因について

 

 

原因としては思春期はやはり成長過程に生じる男性ホルモンの
分泌によるものが大きいので、ある程度Tゾーンにニキビができてしまいます。

 

 

大人や子供関係なく、Tゾーンにできる原因があり、
それは食生活の乱れ(油分の多いものなど)、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

 

また洗顔をしていないなど、不衛生にしているとアクネ菌が
繁殖してしまうので、ニキビの原因ともなります。

 

 

ではTゾーンのニキビケアはどのように行えばいいのでしょうか。

 

 

Tゾーンのニキビの治し方

 

 

やってはいけないこと

 

 

治し方の前にTゾーンのケアについて油とり紙を使用する方がいらっしゃいます。

 

 

しかしおでこや鼻はたくさん油や皮脂が油とり紙で何度も顔を拭くのは、
余計に皮脂の分泌を促すのでNGです。

 

 

皮脂がとってしまうと、体は余計に分泌しようと働いてしまうため、
皮脂は朝と夜の2回の洗顔だけで十分です。

 

 

同じく何回も洗顔をするのは控えましょう。
汗をかいた時に清潔なタオルで拭うのは構いません。

 

 

では具体的に治し方についてです。

 

 

①ビタミンBを摂取する

 

 

まず食べ物や飲み物ですが、皮脂分泌をコントロールする
役割を持っているビタミンBをしっかりと摂取するようにしてください。

 

 

食べ物で言えば、豚肉、大豆類などが挙げられます。

 

 

また飲み物であれば豆乳は大豆イソフラボンも含まれており、
ホルモンバランスの乱れによるニキビにも効いてくるのでおすすめです。

 

 

 

 

そして豆乳には成分無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の
3種類あるのですが、添加物が含まれていない成分無調整豆乳がおすすめです。

 

 

1日200ml~400mlを1か月飲み続けることによって
ニキビや肌荒れに変化が起こる期待が非常に高いです。

 

 

食生活としては暴飲暴食や油っこいものは避け、野菜もしっかりと食べるようにしてください。

 

 

②Tゾーンに効く薬

 

 

Tゾーンに効く薬としては、殺菌性があり、
皮脂を落ち着かせるものが効果的とされています。

 

 

おすすめとしてはクレアラシルが挙げられます。

 

 

有効成分:イオウ・レゾルシン

 

効果:ニキビ跡、赤ニキビ

 

価格:30g1470円

 

即効性:1日~2週間

 

 

イオウによってアクネ菌を殺菌し、レゾルシンによってニキビの炎症を抑えます。
またイオウは皮脂分泌を抑えてくれる作用も持っています。

 

 

乾燥によるニキビには使用しない方がいいのですが
Tゾーンのニキビには非常に効果を発揮してくれる薬です。

 

 

1日2回洗顔後にニキビ部分に塗るようにしてください。

 

 

その他

 

 

その他Tゾーンのニキビを治すうえで大切なこととして挙げると

 

 

睡眠:1日6時間以上の睡眠を心がけ、
また10時~2時の間には寝始めるようにして下さい。

 

 

洗顔料、化粧水:洗顔料はなるべく泡立つものを使用し、
皮脂が分泌されていても化粧水によって保水することは重要です。

 

1日2回までにしましょう。また女性は鼻やおでこに厚塗りは控えるようにしましょう。
隠す効果もありますが、結局はその場しのぎで余計に悪化してしまう恐れがあります。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ