ニキビの芯の臭いについて

【臭う!】ニキビの臭いの原因について!

ニキビの芯の臭いの原因について!

 

 

ニキビ肌の人の場合、じつは肌から独特の臭いが出てしまっています。言葉で表現しづらいのですが、汗をぬぐったタオルの臭いっという感じです。

 

 

ニキビの芯を出した後にその芯の臭いをかいでみることは一度はしたことがあるかもしれませんが、嗅いでみると非常に臭いんですが、コメドが臭いの元であるのです。

 

 

 

またこの画像のコメドは固まったものですが、汁状の場合もあります。脂性肌の方は汁が出ている場合があり、常に臭いを発してしまっていると言えます。

 

 

そしてこのニキビの臭いはパーソナルスペース(半径45cm)に入っていると相手も嗅ぎ取れるほどの臭気なため、対策する必要があるとされます。

 

 

ここではニキビの臭いの元と臭いを抑える対策法をお伝えします。

 

 

ニキビの臭いの正体とは

 

 

ニキビの芯はさきほど述べた通り、『コメド』とも呼ばれていますが、芯は黒ニキビですと、茶色い小さなゴマ粒のようなものがでてきます。

 

 

さらに赤ニキビなどを潰して芯を出すとにゅるっと白い液体状になって芯が出てきますね。

 

 

そしてこの芯の正体というのはそもそも、皮膚の角質なのです。

 

 

その角質が不規則な生活をすることでターンオーバーが行われないと、剥がれず皮膚にとどまってしまいます。

 

 

すると角質が毛穴を塞いでしまい、アクネ菌が住み着くのに最高の環境が整ってしまい、炎症を起こすことでニキビの芯が出来上がるのです。

 

 

つまりニキビの芯は雑菌の塊です。そして濡らしたタオルも放っておくと雑菌が繁殖がして、ニキビと同じような臭いを放つのです。

 

 

ちなみに女性や男性のニキビなど個人差がありますが、ほとんどは同じ臭いを発してしまいます。

 

 

オイリー肌の方が臭いが強いことが多いです。また大人よりも思春期ニキビの方が臭いが強くなる傾向にあります。

 

 

これはオイリー肌や思春期の方が皮脂の脂がよく分泌され汗と一緒に排出されているためです。

 

 

汗が臭い人は角質の汚れが汗に染み込んでいるのと同じく、ニキビがある人から流れる顔の汗も同様に臭くなってしまいます。

 

 

ではこのニキビの臭いをとることはできるのでしょうか?次に臭いの対策方法についてお伝えします。

 

 

ニキビの臭いの対策法について

 

 

①薬による対策

 

 

ニキビが臭いというのは薬などの対策することで改善することができます。特に皮脂分泌を抑えることで臭いの元を断ち切ることができます。

 

 

皮脂分泌を抑えるに効果的な成分がイオウです。イオウには皮脂を抑えるだけでなく、角質除去効果があるため臭いの元を肌から落します。

 

 

イオウを含んだ市販の薬としてはクレアラシルがあります。

 

 

 

 

有効成分:イオウ・レゾルシン

 

効果:ニキビ跡、赤ニキビ

 

価格:30g1470円

 

即効性:1日~2週間

 

 

クレアラシルは長い間ニキビ用の市販薬として使われてきた薬で、薄黄色のクリームで少しイオウの香りがつんとします。

 

 

 

 

イオウが含まれているため溜まった角質を除去し臭いの元を落します。1日2回洗顔後に塗るようにして下さい。およそ2週間後にはニキビも鎮静され、臭いも落ちます。

 

 

ニキビの汁に効く薬

 

 

脂性肌の場合には皮脂分泌が活発になりすぎているとされ、激しい場合には汁も出ることがあります。

 

 

もし汁が出ている場合には、その対策用の薬として亜鉛華軟膏を使うのが効果的です。

 

 

会社:小堺製薬株式会社

 

成分:酸化亜鉛

 

値段:60g900円

 

用法用量:1日2回洗顔後にニキビ部分や皮脂分泌の部分に薄く塗る

 

 

亜鉛華軟膏の有効成分である酸化亜鉛は抗炎症作用があり、赤ニキビ、ニキビ跡の炎症を抑えることができます。

 

 

また脂性肌の汁やアトピーの浸出液を吸収して、肌を適度に乾燥させる数少ない薬です。皮膚科で処方されますが、アマゾンでも購入することができます。

 

 

②ニキビの臭いを消す食べ物

 

 

そして皮脂が過剰に分泌されないように肉食は避けてできるだけ野菜中心に食べるようにしてください。

 

 

特に皮脂分泌を抑えたり、皮脂の酸化を抑えニキビの臭いを消す食べ物としてはビタミンB2、ビタミンC、クエン酸を多く含んだ食べ物が挙げられます。

 

 

おすすめとしてはグレープフルーツ、レモンが挙げられます。

 

 

 

 

グレープルーツとレモンはビタミン群、クエン酸ともに豊富で、汗や皮脂の匂いも変わっていきます。またビタミンB2、B6を摂取することで肌荒れや口周り、顎周りのニキビに対しても効いていきます。

 

 

1日1個食べていき、3週間もすると肌質も驚くほど変わりニキビの臭いもほとんどしなくなるので積極的に食べるようにしてみてください。

 

 

逆に油っこいもの、炭水化物、甘いもの、刺激物、乳製品というのは皮脂を活発にさせ、ニキビの角質化させて臭いの原因になるので控えるようにしましょう。

 

 

ということでニキビの臭いが気になる場合には薬と食べ物で対策しましょう。薬を使えばすぐに消すことができますが、食生活が偏っていると再発してしまうので注意してください。

 

 

さらに汗をかいた時にはそのままにすると雑菌が繁殖して臭いも強くなるのでしっかりとキレイなタオルで拭うかシャワーを浴びましょう。

 

 

ということでニキビの臭いの原因と対策についてでした

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ