ニキビと白い膿

ニキビの白い膿に効く市販の薬と出し方について!

ニキビの白い膿に効く市販の薬と出し方について!

 

 

初期ニキビはたまに白い膿が表面に出る場合があります。下の写真のような膿ができます↓↓

 

 

 

 

口の周りや顎周りにできやすいとされます。軽く触るとふにゃふにゃしていますが、痛みが伴うこともあります。※また白い膿が酸化して黄色くなっている場合もあります。

 

 

このような白い膿が出た場合には薬で対処するか、膿を器具で出すことが正しい対処法とされます。

 

 

ここでは白い膿が出た場合に効く市販の薬や膿の出し方についてお伝えします。

 

 

ニキビの白い膿に効く市販の薬について

 

 

白い膿を治していく場合には、レゾルチン、グリチルリチン酸、サリチル酸を成分した薬が効果的です。

 

 

・レゾルチンは殺菌作用のある薬でアクネ菌を殺菌することでニキビを治し、さらにピーリング作用があります。ピーリング作用によって白い膿が溶かされポロッと落ちてしまいます。

 

 

・グリチルリチン酸は抗炎症作用があり、赤ニキビやニキビ跡に対しても効果的とされます。そしてピーリング作用もあります。塗り薬には含まれておらず、薬用化粧水に含まれます。

 

 

・サリチル酸はとても強いピーリング作用があり、古い角質や毛穴の詰まりを解消します。サリチル酸が最もニキビの白い膿に対して効果的とされていますが、その分ピリピリと感じます。特に洗顔料などに含まれます。

 

 

そしてこれらを配合した代表的なニキビ薬としてはクレアラシルが挙げられます。

 

 

会社:レキットベンキーザージャパン

 

有効成分:イオウ・レゾルシン・グリチルリチン酸・トコフェロール酢酸エステル

 

効果:赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビ

 

価格:30g1470円

 

即効性:1日~2週間

 

 

クレアラシルは代表的なニキビ薬ですが、レゾルシン、グリチルリチン酸の2つが配合された唯一の塗り薬です。イオウも殺菌作用があり、皮膚や毛穴を柔らかくさせる性質が

 

 

またトコフェロール酢酸エステルはビタミンE誘導体のことで、クレアラシルは肌のターンオーバーを促し、ニキビ跡にも効き目があります。

 

 

薬局やドラッグストアには必ず置いてあると思うのでまずはクレアラシルを試してみて下さい。

 

 

サリチル酸を配合した薬用洗顔料

 

 

サリチル酸を配合した薬用洗顔料はプロアクティブなどが有名です。しかし市販の洗顔料であるギャツビーアクネ用洗顔料も効果的となります。

 

 

会社:マンダム

 

成分:サリチル酸、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸

 

値段:368円

 

使用法:1日2回洗顔時に使用する

 

 

サリチル酸やグリチルリチン酸を配合しており、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールもあり、洗顔料ですが薬と変わらない効果が得られます。※女性も使用することができます。

 

 

もし白い膿がある場合にはクレアラシルやギャツビー洗顔料を使うようにしてみてください。基本的に早いと2日間、遅くとも1週間使い続けることによって、白い膿も治ってしまいます。

 

 

ニキビの白い膿の正しい出し方

 

 

白い膿は薬で治す方法だけでなく、潰して出す方法もあります。膿を出すことによって早く治りますが、出し方を間違えてしまうとニキビ跡になる可能性もあるので要注意です。

 

 

白い膿は面皰圧子という道具を使って出していきます。

 

 

 

 

 

面皰圧子は百貨店などで300円ほどで売られております。丸い方は鼻の角栓などを出すときに使います。三角の方は膿を出すときに用いていきます。

 

 

では面皰圧子を使った正しいニキビの白い膿の出し方についてお伝えします。

 

 

 

①膿を出すべき状態のニキビ

 

 

膿を出すニキビは白ニキビや黒ニキビなどで、特に写真のように膿が飛び出て、とれそうな状態なことを言います。鼻の角栓のような、まだニキビとなっておらず皮脂の状態のものはむやみに出すのは控えましょう。

 

 

 

 

触ってもとれそうですが、決して触らないようにしてください。

 

 

②お風呂にまず入ろう

 

 

そして準備としてお風呂に入るようにしましょう。お湯で肌をふやかすことによって、ニキビの膿がふにゃふにゃになって出やすくなります。

 

 

③洗顔

 

 

入浴が完了したら、洗顔して肌を清潔な状態にしましょう。できれば洗顔料は上記で述べたピーリング作用のあるものを使うと膿を覆う膜が薄くなり、出しやすくなります。
そして面皰圧子や手もしっかりと洗っておきましょう。

 

 

④面皰圧子で膿を出す

 

 

そして最初は面皰圧子の三角の方で膿を出していきます。お風呂に入った後なので、軽く肌にあてるだけでニュルッと出ていくと思います。

 

 

⑤毛穴のケア

 

 

また膿を出すと、が出るので軽く水洗いするようにします。そして膿を出した後は毛穴がぽっかりと穴が状態ですので手で触ると雑菌が入りやすくなっているので注意です。

 

 

膿を出した後はできればアルコール消毒をしていきましょう。エタノールを含んだニキビ用の化粧水であるオードムーゲを使っても構いません。

 

 

会社:六陽製薬株式会社

 

効果:ニキビ跡、赤ら顔

 

価格:160mlで1047円

 

有効成分:グリチルリチン酸カリウム、エタノール

 

 

オードムーゲ化粧水は抗炎症作用があるためニキビにも効きますのでおすすめです。そして2~3日すれば膿を出したところも目立たなくなっていきます。

 

 

以上のようにニキビの膿ができた場合には対策していきます。

 

 

決してやってはいけないことに手で膿を触ったり、摘まんでとろうとすることです。雑菌が入りニキビ跡を引き起こす可能性があります。

 

 

正しい方法で膿を出せば問題ないですが、もし安全を期したいのであれば、薬によってニキビの膿は対策していきましょう。

 

 

また膿が出るニキビは基本的に生活習慣が原因となって起こります。ニキビの膿を治しても食生活や睡眠がしっかりと行われなければまた再発してしまいます。

 

 

ということでニキビの白い膿に効く市販の薬と出し方についてでした。

スキンケアだけでニキビが!?





⇒ニキビを治した私の方法について【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ